世界の海からこんにちは


現地からの最新情報
ニューカレドニア・ヌメア
セシュクロワッサン
2018.07.11


今の時期、ロクセンフエダイの群れやオオメカマス、フエダイ系の群れが
多数生息しており、そちらに目がいきがちです。
群れが生息する場所から少し離れた位置に色とりどりのサンゴが
水深1mから8mにかけて広がっている箇所があります。
そのサンゴを住処とするアオバスズメダイ、テングカワハギ、
オビキュラーダムゼルなど多数の生物が出迎えてくれます。
サンゴの群生を通るダイバーが少ないためか生き生きとした姿を
見ることができます。
今日はべた凪だったので、水面ぎりぎりまで行って楽しんできました。

天候: 晴れ
風: 北西,3kt/h
月齢: 23.2(小潮)
波高: 0.0m
気温: 22℃
水温: 21℃
透明度: 20m
流れ: 0.01kt/h
干潮: 09h14 0.50m / 21h18 0.70m
満潮: 02h18 1.31m / 15h28 1.18m






記事一覧を見る→

執筆者
益田 智史

ニューカレドニア・ヌメア
CMASインストラクター兼ALIZEマネジャー
メニュー
現地からの最新情報
執筆者の紹介
ダイビングツアーのご紹介
主宰者について
お問い合わせ・ご相談
・・・・・・・・



(C)CLUB AZUL