世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
モルディブ・クラブアズール
 
2018/04/07   2018/04/7-4/14 モルディブ マーレ・アリ・ヴァーヴルート

ハッピー ソンクラン!

タイと日本からのお客様をお迎えして、タイの旧正月をお祝いすべく、北マーレ、南マーレ、ヴァーヴ、南アリ、北アリ、ラスドゥ環礁を網羅するトリップに行ってきました。

初日はフィッシュタンクでのチェックダイブからスティングレイ、チョウチョウウオ、大きなのウツボやヒメダイの幼魚を観察できました。
2本目はラスドゥ環礁に移動してラスドゥマディバルでは大物狙い。
エントリーすると、ちょうどいい流れ。
オグロメジロザメ、キハダマグロ、イソマグロ、ネムリブカ、イーグルレイにアジの群れもやって来て大興奮!
2日目は早朝からラスドゥ マディバルでハンマー狙い。一匹狼のハンマーちゃんに無事に出会うことが出来ました。
2本目はカン ティラ。 ナポレオンに約15匹のオグロメジロザメとネムリブカを堪能。
3本目はフィッシュ ヘッドにて。少し強めのカレントでしたがウミガメ2匹、色鮮やかなスナッパーやチョウチョウウオの群れで癒されるダイビング。
夜はフェスドゥ ゴニにてマンタナイトダイブ。
3枚のマンタが間近まで遊びに来てくれました。あまりに近すぎて、マンタにペシッとはたかれる場面も!
3日目はフェスドゥ レックからスタート。クダゴンベをはじめ、シュリンプ、タコやウミウシなどをじっくり観察。
2本目はムーフシ マンタポイント。ここは水中が混んでるんです。
今回もやっぱり海底に寝そべるネムリブカにヒメダイやスナッパーで大混雑。クリーニングステーション付近では6枚のマンタと4枚のベイビーイーグルレイが居ました。
3本目はカラハルハディへ。色鮮やかなサンゴを堪能できました。
4日目はジンベイサーチ。南アリ環礁のマアミギリ近辺で合計3本のダイビング。ジンベイサーチは外れてしまいましたが、スティングレイやネムリブカは常に海底付近に居るのが見えました。
5日目はヴァーヴ環礁へ移動。 早朝 フォッテヨでハンマーヘッドを狙いましたが、ふられてしまったのでブルーウォーターダイビングとなりました。2本目もフォッテヨでしたが、このときは狩猟モードのオグロメジロザメやマグロやアジの大物が見られました。オーバーハングではきれいな黄色のソフトコーラルも。 
3本目はミヤル カンドゥ。流れが無かったせいかサメも10匹以下しか居らず。 アジやマグロの群れとウミガメやシャコを楽しみました。夜はハズレ無しのアリマタ ジェッティで4本目。 天候の影響かいつもよりダイビングボートは少なめでした。約20匹のオオテンジクザメに5枚のスティングレイ、そしてロウニンアジがぐっちゃり。気が付けばハグできそうなくらい接近しますが、平常心を保ちましょうね! 
6日目、最終日はカンドゥーマ ティラで2本。1本目は外向きの小さなカレントの中で10枚のイーグルレイに遭遇。その後、30-40匹の親子サメの群れにも出遭えました。かわいい!
2本目はカレントの向きが内向きに変わっていました。すると50匹を超えるオグロメジロザメに遭遇。続いてネムリブカやアジの群れにも出遭えて、最高の締めくくりとなりました。 数あるダイブクルーズの中からFUN AZUL号を選んでいただきありがとうございました。また、次回は新しいクルーズ船で再会できる日を楽しみにしています! 若干、雨や曇りの日もありましたが、水温は28-30℃と安定していました。3mmのウェットで十分です。











 
 




  アイマン
モルディブ・ダイブサファリ






FUN AZUL号・モルディブダイブクルーズ


«  2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

 ○過去の情報
  2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。