世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
モルディブ・クラブアズール
 
2017/12/21   2017/12/16-12/23 マーレ・アリ・ヴァーヴルート NO.5

Day5

こんにちは、ミキです。
あっという間に最終日。
5日目のダイビングはこんな感じでした。

潜ったポイント
<1>MIYARU KANDU (VAAVU)
<2>KANDHOOMA THILA (S.ARI)
<3>VILIVARU GILI (S.ARI)

<1>Miyaru Kando (Vaavu)
波:あり 風:あり 流れ:弱 透明度:20-30m

見た魚🐟
オグロメジロザメ
マダラトビエイ
ギンガメアジ 群れ
イソマグロ
ネムリブカ
ムスジコショウダイ
コラーレバタフライフィッシュ
インディアンバナーフィッシュ
カジキ

今日の朝一はミヤルカンドゥへ。
エントリー前にハシナガイルカの群れ。
一瞬でしたが、かわいかった!!
エントリーすると水が綺麗!!
それだけでテンション上がります。
リーフ沿いを泳いでコーナーまで行きます。
たくさんのオグロメジロザメとギンガメアジ。
コンピュータのギリギリまでその場に着底。
次から次にサメがやってきます!!
楽しすぎる!!
根から離れた後も変わらずサメがうようよ。
湧いてくるようにやってきます。
さらにはマダラトビエイが計五枚。
別チームはなんと!!
カジキが見れたみたいです。
うらやましぃーーー!!


<2>Kandooma Thila (S.Ari)
波:あり 風:あり 流れ:中 透明度:20m

見た魚🐟
オグロメジロザメ
イソマグロ
ギンガメアジ
ロウニンアジ
インディアンフレームバスレット
エバンスアンティアス
アオウミガメ

二本目はカンドゥーマティラへ。
流れはミディアムプラス。
ティラからだいぶ離れたところからエントリー。
着底して大物を待ちます。
安定のオグロメジロザメにギンガメアジ。
根の上ではキンギョハナダイとインディアンフレームバスレットの乱舞。
綺麗ですねー!!
安全停止ではアオウミガメが呼吸しに上がってきてくれました。


<3>Vilivaru Gili (S.Male)
波:なし 風:あり 流れ:ほぼ無し 透明度:15m

見た魚🐟
タイマイ
ハナダイギンポ
ピンクヘッドドティーバック
イソギンチャクモエビ
イヤースポットブレニー
カラーブレニー
フタイロカエルウオ
ワモンダコ
モルディブスポンジスネイル
モルディブアネモネフィッシュ


三本目はまったりダイビング。
少ーし濁っていましたが、流れもなくじっくりマクロを楽しむことが出来ました。
流れのあるダイビングが多かったので、久しぶりにまったりしてて癒されましたー!!
ここでもタイマイは一生懸命ご飯を食べていて、私たちのことなんて全く相手にしてません。
じっくり観察出来ました。

夜はメモリアルダイブとお誕生日の方のお祝いをしました。
おめでとうございます🎉🎊






















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 



天候: 晴れ
気温: 28-32℃
水温: 29℃
透明度:15-20m
ウエットスーツ:3mm

報告者:アイマン、イヴォンヌ、マウ、ミキ
 
 




  アイマン
モルディブ・ダイブサファリ






FUN AZUL号・モルディブダイブクルーズ


«  2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

 ○過去の情報
  2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。