世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
モルディブ・クラブアズール
 
2018/09/15   2018/09/13~09/21 マーレ・アリ・バアルート(フルトリップ) NO.2

この日潜ったポイント


<1> Dhigu Thila     ( Baa )
<2> Dhonfanu Thila     ( Baa )
<3> Dharavandhoo Manta Point    ( Baa )
<4> Kakaa Thila    ( Baa )


<1> Dhigu Thila     ( Baa )
透明度:10 - 20m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱 - 中
マダラトビエイ、
コラーレバタフライフィッシュの群れ、
インディアンバナーフィッシュの群れ、
タイマイ、サザナミトサカハギ、
ホホスジタルミ、アカモンガラ沢山!!

<2> Dhonfanu Thila     ( Baa )
透明度:10 – 20m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
ナンヨウマンタ!(*リーフマンタレイ)
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ロウニンアジ、カスミアジ、
クマザサハマムロの大群、
バリアブルラインドフュージュラーの大群、
モルディブアネモネフィッシュ、
キンギョハナダイ、インディアンフレームバスレット、

スノーケリング with ジンベエザメ!!!

<3> Dharavandhoo Manta Point    ( Baa )
透明度:10 – 20 m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
ナンヨウマンタ!(*リーフマンタレイ)
ヨスジフエダイの群れ、
カスミアジ、ギンガメアジ、
ムスジコショウダイの群れ、
チョウチョウコショウダイ、

<4> Kakaa Thila    ( Baa )
透明度:10 – 20 m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
マダラエイ、ワモンダコ、
モルディブスポンジスネイル、
オトヒメエビ、コガラシエビ、
ヘリゴイシウツボ、ドクウツボ、
寝ているブダイ、寝ているアカモンガラ、


************************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

けんごです。

昨日中に無事にバア環礁までの移動が完了!
睡眠はバッチリで、ダイビング準備も問題なし!!!

まずはディグティラからスタート。
まるで万里の長城のように長細い根が続くダイブサイト。

潜降するといつものようにアカモンガラがお出迎え。
最近はベビーラッシュなのでしょうか??
体色が若干薄く、小さな個体が目立ちます!!!
本当にこのダイブサイトの塩当たりが良い場所はアカモンガラだらけなんですよ!!

そんなこんなでマンタが出勤していなかなぁ??と思いつつ中層を眺めているとなんとマダラトビエイが登場!
おいら達を余所目に優雅に泳ぎ去っていきました。

2本目はドンファヌティラ。
流れが西側から入っていたので、これまた潮当たり良い場所ではクマザサハナムロなどのフュージュラーの仲間、クサヤモロ(ムロアジの仲間)が縦に連なって口をパクパクさせながら群れております。まるでお魚タワー状態!!!それに向かってロウニンアジ、カスミアジが捕食の突撃を繰り返しておりました。ちなみに実際に捕食に成功したシーンを見たことはありませんが。。。

そして根の周辺に戻ってくるとタイミングよく、マンタが登場!
おいら達の目の前を何度か周回してくれました。
次もマンタと思いきやなんとマダラトビエイ。
そして次は再びマンタが登場してくれましたよ!!!

3本目は再びマンタ狙いでダラヴァンドゥ・マンタポイント。
このダイブサイトに向かう途中においら達の前方にドーニーが群がっている集団を発見。
どうやらこの辺りでつい先ほどまでジンベエザメが出現していたらしい。。。。

ななななんですと????

しかしながら時すでに遅い。。。あとのお祭り状態。
ちょっぴり意気消沈しながら、ダイブサイトに向かっていると前方にスノーケリングをしている集団が???
おいら達も馳せ参じて見るとなんとジンベエザメが!!!

少し深場を泳いでいましたが、スノーケリングで見ることができました。

とってもラッキーでしたね♫

3本目のダイビング自体は流れもほとんどなく、のんびり、まったり。マンタのクリーニングステーションに到着するもノーマンタ状態。周辺でマンタを待っていると3匹のマンタがやってきてくれました!!半ば諦めモードが漂っていただけにマンタ様が救世主に見えたよ。。。

4本目はナイトダイブに挑戦。
モルディブにおいてフェスドゥでのナイトマンタやアリマタでのナイトシャークが有名ですが、通常の水中トーチを持って様々な水中生物を探しながら観察するナイトダイブも面白いんですよ!

モルディブの固有種であるモルディブスポンジスネイルが大量発生?昼間でも観察することができますが、夜間になると大変なことに??大げさに聞こえるかもしれませんが、今回は1ダイブで20個体ぐらいみることができましたよ。

ナイトダイブの常連メンバーのエビ、カニ、ヤドカリたち。
今回の香港チームのお客様のライトがとても強力ですぐに身を潜めちゃった。ナイトダイブで明るいことは非常に有難いことなのですが、正直嬉しいような悲しいような。。。。

また、大きなマダラエイや泳いでいるワモンダコを発見したチームもありました。















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: 晴れ
気温: 26-33℃
水温: 28-29℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、れな、アイマン、マウ
 
 




  アイマン
モルディブ・ダイブサファリ






FUN AZUL号・モルディブダイブクルーズ


«  2018年9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

 ○過去の情報
  2018年9月
2018年8月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。