世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
モルディブ・クラブアズール
 
2017/11/19   2017/11/18-11/22 マーレ・アリルート NO.3 z

この日潜ったポイント


<1> Sun Island Out     ( South Ari )
<2> Maamigili Out     ( South Ari )
<3> Kudarah Thila     ( South Ari )


<1> Sun Island Out     ( South Ari )
透明度:10 - 20 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
ツマグロ(*ブラックチップリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
ブラックピラミッドバタフライフィッシュの群れ、
イエローバックフュージュラーの大群、
オウギチョウチョウウオ、アデヤッコ、
エヴァンスアンティアス、

ジンベエザメスノーケリング!!!

<2> Maamigili Out     ( South Ari )
透明度:20 - 30 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
ツマグロ(*ブラックチップリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
タイマイ、イソマグロ、ウミヅキチョウチョウウオ、
サザナミトサカハギ、ツムブリ、
パウダーブルーサージョンフィッシュの群れ、

ジンベエザメ!!!

<3> Kudarah Thila     ( South Ari )
透明度:10 - 20 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
マダラトビエイ!! 
ヒメフエダイの群れ、モルディブスポンジスネイル、
ヨスジフエダイの群れ、イソマグロ、
モルディブアネモネフィッシュ、
イエローバックフュージュラーの大群、
クマザサハナムロの大群、


************************
アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

けんごです。


本日は3日目の報告をさせていただきます。
この日の天候も相変わらず快晴!!
絶好のジンベエザメサーチ日和でしたよ。♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

この日はジンベエザメサーチから開始。
1時間ほどドーニーでサーチをしましたが、残念ながらジンベエザメを発見に至らず。ということで、ジンベエザメサーチダイブを実施。

1本目はサンアイランド・アウトからスタート。
中層を眺めれば、イエローバックフュージュラーの群れが何度も通過。水底を眺めれば、ネムリブカがいたる場所で寝ておりましたよ。

リーフに目をやると、日本ではあまり見かけることが少ないオウギチョウチョウウオをかなりの回数みかけることができました。今年はハタタテハゼが豊作??リーフ沿いでは小さな個体を多数目撃することができました。
透明度、流れ、などいつジンベエザメが出てもおかしくない雰囲気を醸し出しておりましたが、ジンベエザメは出現せず。

1本目終了後に他の場所でジンベエザメが出現した様子でしたが、タイミング悪くスノーケリングは出来ずで終了。

朝食後、再びジンベエザメサーチを再開。
約1時間経過したのではないでしょうか?前方に群がるドーニー集団を発見!!!
そして念願のジンベエザメもいてくれました!!!

そして続けてジンベエザメサーチダイブを実施。
30分経過するとおいら達の頭上を行き交うドーニーの数が多い。
もしかしたら近くでジンベエザメが出現しているのかな?と半信半疑で水面付近を注視していると、、、、
なんと水面付近でゆっくり漂っているジンベエザメ!!!!!

必死のパッチ!!
一生懸命、一心不乱に泳ぎましたよ!!!
なんとかジンベエザメと一緒に泳ぐことが出来ました。

3本目はクダラ・ティラ。
ダイビングの序盤は潮流がほとんどなかったのですが、終盤から徐々に潮流が発生し始めてた影響により、中層ではクマザサハナムロやイエローバックフュージュラーが大挙して一斉に押し寄せてきてくれました。

ダイビング最後にはマダラトビエイが登場。

この日はビーチに上陸してBBQディナーでした。
これから食事スタートという瞬間になんとスコールが・・・・

“このタイミングですかーーー!!”


ご参加いただいた皆様!!!
この度は、数あるダイブクルーズの中からFUN AZUL FLEET MALDIVESをお選びいただき、誠にありがとうございました!


またいつかみなさまとご一緒できる日を楽しみに、
クルー 一同みなさまのお帰りを心よりお待ちしております!


















