世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
コスタリカ・ココ島
 
2017/05/28   2017.5/12-5/18 ココ島 オケアノス・アグレッサー



オケアノス・アグレッサー号 トリップレポート
Okeanos Aggressor Trip Report
May 12 to 18 - 2017
(Photos by Alberto Muñoz)


水温:24-25℃
気温:26-27℃
透明度:15-20m
ウエットスーツ:3mmまたは5mm


今週のトリップはカーニョ島での今年最後のトリップです。
カーニョ島までの移動は少し船が揺れました。天候もベストの状態ではありませんでしたが、島に到着後天候は徐々に回復していきました。
今週のトリップはアメリカ合衆国からお越しのお客様でしたが、数名のお客様はすでにリピーターでこのボートに乗船経験があり、お客様はこのトリップ終了後に、姉妹船でもあるオケアノス・アグレッサー2号でグアナカステ方面のツアーに参加する予定です。

1日目、エル・アンカラとバルコ・フンディードでダイビング。両ダイブサイトとも沢山の水中生物で溢れていました。ネムリブカ、エイ、フエダイ、イサキ、オレンジ色のパシフィックシーホースを見ることができました。2本のダイビングともにとても簡単にもかかわらず、大満足のダイビングでした。

翌日はバホ・デ・ディアブロでダイビング。エントリーをするやいなや大きなオニイトマキエイ(*ジャイアントマンタ)がやってきました。この日は合計で5匹のマンタが登場し、ずっと私たちの周囲を泳いでくれました。このマンタを観察するためのベストな方法は深場に移動する必要はまったくありません。浅場で待機をしているとマンタから私の方へやってきたり、私たちの頭上を泳ぎ去っていきます。マンタはとても大きな生物にもかかわらず、とても大人しい性格です。

このダイブサイトでは何度もダイビングをしましたが、決して飽きることはありません。時々深場に移動して岩沿いを泳ぎましたが、そこではヒメイトマキエイ(*モブラ)の群れを見ることができました。私たちの頭上を泳ぎ去り、一時期周囲が暗くなる時がありますが、それは大きな群れを形成しているかもしれません。理由はわかりませんが、いつもその群れは透明度が悪い場所へ移動してしまいます。今週のトリップはサーモクライン(*寒冷層)の影響により本当に冷たく、透明度があまり良くなかった。そしてモブラはいつもこのサーモクラインの中に消えていきました。

沈船やエル・ファロではアオウミガメ、そしてフリソデエビを発見。岩の中に隠れずに外で待機していたので、お客様は写真撮影を簡単に撮影することができました。

今週のトリップではコスタリカの熱帯雨林でもあるコルコバード国立公園でのツアーも含まれております。そして私たちはこのコルコバード国立公園の自然に精通した専門ガイドを雇用しているので問題ありません。
最終日の前日にはサンデッキにおいて寿司パーティーを開催。お客様はシェフの料理、そしてすべてにご満悦の様子でした。

今週のトリップは美しい日没を見ることもできました。ある日はボートの近くでハンドウイルカの群れを発見、そして夜になるとこのイルカは水面付近で捕食さえしていました。

Stay tune for more
Cap. Beto,






 
 




  オンディッツ・カルパルソロ
コスタリカ・ココ島






絶海の孤島!! ココ島ダイブクルーズ


«  2017年5月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

 ○過去の情報
  2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。