世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
モルディブ・クラブアズール
 
2018/12/06   2018/11/10~11/16 マーレ・アリ・ヴァーヴルート NO.5

この日潜ったポイント


<1> Kandooma Thila     ( South Male )
<2> Kandooma Thila     ( South Male )
<3> Villivaru Gili     ( South Male )


<1> Kandooma Thila     ( South Male )
透明度:20 - 20m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
マダラトビエイ、ギンガメアジの群れ、
ロウニンアジ、カスミアジ、イソマグロ、
バラフエダイ、ナポレオン、
タイマイ、クマザサハナムロの大群、

<2> Kandooma Thila     ( South Male )
透明度:10 - 20m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
マダラトビエイの群れ!!
ギンガメアジの群れ、ヨスジフエダイの群れ、
ロウニンアジ、カスミアジ、イソマグロ、
ナポレオン、ムスジコショウダイの群れ、
コラーレバタフライフィッシュの群れ、

<3> Villivaru Gili     ( South Male )
透明度:10 - 20m、 波:小、 風:弱、 流れ:ナシ
ウミヅキチョチョウウオ、
オウギチョウチョウオ、
モルディブスポンジスネイル、
エヴァンスアンティアス、アカメハゼ、
マダガスカルバタフライフィッシュ、
ワモンダコ、ニシキヤッコの幼魚、
アオギハゼ、モルディブアネモネフィッシュ、

************************

こんにちは!最終日はしんごが担当いたします。

この日は、晴天の空に。
素敵な朝の始まり、終日ダイビング日和でした。

1本目のダイブサイトは、カンドゥマティラ。
潜降するとマダラトビエイの群れがお出迎えしてくれました。
流れがとても強かったため、吐いた泡が流れていくようにマダラトビエイから僕たちもどんどん遠ざかってしまったために、残念ですが数枚しか撮影することができませんでした。

するとお次はギンガメアジの群れが登場。
ちょうど川のように流れていく様子はとても良い被写体になり、岩を掴みながらガイドとしては、ナイスギンガメアジと心の中で叫んじゃいました(笑)

そのまま根の上に移動をし色々な固有種を見ながら流れに乗ったドリフトダイビング。コラーレバタフライフィッシュの群れやムスジコショウダイの群れがいると思わず止まってしまいますよね!

最後は、タイマイとにらめっこしてダイブ終了。

2本目も同じカンドゥマティラへダイビング。
予想通り流れは、1本目よりも穏やかになっていました。

1本目とは大違い!
優雅に泳ぐマダラトビエイ。そしてお客様はそのマダラトビエイと並走しながら沢山写真撮影することができたと大喜び!大当たりでした。

その群れの中には、赤ちゃんサイズのマダラトビエイも!!
とても可愛いかったですよ〜

横から『ゴォォォォーーーー』と音が。
特大サイズのイソマグロがタカサゴの群れに向かってアタック!
そしてその群れの下には、オグロメジロザメが!
このシーンもとても記憶に残りました!!!


3本目は、ビリバル・ギリでダイビング。
普段見逃しがちなモルディブ固有種やインド洋固有種をじっくり紹介。
チョウチョウウオをゆったり見れて、自由に動き回ることが出来るのです!
岩の影ではインディアンバナーフィッシュ、通称『まつげちゃん』がいたり、サドルバックバタフライフィッシュ、通称インドスダレが2匹で連れ添っていたりしました。

浅瀬には、インディアンフレームバスレットやエバンスアンティアスが光に包まれおり、鮮やかなオレンジ色が空に舞い綺麗なんです。

個人的に好きなのが、デバスズメダイとミスジリュウキュウスズメダイ。
サンゴの上に並んで暮らしている光景が、僕は大好きです!!

このモルディブに興味を持って足を運んで下さる沢山の人々に感謝します。
Maldives is paradise.

このトリップ中で
300ダイブを迎えた、Mさん!!
700ダイブを迎えた、Kさん!!!

おめでとうございまーーーーーーーーーーす\(^o^)/

今回のトリップは、昼も夜もマンタの乱舞、サメナイト、魚群からマクロまで\(^o^)/
ご参加いただいた皆様!本当にありがとうございました!!!

