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: 晴れ
気温: 26-33℃
水温: 28-29℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、アイマン、イヴォンヌ、マウ、ミキ
 
 


2017/11/19   2017/11/18-11/22 マーレ・アリルート NO.2 z


この日潜ったポイント

<1> Fish Head     ( North Ari )
<2> Fanka Thila     ( South Ari )
<3> Mahivadhoo Gaa     ( South Ari )


<1> Fish Head     ( North Ari )
透明度:10 - 20 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
バリアブルラインドフュージュラーの大群、
クマザサハナムロの大群、ムレハタタテダイの群れ、
カスミアジ、ロウニンアジ、イソマグロ、
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
ベンガルスナッパーの大群、タイマイ、

<1> Fanka Thila     ( South Ari )
透明度:20 - 30 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
クマザサハナムロ大群、ツムブリの群れ、
ヨスジフエダイの群れ、ヒメフエダイの群れ、
ムレハタタテダイの群れ、デバスズメダイ、アカモンガラ、
ブラックピラミッドバタフライフィッシュの群れ、
インディアンダッシュラス
(フタスジリュウキュウスズメダイのインド洋型)
スプレンディドレオパードラス(*ノドグロベラのそっくり)

<3> Mahivadhoo Gaa     ( South Ari )
透明度:10 - 20 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
ナンヨウマンタ!! (*リーフマンタレイ)
ヒメフエダイの群れ、モルディブスポンジスネイル、
インディアンバナーフィッシュの群れ、
クラカケエビス、イッテンフエダイ
クマノミ、コホシカニダマシ、


************************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

けんごです。


本日は2日目の報告をさせていただきます。
この日の天候も相変わらず快晴!!

1本目はフィッシュ・ヘッドからスタート。
流れが想定していたよりも少し弱め。
オグロメジロザメが深場でうじゃうじゃしておりました。
ダイビング後半には徐々に流れが入りだしたので、ダイバーが写真を撮影しやすい水深までオグロメジロザメも移動してきました。

名物のベンガルスナッパー(*ヨスジフエダイのそっくりさん)はきれいな群れを形成中。その数は本当に半端にない数が群れているんですよ!!!

ダイビングの最後はいつものようにタイマイにご挨拶。
いつものようにダイバーなんてお構い無しに食事に埋没中。

2本目はファンカ・ティラ。
まずは大量のクマザサハナムロが登場!!
そしてハンター軍団のカスミアジも続けて登場!!

その後、ムレハタタテダイ、アカモンガラ、イエローバックなどで根の上はお魚たちでぐっちゃり。

このダイブサイトはソフトコーラルとハードコーラル、そして大きなウミウチワなどの群生が非常に美しいポイント。その上を無数のデバスズメダイ、インディアンダッシュラスが泳いでいる光景はまさに至極の瞬間ですよ!!

3本目はマンタ狙いで、マヒヴァドゥ・ガァ。
流れが少しあった影響でしょうか、クリーニングステーション付近に待機するもマンタ様はなかなか降臨せず。この日はマンタ以外にもモブラの群れが登場してくれました。

マンタがなかなか登場してくれないので、半ば諦め状態で移動を試みようとしたら、なんとマンタ様が降臨!!!

“このタイミングですかーーー!!”

マンタも流れを避けるようにして低空飛行で泳いでメインのクリーニングステーションまで移動。おいら達も流れに逆らいながら必死になってこのマンタに食らいつきながら泳ぎましたよ(笑)
















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: 晴れ
気温: 26-33℃
水温: 28-29℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、アイマン、イヴォンヌ、マウ、ミキ
 
 


2017/11/19   2017/11/18-11/22 マーレ・アリルート NO.1 z

この日潜ったポイント


<1> Lankan Reef     ( North Male )
<2> Nassimo Thila     ( North Male )
<3> Fish Tank     ( North Male )


<1> Lankan Reef     ( North Male )
透明度:20 – 30 m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)、
ムスジコショウダイの群れ,タイマイ、
ナンヨウマンタ!!!(*リーフマンタレイ)

<2> Nassimo Thila     ( North Male )
透明度:20 – 30 m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱 - 中
クマザサハナムロの群れ、
バリアブルラインドフュージュラーの大群、
ツムブリの群れ、ヨスジフエダイの群れ、
ムレハタタテダイの群れ、
ロウニンアジ、カスミアジ、
ナポレオン BIG!!
モルディブスポンジスネイル、

<3> Rasdhoo Madivaru     ( Rasdhoo )
透明度:10 – 30 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱 - 中
ナポレオン、マダラエイ、
ギンガメアジの群れ、
オグロメジロザメ!!(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
ツバメウオ、イソマグロ、
ナンヨウマンタ!! (*リーフマンタレイ)

************************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

けんごです。


今週のトリップの報告をさせていたただきます。
今週は再びベストオブモルディブのルートです。
しかも今回はショートトリップとなっており、3日間でマーレ環礁とアリ環礁を潜り倒し?ます!!!

