世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
コスタリカ・ココ島
 
2018/10/22   2018.10/12-10/22 ココ島 オケアノス・アグレッサー

オケアノス・アグレッサー号 トリップレポート
October 12 -22, 2018


水温:25-26℃
気温:26-27℃
透明度:15-20m
ウエットスーツ:3mmまたは5mm


今週は午後4時頃に乗船。今週のお客様はウクライナ、ベルギー、スイスからお越しでした。お客様はココ島でのダイビングについて夢と希望でいっぱいです。

1日目。チャータムベイでのチェックダイブからスタート。沢山の魚、ネムリブカが私たちを出迎えてくれました。2本目、3本目はマヌエリータのチャネルとディープサイドでダイビング。このマヌエリータには数カ所のハンマーヘッドシャークのクリーニングステーションが存在します。沢山の魚、サメ、マダラエイがとても近かった。キハダマグロも泳ぎ去って行きました。

2日目はウエィハーベイに移動をし、ダーティーロックとプンタマリアでダイビング。クリーニングステーションではいつもなんらかのサメを目撃することができます。
プンタマリアにあるクリーニングステーションでは3匹のガラパゴスシャークがバーバーフィッシュによってクリーニングされていました。またカスミアジがクレオールフィッシュに捕食を仕掛けていました。
ダーティーロックではハンマーヘッドシャークの群れを見ることが目的です。水深30m付近にあるクリーニングステーションではハンマーヘッドシャークを見ることができましたが、単体ばかりで群れではなかった。約20分後に私たちはブルーウォーターに移動すると、約200匹のハンマーヘッシャークの大群を目撃!距離も近かったために写真も撮影することができました。

ビッグ・ドスアミーゴのアーチはいつも様々な種類の魚達でたくさん!いつもネムリブカが砂地で休憩中、時々マダラエイも登場し大きな笑みをしてくれます。もしマダラエイを下から撮影するととてもユニークな写真に仕上がります。

スモール・ドスアミーゴではガラパゴスシャークをたくさん見ることができました。今回はダイバーとサメとの距離が非常に近く、お客様もじっくり撮影をすることができました。

5日目。チャータムベイにおいて簡単なハイキングを実施。山の頂上から見るチャータムベイ全体、マヌエリータ島、ウジョラ島、そして壮大な太平洋が広がっておりました。

翌日はウェイハーベイにあるレンジャーステーションを訪問。彼らが熱帯雨林に囲まれた小さな村で自然と共存しながら生活している風景を観察することができます。

今回も素晴らしいお客様ととても貴重な旅の思い出を共有することができました。また再びお会いできることを楽しみにしております。



PURA VIDA
Okeanos Aggressor Crew



 
 




  オンディッツ・カルパルソロ
コスタリカ・ココ島






絶海の孤島!! ココ島ダイブクルーズ


«  2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

 ○過去の情報
  2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。