世界の海からこんにちは


現地からの最新情報
コスタリカ・ココ島
2017.12/26-01/05 ココ島 オケアノス・アグレッサー 
2018.01.10

5d2373

オケアノス・アグレッサー号 トリップレポート
December 26, 2017-January 5, 2018

(Photos by Mauricio Marin)

水温:25-26℃
気温:26-27℃
透明度:15-20m
ウエットスーツ:3mmまたは5mm

今週のトリップは午後2時ごろにプンタレナス港を出港してココ島に向けて出発。ココ島までの移動は快適でした。コスタリカも季節の移行期に差し掛かっっており、海況状況は安定しておりいつも穏やかな状況が続いております。

チェックダイブはチャータムベイからスタート。このダイブサイトではたくさんの魚、ネムリブカを見ることができます。続けて2本目、3本目はマヌエリータ。ここではハンマーヘッドシャークを見る可能性が非常に高く、島沿いをゆっくり泳ぎ、そしてクリーニングステーションでは少なくとも40匹以上のハンマーヘッドシャークを見ることができました。

翌日はお客様にとってベストなダイブサイトを選択。プンタ・マリアではガラパゴスシャークを観察。ここではサメ達のためのクリーニングステーションがあり、バーバーフィッシュによっていつも気持ちよさそうにクリーニングされております。

ダーティーロックはハンマーヘッドシャークの群れを見るチャンスが大!ダイビングの前半は根待ちでハンマーヘッドシャークを待ちますが、ダイビングの後半はブルーウォーターに移動。その時にまるで雲のような群れに出会うことがあります。

ドス・アミーゴでは15匹のガラパゴスシャーク、ハンマーヘッド、そしてたくさんのカスミアジの群れを目撃。

サブマージド・ロックの有名はアーチの中は数えくれないほどの魚でたくさん!アーチを通り抜ける前に3匹のマダラトビエイも見ることができました。

今週のトリップの天候は晴れ日と雨の日が半分ずつ。ココ島には多数の滝がありますが、虹がかかると非常に美しく、日没の時間帯は綺麗な色に変色します。もちろん、お客様は大喜びでした。










Okeanos Aggressor Team


記事一覧を見る→

執筆者
オンディッツ・カルパルソロ

コスタリカ・ココ島
キャプテンズ/オケアノスアグレッサー
メニュー
現地からの最新情報
執筆者の紹介
ダイビングツアーのご紹介
主宰者について
お問い合わせ・ご相談
・・・・・・・・



(C)CLUB AZUL