今回のトリップの天候は良好!!
まるで乾季のような天気の連続。スコールが数回降りましたが、波ナシ、風ナシで問題なく快適にダイビングを行うことができました。

まずはチェックダイブでランカン・リーフからスタート。こちらのダイブサイトは雨季のマンタポイントになります。すでに他のドーニーボートが集結しております。目的はみんな同じなんですよね!!

今回、見事にマンタ様は降臨!!!
常に1−3匹のマンタが入れ替わり立ち替わり登場!!!
マンタのクリーニングステーション付近で大半の時間を費やしましたが、最初から最後までマンタ三昧のダイビングとなりました。
今週のトリップは幸先良好です!!(*´∀`)♪

2本目は北マーレ環礁で留まり、ナッシモ・ティラでダイビング。
このダイブサイトでは流れが少しありちょっぴり大変。流れが2手に分かれていたので、少しだけ流れに逆らって前進。道中には特大のオニカマスに遭遇。口を少し開くたびにするどい歯が見え隠れします。名付けて“クロコダイルバラクーダ??”

潮辺りが良い場所に移動をすると、そこはタカサゴの類の大群!!まるで養殖場の生簀状態。本当に魚だらけでしたよ!!そしてお約束のロウニンアジ、カスミアジ、イソマグロなどのハンター軍団も登場してくれました。

ここでの一番驚きはこれまた特大のナポレオンが登場!!
お客様はこれまで見てきたナポレオンで一番大きかったと驚嘆の声をあげておりましたよ!!

3本目はラスドゥー環礁に移動してラスドゥー・マディヴァルでダイビング。

エントリーするとマダラトビエイがご挨拶。
ブルーウォーターに目を向けて見るとオグロメジロザメが深場でちらほら、ネムリブカも目撃することができました。

最後はいつもののように人懐っこいツバメウオが登場。
安全停止中も、そして浮上を開始してもそのまま水面までついてきそうな感じでしたよ!!

欲を言えば、少し早い時間にエントリーしたかったかも。。。













※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: 晴れ
気温: 26-33℃
水温: 28-29℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、アイマン、イヴォンヌ、マウ、ミキ
 
 


2017/11/10   2017/11/4-11/11 ノーザンエクスプローラー No.6 z




この日潜ったポイント


<1> Kihaa Rock     ( Baa )
<2> Dharavandhoo Thila     ( Baa )
<3> Dhonfanu Thila     ( Baa )


<1> Kihaa Rock     ( Baa )
透明度:10 – 15 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
ツバメウオの群れ、トガリエビス、
ベンガルスナッパーの群れ、
ロクセンフエダイの群れ、
ハダカハオコゼ、カスミアジ、
イエローバックフュージュラーの大群、
クマザサハナムロの大群、

<2> Dharavandhoo Thila     ( Baa )
透明度:10 – 15 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
オーロラパートナーゴビー、
ブラックシュリンプゴビー、
ブラックチンスリーパーゴビー、
ヒメダテハゼ、コトブキテッポウエビ、
ドラキュラシュリンプゴビー、
チンアナゴ、スパゲッティイール、

<3> Dhonfanu Thila     ( Baa )
透明度:10 –15 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
コラーレバタフライフィッシュの群れ、
カスミアジ、ロウニンアジ、イソマグロ、
クマザサハナムロの大群、
ブラックピラミッドバタフライフィッシュの群れ、
ヒトズラハリセンボン、クロハコフグ、
インディアンスモークエンジェルフィッシュ、

