世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
クチコミとダイビング自慢
 
2017/11/27   行ってきました、南アフリカ〜サーディンラン〜 No.2

翌朝、まずダイビング器材のレンタルとセッティング。
一応ボートには積込みますが、
よほどの事がないと使用チャンスは無いようです。
機材背負っている時間もないし、背負ったら動きにくい。
今回のツアーの間も使うチャンスは全くありませんでした。
お土産に?キャップを貰いましたが、これが非常に良い感じ。

海岸まで車で移動して、ゾディアックに乗込みます。
ワイルドな感じがしますが、湾を出ると波も無く快適に飛ばして行きます。






ボートには落ちない様に足を引っ掛けるバンドも有りますが、
水面は穏やかで波も無いので、慣れてくるとうたた寝とかもできます。
(もちろん落ちない様に要注意)


海上へでると鰯の群れ(と言うより直接、イルカやクジラを)探します。
各ボートで連絡を取り合い、また、空からもライトプレーンで捜索します。
この、ライトプレーンには希望すれば乗ることができます。
(但し、その日の海はお預けとなります)

ほどなく、水鳥の群れ、鰯の群れ、イルカの群れ、親子クジラを見つけて、
徐々に近づいていき、アタック。
イルカやクジラに嫌われないよう近づきます。
後は、これの繰り返し。


水鳥の群れが沸き立つ水面に次々にアタック。早い。

 
 




  行ってきました!(皆さんのページ)
世界中のダイビングできる場所






特になし

«  2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

 ○過去の情報
  2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。