※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: くもり のち 晴れ
気温: 26-29℃
水温: 28-29℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、しんご、マウ、ミール
 
 


2018/12/05   2018/11/10~11/16 マーレ・アリ・ヴァーヴルート NO.4

この日潜ったポイント


<1> Fotteyo     ( Vaavu )
<2> Fotteyo     ( Vaavu )
<3> Miyaru Kandu     ( Vaavu )
<4> Alimathaa Jetty     ( Vaavu )


<1> Fotteyo     ( Vaavu )
透明度:20 - 30m、 波:うねり、 風:弱、 流れ:弱
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
カマスサワラ(*ワフー)
ツバメウオ、サザナミトサカハギ、

<2> Fotteyo     ( Vaavu )
透明度:20 - 30m、 波:うねり、 風:弱、 流れ:弱
トラフザメ(*レオパードシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
ブラックピラミッドバタフライフィッシュの群れ、
コラーレバタフライフィッシュの群れ、
クダゴンベ、マダラタルミ、ホホスジタルミ、
カスミアジ、カッポレ、ツムブリの群れ、
エクスクイジットファイアーフィッシュ(*アケボノハゼのインド洋型)

<3> Miyaru Kandu     ( Vaavu )
透明度:20 - 30m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
マダラトビエイ 、ナポレオン、
ロウニンアジ、カスミアジ、カッポレ、
ギンガメアジの群れ、マルヒラアジの群れ、
ハンマーヘッドシャーク!!!

<4> Alimathaa Jetty     ( Vaavu )
透明度:10 - 20m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱-中
ロウニンアジ、カスミアジ、カッポレ、
オオテンジクザメ(*トーニーナースシャーク)
オグロオトメエイ(*ピンクウィップレイ)
ツマグロ(*ブラックチップリーフシャーク)


************************

アッサーラム アレイクン♪

お久しぶりです。
お元気ですか?

けんごです。

この日はヴァーブ観賞でのダイビング。
なんと朝から雨。空全体を分厚い雲が覆っておりました。風も少々あり、雨季に逆戻りしたような天気でした。

この日の1本目はフォッテヨからスタート。
今シーズン、おいら達にとって初めてのフォッテヨでのダイビング。
お客様からリクエストがあり、ハンマーヘッドがどうしても見てみたい!!!
という訳でブルーウォーターでハンマーヘッドサーチダイブ決定。
透明度はすこぶる良好!!はるか遠くまで見渡すことができました。

潜降するといつものようにサザナミトサカハギがご挨拶。ダイバーが吐く泡に興味津々???
昨年より数が増えてないですか??
そしてツバメウオも登場。最初から最後までおいら達を尾行していましたよ!!(笑)
サメのシルエットを発見!!!
と思いきや、ハンマーヘッドではなく、オグロメジロザメでした。安全停止前にはスポーツフィッシング愛好家が泣いて喜ぶくらいの特大サイズのカマスサワラもみることができました。
結果、残念ながらノーハンマーヘッド(泣)

2本目も同じくフォッテヨ。
今回はブルーフォーターでなく、アウトリーフ沿いをダイビング。
ダイナミックなオーバーハングが多数あり、その中は名物の黄色のソフトコーラルが咲き乱れ!!!
ブリーフィングで紹介したのが、エクスクイジットファイアーフィッシュ。インド洋バージョンのアケボノハゼです。水深20M前後から観察することができます。巣穴に逃げ込んでしまっても、また別の個体にリトライすることができます。最初はおいらも紹介しておりましたが、途中からはおいらが紹介する前にお客様自身で見つけることができました。
そういえば、クダゴンベもたくさんいましたね!!!
ダイビングの終盤にはなんとトラフザメが登場!!!
特徴ある尻尾をクネクネしながら泳ぎ去っていきました。

3本目は少し北上をして、ミヤルカンドゥ。
流れも外洋からチャネル内に流れ込む感じで良い塩梅。
水路に到達するとすでにサメの姿をちらほら。
その中にとびきり大きなサメのシルエットを発見。
さらに距離をつめてじっくり見てみると・・・
これって頭部にトンカチが付いていませんか???
そうです!ハンマーヘッドシャーク登場!
まさかの登場にお客様一同、大興奮でした!!!

その後は、オグロメジロザメ祭り!!
ダイブサイトの名前の由来どおりに(ちなみにディベヒ語でミヤルはサメの意味)たくさんのサメが登場してくれました。

この日の4本目はナイトダイブに挑戦。
最近は人気のダイブサイトとあって多数のサファリボートが集結しておりました。
水中ではオオテンジクザメやオグロオトメエイが登場。本当においら達のギリギリを泳ぎ去っていくのですよ。これまた大きなロウニンアジ、カッポレ、カスミアジも多数観察することができました。お客様も普段と少し異なったナイトダイビングに興奮気味でしたよ!




