************************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

けんごです。

先週に引き続き今週も雨季限定スペシャルルートです。
ノーザンエクスプローラーと銘打ってバア環礁、ラア環礁、シャビヤニ環礁、ヌーヌ環礁、ラヴィヤニ環礁、そしてマーレ環礁を走破します。

今回は先週とは逆ルートでダイビング。
バア環礁にあるダラヴァンドゥ空港でお客様をピックアップ。
そして6つの環礁をダイビングをしながら周回し、最後にマーレに戻ってくるルートでした。

この日はバア環礁でダイビングでした。
ファニファル・ベイでもう一度ぐるぐるマンタが見てみたい!!!
なんとここ数日では100匹?近くも出た日もあったらしい??

1本目はキハー・ロックでダイビング。
クルーズ初日と比較して、透明度が大幅にダウン(T . T)

でもそこは魚影の濃さでカバー!!!
潜降するなり、とんでもない数のイエローバックフュージュラーとクマザサハナムロの数に巻かれましたよ!!大げさに聞こえるかもしれませんが、おいら達の目の前に黄色のカーテンがと突如現れた感じです!!!( ゚д゚)

そしていつものように人懐っこいツバメウオにご挨拶。

今回もいつもの場所にハダカハオコゼがいてくれましたよ!!!

2本目はダラヴァンドゥ・ティラ。
お客様のリスクエストにより、マンタよりもハゼやモルディブ固有種を選択。

根の周囲の片側は砂地に覆われており、20M前後。
ナイトロクスタンクを使用してダイビングを行えば、心ゆくまでハゼを堪能することができます。

まずはチンアナゴとスパゲッティイールがお出迎え。
いつものように体を全面に押し出してニョキニョキダンス♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

そして共生ハゼとご対面!!!
巣穴に引っ込んでしまったとしてもすぐに次の個体へリトライ!!
カラフルなコトブキテッポウエビもばっちり!!

モルディブの魚図鑑に掲載されていないジョーフィッシュやオニハゼの仲間などもいましたよ!!!


3本目はドンファヌ・ティラでダイビング。

浅場ではクマザサハナムロがシャワーのように降り注ぐ!!
そしてカスミアジ、ロウニンアジ、イソマグロも続けて登場!!!

潮当たりが良い場所では”ブラピ”ことブラックピラミッドバタフライフィッシュが綺麗な群れを形成しておりましたよ/(^o^)\

イシガキカエルウオにそっくりさんなカラーブレニーやタテジマヘビギンポのそっくりさんでもあるモルディブトリプルフィンなども観察することができました。

この日のファニファル・ベイのぐるぐるマンタの状況は。。。
レンジャーの報告では5−6匹だったようです。
一体ナンヨウマンタはどこからやってきてどこへ行ってしまったのでしょうか?


ご参加いただいた皆様!!!
この度は、数あるダイブクルーズの中からFUN AZUL FLEET MALDIVESをお選びいただき、誠にありがとうございました!


またいつかみなさまとご一緒できる日を楽しみに、
クルー 一同みなさまのお帰りを心よりお待ちしております!






















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: 晴れ
気温: 26-33℃
水温: 27-28℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、アイマン、イヴォンヌ、マウ、ミキ
 
 


2017/11/09   2017/11/4-11/11 ノーザンエクスプローラー No.5



この日潜ったポイント


<1> Madivaru Kandu     ( Lhaviyani )
<2> Fushifaru Corner     ( Lhaviyani )
<3> Kuredu Express     ( Lhaviyani )
<4> Ship Yard      ( Lhaviyani )

<1> Madivaru Kandu     ( Lhaviyani )
透明度:10 – 20 m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱 - 中
ナポレオン 超BIG!!!
イソマグロ、マダラエイ、
カスミアジ、ギンガメアジの群れ、
シェベロンバラクーダの群れ、
クマザサハナムロの大群、
コラーレバタフライフィッシュの群れ、

<2> Fushifaru Corner     ( Lhaviyani )
透明度:10 – 30 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:中
マダラトビエイ!!!
ナンヨウマンタ!!(*リーフマンタレイ)
ナポレオン、カスミアジの群れ、
ハニーコムモレイ、オニハタタテダイ、
マッコスカーズフラッシャーラス
(*クジャクベラの仲間)

