世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
モルディブ・クラブアズール
 
2019/08/13   2019/08/10~08/16 マーレ・アリ・ヴァーヴルート NO.3

この日潜ったポイント


<1> Kudarah Thila     ( South Ari )
<2> Lux Out     ( South Ari )
<3> Lux Out     ( South Ari )


<3> Kudarah Thila     ( South Ari )
透明度:30 – 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
イエローバックフュージュラーの群れ、
クマザサハナムロの群れ、
ヨスジフエダイの群れ、モルディブアネモネフィッシュ、
イソマグロ、ロウニンアジ、カスミアジ、
ヒメフエダイの群れ、

<2> <3> Lux Out     ( South Ari )
透明度:10 - 20 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
ブラックピラミッドバタフライフィッシュの群れ、
ムレハタタテダイの群れ、
アカモンガラ沢山、ノコギリダイの群れ、
クマノミ、コホシカニダマシ、
マルチバーパイプフィッシュ、
モルディブスポンジスネイル、
パウダーブルーサージョンフィッシュの小群れ、


************************

こんにちは!!
ケイタです。

この日の1本目はクダラティラからスタート。
流れは結構強かったですが、その分タカサゴ系やヨスジフエダイなどがかなり群れていました!!透明度もよくこれぞモルディブという感じのダイビングでした。
カスミアジやロウニンアジといったハンター達もたくさんいました。
そして下をみるとオグロメジロザメが数匹いました。じっと待っているとかなり近くまできてくれます!!
このポイントはかなり大きなウミウチワがたくさんあります。そこにもヨスジフエダイが群れているので、いい写真がたくさん撮れるポイントになってます。
ダイビング終盤にはこの根の東側の12mくらいのところには、たくさんのモルディブアネモネフィッシュ(インド洋の固有種)がいます。
最初から最後まで見どころ満載のポイントです。


本日の2本目、3本目は南アリ環礁の最南端に位置している島でダイビングしました。
ここではジンベエザメがよくでるポイントなので、ジンベエ狙いでドーニの上からサーチをしましたが、サーチしている早々に視界が見えなくなるほどの突風雨が発生。これまた作戦を変更して船の上からのサーチをやめてダイビングしながら探すこにしました。

3本目も船の上からサーチをしたのですが、見つけれなかったのでダイビングでサーチしましたが残念ながら本日はジンベエザメにであうことができませんでした。
ですが、ホワイトチップやナポレオン、ブラックピラミッドバタフライフィッシュ、エバンスアンティアスなどなど魚の種類と数はかなりいます。
浅場ではパウダーブルーサージョンフィッシュが多数の集団で泳いでおり、これまもしかして?魚図鑑で見たことがあるパウダー玉??を期待したのですが、もう少しで密集して泳いでくれなかったのがちょっと残念でした。















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: 大雨 のち 曇り
気温: 26-31℃
水温: 28-29℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm または 5mm

報告者:けんご、けいた、シファズ、ボウイ、
 
 




  森本 健吾
モルディブ・ダイブサファリ






FUN AZUL号・モルディブダイブクルーズ


«  2019年8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 ○過去の情報
  2019年8月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。