世界の海からこんにちは


現地からの最新情報
モルディブ・クラブアズール
2018/05/05-05/11 マーレ・アリ・ヴァーヴルート
2018.05.30

5/6〜11 今シーズン最後のトリップに日本からのお客様をお迎えして行ってきました。

5/11の下船時にはクルーの感激もひとしおでした。 今回のトリップは南北マーレ、ラスドゥ、南北アリ、ヴァーヴ環礁を回るルートでした。

初日のチェックダイブはフィッシュタンクにて。ここの魚影はいつ来ても濃い!
2本目はソフトコーラルのきれいなナシーモ ティラにて。大きなナポレオン、モルジブスポンジスネイル、ミナミハコフグの幼魚、ウミガメもさることながら、やはり一番の見モノは美しすぎるソフトコーラル。たっぷり癒されました。
3本目はランカン リーフにて。ウミウシがかわい過ぎました!

2日目の1本目はラスドゥ・マディバルへ。アジの巨大な群れに加えてオグロメジロザメとネムリブカがわんさかしてたと思えば、ナポレオン2匹にマダラトビエイ3枚、そして念願のマンタまで3枚も出て来てくれて、最高のダイビングになりました。1回のダイビングでこんなに見れていいんでしょうかと言うくらい、次から次にスターが登場する忙しいダイビングでした。
このダイビングの後、うれしいことがもう一つあったのです。ボート上から湾内を眺めていると何とマンタが10枚も見えるのです!!マンタは一列になってスノーケリングで飛び込む私たちを水中で待っててくれました!
マンタとのスノーケルの後は2本目はカンティラ、3本目はフィッシュヘッドでダイビングしました。
4本目はフェスドゥ ゴニでマンタナイトDV。プランクトンを求めてやってきた3枚のマンタがずっと近くに居てくれて、ばっちり観察できました。

3日目はジンベイデー!スノーケルでめでたくジンベイに遭遇しましたが、ダイビングはマアミギリ近辺のサンアイランド アウトとラクス アウトで1本ずつジンベエザメサーチするも見つけることが出来ませんでした。でもでも、トラフザメ2匹とスティングレイに遭遇できました!ダイビングの後はビーチでの美味しいBBQディナー。

4日目はヴァーヴ環礁へ移動してダイビング。1本目はフォッテヨです。ここは明るい黄色のソフトコーラルが素晴らしいんです。残念ながら潮の流れが外向きでオグロメジロザメは1、2匹程度しか見れませんでした。それでも、アジ系、マグロ系は群れていて、マダラトビエイも1枚通り過ぎて行くのが見えました。
この日の2本目はフシカンドゥ。バラクーダやサメの幼魚がたくさん観察できました。赤ちゃん可愛い過ぎ!水深25mでは5、6匹のネムリブカ、20メートルではバラクーダの赤ちゃんの群れに続いて40匹超のオグロメジロザメが登場!
3本目はミヤル カンドゥでのダイビング、4本目はアリマタ ジェッティでのナイトDVでした。20匹を超えるちょっと太っちょのナースシャークが来るわ来るわ。それにスティングレイとロウニンアジが加わって、相変わらずのぐちゃぐちゃ振りに皆さん大興奮でした。

最終日は2本ともカンドゥマ・ティラでダイビング。 水深30mで20枚超のマダラトビエイの群れが登場!直後に15匹のオグロメジロザメの親子の群れが私達に会いに来てくれました。2本目では1本目とは逆向きの強いカレントに変わっていました。オグロメジロザメとネムリブカの群れを初め、大きなイーグルレイのカップルまで見れました。
最後の締めは、ちょっとフィンキックが大変でしたが、それでも大物三昧のエキサイティングなダイブとなりました。

トリップ中、モルジブは雨季に入りましたが、それでも大きく天気が崩れることはありませんでした。水温は27-30℃で3mmのウェットスーツで大丈夫でした。 数あるダイブクルーズの中からFUN AZUL号を選んでいただきありがとうございました。8月から始まる次のシーズンでまたお会いしましょう。
























記事一覧を見る→

執筆者
アイマン

モルディブ・ダイブサファリ
ダイビングインストラクター
メニュー
現地からの最新情報
執筆者の紹介
ダイビングツアーのご紹介
主宰者について
お問い合わせ・ご相談
・・・・・・・・



(C)CLUB AZUL