<3> Kuredu Express     ( Lhaviyani )
透明度:10 –20 m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱 - 中
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ナポレオン 超BIG!!
アオウミガメ 超BIG!!!
カスミアジ、ロウニンアジ、イソマグロ、
ダイダイコショウダイ、マダラトビエイ、
イエローバックフュージュラーの大群、
エクスクイジットファイヤーフィッシュ
(*アケボノハゼのインド洋型)

<4> Ship Yard      ( Lhaviyani )
透明度:10 –20 m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
コクテンフグ、ミゾレフグ、
ツバメウオの群れ、オヤビッチャ
タテジマキンチャクの幼魚、
スポッティドバタフライフィッシュ、
モルディブトリプルフィン、カラーブレニー、
スターリードラゴネット
(*ミヤケテグリのインド洋型)

************************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

けんごです。

先週に引き続き今週も雨季限定スペシャルルートです。
ノーザンエクスプローラーと銘打ってバア環礁、ラア環礁、シャビヤニ環礁、ヌーヌ環礁、ラヴィヤニ環礁、そしてマーレ環礁を走破します。

今回は先週とは逆ルートでダイビング。
バア環礁にあるダラヴァンドゥ空港でお客様をピックアップ。
そして6つの環礁をダイビングをしながら周回し、最後にマーレに戻ってくるルートでした。

この日はラヴィヤニ環礁でダイビングでした。
ラヴィヤニ環礁ではチャネルダイビングがメインです。

1本目はマディヴァル・カンドゥ。
流れが予想に反して、チャネルの中から外へと流れるアウトゴーイング・カレント。
少し泳ぐのが大変でしたが、大きなナポレオン、ギンガメアジやバラクーダの群れを見ることができました。

リーフ沿いに戻ってくるとコラーレバタフライフィッシュが綺麗な群れを形成しておりましたよ(*´∀`)♪

2本目はフシファル・コーナー。
当初の予定のダイブサイトが水面から判断するだけで激流みたいな。。。
急遽ダイブサイトを変更して心機一転チャレンジ!!!

流れは強かったですが、潜降と同時にマダラトビエイを発見!!
ちょっぴりビックサイズ!!
さらに奥にもマダラトビエイが。。。。
合計で5匹の群れがこの流れを楽しむように泳いでいました。

このチャネルのリーフ沿いに小さな根があるのですが、この根の上がマンタのクリーニングステーションになっているのかな???幸運にもナンヨウマンタを2匹が降臨!!
流れが強かったので、じっくり観察できなかったのが少し残念。

3本目はクレドゥ・エキスプレスでダイビング。
これまたモルディブオールスターが大集合!!!
オグロメジロザメ、マダラトビエイ、バラクーダ、そしてギンガメアジの群れ!!
クマザサハナムロの大群にはロウニンアジ、カスミアジがアタック!

次から次へとおいら達の目の前を通過していきました。

エクスクイジットファイヤーフィッシュことアケボノハゼのインド洋バージョンも登場!

本当に1本のダイビングでとてもお腹いっぱいになりました♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

本日の4本目はシップヤード。
流れの影響をほとんど気にすることなく、まったりダイビング。

先週同様に沈船の甲板部分にはオヤビッチャの卵がびっしり付着中。
一生懸命ヒレで卵に対して新しい酸素を送ってあげたり、卵を食べようとやってくるベラを退治したりと大変そうでしたよ。

沈船付近をゆっくりと魚を観察しながら周回していると、久しぶりにサザナミヤッコとご対面!!!モルディブではあまり見かけることがないレアキャラのキンチャクダイの仲間だと思われます。

キンチャクダイつながりでタテジマキンチャクダイの幼魚もおりましたよ♪( ´▽`)


























※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: 晴れ
気温: 26-33℃
水温: 27-28℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、アイマン、イヴォンヌ、マウ、ミキ
 
 




  アイマン
モルディブ・ダイブサファリ






FUN AZUL号・モルディブダイブクルーズ


«  2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

 ○過去の情報
  2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年2月
2008年1月
2007年12月
2007年11月
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。