世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
モルディブ・クラブアズール
 
2018/10/08   2018/10/6~10/14 マーレ・アリ・バアルート(フルトリップ) NO.2

この日潜ったポイント


<2> Kandooma Thila     ( South Male )
<2> Kandooma Thila     ( South Male )


<1> Kandooma Thila     ( South Male )
透明度:10 – 20 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
オグロメジロザメ、(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ、(*ホワイトチップリーフシャーク)
マダラトビエイ、ホホスジタルミの群れ、
イソマグロ、ナポレオン、
バリアブルラインドフュージュラーの大群、
クマザサハナムロの大群、

<2> Kandooma Thila     ( South Male )
透明度:10 – 20 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
オグロメジロザメ、(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ、(*ホワイトチップリーフシャーク)
ギンガメアジの群れ、
コラーレバタフライフィッシュの群れ、
ムスジコショウダイの群れ、
キンギョハナダイ、
インディアンフレームバスレット
(*アカネハナゴイのインド洋型)


************************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

けんごです。

この日は南マーレ環礁でダイビングでした。

1本目はカンドゥマティラ。
残念なことに透明度が悪い。
しかしながら、相変わらず魚影の濃さは秀逸!!
中層では魚達がパクパクと嬉しそうに捕食を繰り返す。

潮当たりの良い場所ではオグロメジロザメが登場!!!
流れに必死になっているおいら達を余所目に悠々と泳いでおりましたよ。

そしてお約束のマダラトビエイの登場。
大きな個体が優雅に泳ぎ去ったと思いきや、その後からマダラトビエイの群れが登場!
透明度が悪かったためにおいらは5匹まで目視することができましたが、その奥にさらにいたと思われます。

2本目も同じくカンドゥマティラ。
リベンジと言っても良いのかな???
流れは1本目と比較して少し収まっていたけど、あいかわらずちょっぴり強め。

深場でギンガメアジの群れを確認することができましたが、なかなか寄らせてくれなかったのが残念。
今回はティラ沿いを流れに乗ったドリフトダイブ。
オーバーハングが多数あり、その中にはソフトコーラルがぎっしり!本当にお花畑を彷彿させるくらいカラフルな景色が広がっておりました。

そしてダイビングの終盤ではムスジコショウダイの群れやコラーレバタフライフィッシの群れなどを見ることができました。

この日はダイビングは2本で終了して、南アリ環礁へ移動です。












※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: 晴れ 時々 曇り
気温: 26-33℃
水温: 28-29℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、れな、アイマン、マウ
 
 




  アイマン
モルディブ・ダイブサファリ






FUN AZUL号・モルディブダイブクルーズ


«  2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

 ○過去の情報
  2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。