世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
コスタリカ・ココ島
 
2018/06/21   2018.06/01-06/11 ココ島 オケアノス・アグレッサー

オケアノス・アグレッサー号 トリップレポート
Captain Mauricio´s Log- Trip: 01-11 June 2018


水温:25-26℃
気温:26-27℃
透明度:15-20m
ウエットスーツ:3mmまたは5mm

今週のお客様は台湾、スイス、ドイツ、アメリカからお越しのオキャk様でした。お客様を港で出迎えた後、午後3時ごろにココ島に向けてプンタレナス港を出港しました。

ココ島までの移動は順調。ココ島に到着次第、チャータムベイに向かっている途中にオケアノス号の近くでジンベエザメを発見。チャータムベイではたくさんのネムリブカを見ることができ、透明度も良好。

2本目、3本目はマヌエリータでダイビング。私のお気に入りでもあるこのマヌエリータではハンマーヘッドシャーク、タイガーシャーク、マダラエイ、そしてココ島とマヌエリータのチャネルではオニイトマキエイ(ジャイアントマンタレイ)も見ることができました。

翌日はダーティーロックでダイビング。ギンガメアジの巨大な群れ。たぶん3000匹以上はいたのではないでしょうか?何度も私たちの前を覆い尽くすように群れてくれました。まるで“アジ雲”というのでしょうか?私はダイビングを終えたくなかった。

プンタマリアではガラパゴスシャーク、ブラックチップシャークの共演。サメと私たちの距離が非常に近かったので、お客様はとても良い写真やビデオを撮影することができました。

次の日は海況がよくなかったためにアルシヨーネに行くことができなかった。しかし、6日目に海況が回復したので行くことができました。大きいなカンパチ、ネムリブカ、ムレットスナッパーなど。

ココ島の南側にあるドス・アミーゴでのダイビングは素晴らしかった。特にスモール・ドス・アミーゴにあるアーチではたくさんのサメが私たちを出迎えてくれました。

お客様の一人はオケアノス号で100本記念ダイビング。このような素晴らしいココ島で記念ダイブを迎えることができとてもハッピーでした。

今回のツアー中にウェイバーベイにあるレンジャーステーションを見学。滝や川など大自然のスイミングプールでリラックス。
またココ島でお会いできることを楽しみにしております。

Safe diving.
Cap. Mauricio Marin







 
 




  オンディッツ・カルパルソロ
コスタリカ・ココ島






絶海の孤島!! ココ島ダイブクルーズ


«  2018年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

 ○過去の情報
  2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年1月
2017年12月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。