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: 雨 のち くもり
気温: 26-29℃
水温: 28-29℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、しんご、マウ、ミール
 
 


2018/12/04   2018/12/01~12/07 マーレ・アリ・ヴァーヴルート NO.3

この日潜ったポイント


<1> Kudarah Thila  ( South Ari )
<2> Maamigili Out  ( South Ari )


<1> Kudarah Thila  ( South Ari )
透明度:20- 30m、 波:弱、 風:弱、 流れ:弱-中
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ヨスジフエダイの群れ、ヒメフエダイの群れ、
イソマグロ、カスミアジ、ロウニンアジ、
イエローバッグフュージュラーの大群、
バリアブルラインドフュージュラーの群れ、
クマザサハナムロの群れ、


<2> Maamigili Out  ( South Ari )
透明度:20 – 30m、 波:ナシ、 風:なし、 流れ:弱

ノージンベエザメ(泣)


************************

こんにちはしんごです。
僕たちは、北アリ環礁から南アリ環礁に移動してきました。

1本目は、クダラティラへ。
南アリ環礁にあるとても有名なダイブポイントです。

いつもヨスジフエダイが大量に群れていてカメラ好きには、超たまらないですよ〜
オーバーハングになっている場所では大きなウミウチワが綺麗で乱立しており、ライトを照らすとアカマツカサの群れがぐっちゃり群れてたりするんですよね!
本当に良い被写体になるので僕からのオススメです。

根の上ではモルディブアネモネフィッシュの大家族。一つのイソギンチャクに多数のクマノミちゃんが共生しています。

よーく見てみるとモルディブトリプルフィンもちらほら。
エントリーからエキジットまで楽しいダイブサイトで僕も大好きなポイントです。

2本目は、マーミギリアウトでダイビング。
僕たちはボートをジンベエザメがいるゾーンへ移動させ、ドーニーからサーチを開始。
胸に期待を膨らませジンベエサーチスタート!

するとイルカの群れが!!
ボートと並行しながら遊んでくれました。

その後、水面から探してもなかなか見つからず、他のボートも同様に苦戦をしており、まだ見つけてない感じ・・・

気分を新たにジンベエザメサーチダイブを行いましたが、こちらも残念ながら不発。

ダイビング終了後に、ジンベエザメが出現したという情報をゲットしたので、その現場に急行しましたが、すぐに深場に移動してしまった様子。

残念なにことにこの日はジンベエザメを見ることが出来ませんでした。

お客様と相談の結果、後ろ髪を引かれる思いでジンベエザメに見切りをつけ、ヴァーヴ環礁に移動することになりました。

ちょっと早めのハッピーアワースタート!!!
お客様は楽しいお酒を飲んでダイビングの話で盛り上がっていました(^_^*)























※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: くもり のち 晴れ
気温: 26-29℃
水温: 28-29℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、しんご、マウ、ミール
 
 


2018/12/03   2018/12/01~12/07 マーレ・アリ・ヴァーヴルート NO.2

この日潜ったポイント


<1> Moofushi Kandu  ( North Ari )
<2> Moofushi Kandu  ( North Ari )
<3> Rangali Madivaru     ( South Ari )


<1> Moofushi Kandu  ( North Ari )
透明度:20- 30m、 波:弱、 風:弱、 流れ:弱-中
ナンヨウマンタ(*リーフマンタレイ)
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
マダラトビエイ 、ヨスジフエダイの群れ、
ヒメフエダイの群れ、ムスジコショウダイの群れ、
イソマグロ、カスミアジ、

<2> Moofushi Kandu  ( North Ari )
透明度:20 – 30 m、 波:弱、 風:弱、 流れ:弱
ナンヨウマンタ(*リーフマンタレイ) 沢山!!

<3> Rangali Madivaru     ( South Ari )
透明度:20 - 30m、 波:弱、 風:弱、 流れ:弱-中
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
ナポレオン、マダラトビエイ 、
クラカケエビス、トガリエビス、アカマツカサ、
インディアンバナーフィッシュの群れ、
エヴァンスアンティアス、タイマイ、
オオメカマスの群れ、


************************

アッサーラム アレイクン♪

お久しぶりです。
お元気ですか?

けんごです。

本日の天気は快晴です!
昨日から引き続き、東から吹く風が若干のこるもののとても心地よいです。この日はムーフシ・カンドゥからスタート。
このダイブポイントにはマンタのクリーニングステーションが存在し、乾季になると高確率でマンタを見ることができます。ちょうどこの時期のモルディブは雨季から乾季へと過渡期となり、コンディションの判断がとても難しくなります。

おいらたちとって今シーズン初めてのムーフシ・カンドゥでのダイビング。
潜降するとまずはマダラトビエイが登場!!
そして少しだけ沖に流して見ると多数のオグロメジロザメを発見!
これは幸先順調ではないですか??

肝心のマンタのクリーニングステーションに到着すると・・・
すでに3匹のマンタが気持ちよさそうにクリーニングされておりましたよ!おいらの心配もあっさり杞憂に終わる。
その後はマンタ祭り!!常に2−3匹のマンタが入れ替わり立ち替わり登場してくれました!よかった!よかった!!

