世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
モルディブ・クラブアズール
 
2018/04/18   2018/04/14-04/20 マーレ・アリ・ヴァーヴルート NO.4

この日潜ったポイント

<1> Kudarah Thila     ( South Ari )
<2> Maamigili Out     ( South Ari )
<3> Alimathaa Jetty     ( Vaavu )


<1> Kudarah Thila     ( South Ari )
透明度:30 - 40 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:中
ヨスジフエダイの群れ、ヒメフエダイの群れ、イソマグロ、
ロウニンアジ、カスミアジ、クマザサハナムロの群れ、
イエローバックフュージュラーの群れ、
イエローバンデッドフュージュラーの群れ、
モルディブアネモネフィッシュ、モルディブスポンジスネイル、

<2> Maamigili Out     ( South Ari )
透明度:10 - 15 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱

<3> Alimathaa Jetty     ( Vaavu )
透明度:10 - 30 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
ロウニンアジ、カスミアジ、
オオテンジクザメ(*トーニーナースシャーク)
オグロオトメエイ、
ハナミノカサゴ、コクテンフグ、


************************
アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

神出鬼没のけんごです。

この日は南アリ環礁の最南端マーミギリエリアでジンベエザメサーチの日でした。

この日の天候はなんと雨。
夜中から雷鳴が轟き、スコールも降っておりました。

朝になってもなかなか天候は回復せず。。。(泣)

潮当たりが良い場所ではイエローバックフュージュラーがぐっちゃり!
さらにイエローバックフュージュラー同様にイエローバンデッドフュージュラーもぐっちゃり。ちなみにイエローバックフュージュラーは背中に黄色の線が1本、イエローバンデッドフュージュラーは背中に黄色の線が2本あるのが特徴です。

そして時折極太サイズのイソマグロが往来。

ダイビング後半は流れが少し強くなってきたので、泳ぐことが少し大変でしたが、カスミアジ、ロウニンアジが登場し、ヨスジフエダイなどもダイバーの近くまで寄ってきてくれました。

ジンベエザメは太陽がなかなか出現せず、困難な状態。
おいらたちのボート以外も同様に苦戦をしていおりました。
お互いボートがすれ違うたびにお手上げサイン!!?!?

気を新たにして2本目はジンベエザメサーチ。
水中もうねりの影響があり、透明度も若干悪い。

残念ながらジンベエザメを発見に至らず。

お客様と相談した結果、ジンベエザメに見切りをつけ次の環礁に移動することに決定。


3本目はヴァーブ環礁まで移動をしてアリマタジェティーでナイトダイブ。

この日も予想を裏切ることなく、
大きなオオテンジクザメ、オグロオトメエイが次から次へと登場。
そしてカスミアジやロウニンアジも同様に光に寄って来ました。

そして見上げるとおいら達の頭上にはオオテンジクザメがまるで川のように流れおりましたよ!!さすがにこの光景には一同大興奮!!

ここのナイトダイビングは数多くのサファリボートが集中する時がありますが、この日この時間はおいら達の独占状態!!!

いやーーーー本当に信じられないくらいにやばかった!!

















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪

天候: 雨 のち くもり
気温: 27-31℃
水温: 28-29℃
透明度:20-50m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、アイマン、イヴォンヌ、マウ、しんご、しずこ
 
 




  アイマン
モルディブ・ダイブサファリ






FUN AZUL号・モルディブダイブクルーズ


«  2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

 ○過去の情報
  2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。