世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
タイ・プーケット
 
2017/12/27   12/27 シミラン&スリン・リチェリューダイブクルーズ サウスサイアム3号

この日潜ったポイント

<1> Koh Bon West Ridge
<2> Koh Bon West Ridge
<3> Koh Tachai Pinnacle
<4> Koh Tachai West Bay (*ナイトダイブ)


<1> Koh Bon West Ridge
透明度:10−20m、 風:中、 流れ弱
アカマダラハタ、キンセンフエダイの群れ、
イソマグロ、モルディブスポンジスネイル、
イエローバックフュージュラーの群れ、
カスミアジの群れ、

<2> Koh Bon West Ridge
透明度:20−30m、 風:弱、 流れ:弱
モヨウフグ、インディアンバナーフィッシュ、
スカンクアネモネフィッシュ(*セジロクマノミのインド洋型)
ブラックフィンバラクーダの群れ、
ハタタテハゼ、オビテンスモドキの幼魚、
ハナミノカサゴ、

<3> Koh Tachai Pinnacle
透明度:20−30m、 風:弱、 流れ:弱
カスミアジ、ギンガメアジ、ロウニンアジ、
イエローダッシュフュージュラーの群れ、
イエローバックフュージュラーの群れ、
クマザサハナムロの群れ、
ツバメウオ、ワヌケヤッコ、

<4> Koh Tachai West Bay (*ナイトダイブ)
透明度:10−20m、 風:ナシ、 流れ:ナシ
オトヒメエビ、コモンヤドカリ、
オオアカヒヅメガニ、コマチコシオリエビ、
寝ているブダイ、コクテンフグ、
キミオコゼ、ピックハンドルバラクーダ、

************************

サワディーカップ!!!


お久しぶりです。
お元気ですか?

今シーズンおいらに取って初めてのシミランクルーズになります。
毎年この瞬間は緊張しますね。。。

1本目はコボンからスタート!!!
すでにそこまベストシーズンを彷彿させるような透明度!!
この状態でマンタ様が登場してくれると最高なんですけど、今回は残念ながら現れず。

リッジ付近ではタカサゴの類が幾度となく往来を繰り返しておりました。

2本目は同じコボン。リーフ側でダイビング。
今年もモルディブスポンジスネイルは健在。シミラン諸島近郊ではあまり見かけることがありませんが、なぜかこのコボンでは見かけることが多いです。
そして今回はとても綺麗なウミウシの卵を数カ所で確認することができました。

最後にブラックフィンバラクーダの群れが登場!!
ラッキーでしたね・・・・・

3本目は移動をしてタチャイ。
流れが強くもなく、弱くもなくよい塩梅。
しかしながらグリーンモンスターこと冷たくて汚い水塊であるサーモクラインが根を覆っていたのが残念。そんな状況にもかかわらず、カスミアジ、ロウニンアジがいっぱいでしたよ!!!!

4本目はナイトダイブに挑戦。
潜降すると1匹の大きなピックハンドルバラクーダを発見。
なんとこのバラクーダが終始おいら達にロックオン状態。おいら達が魚を照らすと瞬時にアタック!!!!!
とても迫力あるシーンが繰り広げられていましたよ。















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
コップンカップ♪ 

天候: 晴れ のち くもり
気温: 26-33℃
水温: 27-28℃
透明度:20-30m(※サーモクラインの影響有り)
ウエットスーツ:3mm または 5mm

報告者:けんご
 
 




  森本 健吾
タイ・プーケット






小物から大物までダイナミックなダイビング シミランダイブクルーズ


«  2017年12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

 ○過去の情報
  2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。