世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
コスタリカ・ココ島
 
2019/02/18   2019/01/31-02/08 ココ島 オケアノス・アグレッサー

オケアノス・アグレッサー号 トリップレポート
31 January – 8 February


水温:26-27℃
気温:26-27℃
透明度:15-20m
ウエットスーツ:3mmまたは5mm


新しい季節が始まろうとしています。今週のトリップは通常トリップより日程が短く8日間の全行程ではダイビングも素晴らしく、天候も良好、夏のコスタリカを満喫することができました。
12月から5月までは私たちは“乾期”と呼んでおり、ココ島を訪れるためにには非常に良い季節と言っても過言ではありません。海はとても穏やか、透明度も一年の中でもベストに近い、そして水温も温かく、サメもたくさん登場してくれます。

今週のトリップは正午ごろにプンタレナス港を出港。ココ島までの横断は海況がとてもよく、穏やか、太陽も照りつけ、ハンドウイルカもオケアノス号の近くでジャンプを繰り返してくれました。

ココ島に到着すれば、マヌエリータのコーラルガーデンでチェックダイブを開始。早速ハンマーヘッドシャークを数匹、そしてタイガーシャークも3匹見ることができました。1匹が成魚個体、2匹が若魚個体だったと思われます。透明度も非常に良く、たくさんの魚に囲まれました。2、3本目はマヌエリータのチャネル、深場でダイビング。そしてたくさんのハンマーヘッドシャークを見ることができました。本当に素晴らしかった!!

2日目の朝はダーティーロックでダイビング。
ダーティーロックはハンマーヘッドシャークを観察するためにはベストダイブサイトの1つです。そして実際にたくさんのハンマーヘッドシャークに出会うことができ、お客様は満面の笑みでしたよ!


3日目はスモール・ドスアミーゴと再びダーティーロックでダイビング。ガラパゴスシャークを数匹、ギンガメアジの群れ、マダラエイなど。 本当に透明度が非常に素晴らしく、一年の中でもベストかもしれません。まるでカリブ海でダイビングをしている感覚になります。

4日目はアルシヨーネとサブマージドロック。
透明度が非常に良く、サメや魚の群れもたくさん。水底ではネムリブカが休息をしており、マダラエイも泳ぎ去っていきました。

5日目はダーティーロック、マヌエリータの深場、そしてマヌエリータ・ガーデンで再びダイビング。オニイトマキエイ、5匹のマダラトビエイ 、ガラパゴスシャーク、ブラックチップシャーク、シルバーチップシャーク、そして大きなキハダマグロも見ることができました。

今週のトリップもとても素晴らしかった。
お客様が事前に見たいと期待してた通りのダイビングだったと思います。本当にこの季節のココ島には是非とも来て欲しいですね!

Pura Vida!
Captain Mauricio.








 
 




  オンディッツ・カルパルソロ
コスタリカ・ココ島






絶海の孤島!! ココ島ダイブクルーズ


«  2019年2月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

 ○過去の情報
  2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。