そして2本目も同じダイブサイト、ムーフシ・カンドゥ。
カレントチェックの結果、1本目とは流れが逆方向。
これが吉と出るか、凶とでるか???
マンタのクリーニングステーションに到着するまで期待と不安が入り混ざっておりましたが、そんな感情は一気にスパーーク!!!
なんと次から次へとマンタが出るわ、出るわ。。。
適切な言葉が見つかりませんが、本当にマンタが下から湧いて出てくる感じかな???
おいらもこんな経験はそうそうありません!!!!
おいらの視界の中で瞬間的に最大で10匹のマンタまでかぞえることができました。
きっとそれ以上いたと思われます。
いやーーー久しぶりに興奮しちゃいましたね!

3本目はさらに南下をしてランガリ・マディヴァル。
昨日に引き続き、午後は流れがちょっぴり強め。
この流れを考慮して、アウトリーフではなく、ケーブサイドよりエントリー。流れに身を任せながらのドリフトダイビング。ダイナミックなオーバーハングが続き、このオーバーハングの中はソフトコーラルがとてもカラフル!大きなウミウチワも点在。じっくり地形を堪能しながらダイビングでした。

アウトリーフに到着すると、オグロメジロザメがちらほら。。。
おいらが勝手に“まつげちゃん“と呼んでいるインディアンバナーフィッシュが数カ所で綺麗な群れを形成中!!
それに負けじとエヴァンスアンティアスも様々な場所で群れていたのがとても印象的でした。

















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: くもり のち 晴れ
気温: 26-29℃
水温: 28-29℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、しんご、マウ、ミール
 
 


2018/12/02   2018/12/01~12/07 マーレ・アリ・ヴァーヴルート NO.1

この日潜ったポイント


<1> Maagiri Rock  ( North Male )
<2> Fish Head     ( North Ari )
<2> Fesdhoo Goni     ( North Ari )


<1> Maagiri Rock  ( North Male )
透明度:20- 30m、 波:弱、 風:弱、 流れ:ナシ
クダゴンベ、ヨスジフエダイの群れ、
スパゲッティイール、トラフシャコ、
オーロラパートナーゴビー、
ムレハタタテダイの群れ、タイマイ、
マッコスカーズフラッシャーラス(*クジャクベラの仲間)
スターリードラゴネット(*ミヤケテグリの仲間)

<2> Fish Head     ( North Ari )
透明度:20 – 30 m、 波:弱、 風:弱、 流れ:弱-中
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
ベンガルスナッパーの群れ、タイマイ、
ロウニンアジ、カスミアジ、イソマグロ、
ムレハタタテダイの群れ
ブラックピラミッドバタフライフィッシュの群れ、

<3> Fesdhoo Goni     ( North Ari )
透明度:10 - 15m、 波:弱、 風:弱、 流れ:ナシ
ナンヨウマンタ(*リーフマンタレイ) 4匹!!!
オオテンジクザメ(*トーニーナースシャーク)
コブシメ、

************************

みなさん、こんにちは!!

今週のトリップレポートは、けんごとしんごが担当します。
決して新しい漫才コンビではありませんので、ご注意を。。。

週の天候は雨季と乾季が半分づつ。
雨季のようなスコールが降る日もあれば、乾季のように波、風がほとんどなく、海況が安定していた日もありました。
周囲には大きなビルが1つもない360度の海の世界へレッツゴー!!!


1本目は、チェックダイブでマーギリロックからスタート。
エントリーするといつものように離れ根の周りにヨスジフエダイがびっしり!!!
いつものようにクダゴンベの撮影会が開催されました。

そして砂地には、チンアナゴ、スパゲティイールがダイバーの泡を見上げている姿が何とも言えない可愛いさなんです。

2本目は、北アリ環礁に移動して、フィッシュヘッドへダイビング。
やはり魚影がすごい!カスミアジ、ロウニンアジがもちろん登場!!
下を見ればオグロメジロザメが!!!!

ヨスジフエダイのそっくりさんであるベンガルスナッパーを見極めるお客様。ほんとうに似ているようで少し形状が異なるんでるよね!!!

最後には、根の上でお食事中のタイマイをじっくり観察をして浮上。

3本目は、ナイトマンタでフェスドゥゴニ。
この日のマンタ様は、すぐに僕たちのボートに来てくれたんですよ^^
常に2枚の腹ペコのマンタがぐるぐる旋回中!
お客様も神秘的で興奮したと、ハッピーなご様子でした。















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: くもり のち 晴れ
気温: 26-29℃
水温: 28-29℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、しんご、マウ、ミール
 
 




  アイマン
モルディブ・ダイブサファリ






FUN AZUL号・モルディブダイブクルーズ


«  2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

 ○過去の情報
  2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年2月
2008年1月
2007年12月
2007年11月
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。