世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
モルディブ・クラブアズール
 
2019/08/15   2019/08/10~08/16 マーレ・アリ・ヴァーヴルート NO.5

この日潜ったポイント


<1> Lankan Reef     ( North Male )
<2> Nassimo Thila     ( North Male )
<3> Maagiri Rock     ( North Male )


<1> Lankan Reef     ( North Male )
透明度:30 – 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
オジロエイ、コラーレバタフライフィッシュ、
イエローバックフュージュラーの群れ、
イエローバンディッドフュージュラーの群れ、
ヒメフエダイの群れ、
ムスジコショウダイの群れ、
タイマイ、アオウミガメ、ナポレオン、

<2> Nassimo Thila     ( North Male )
透明度:10 - 20 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
イソマグロ、ロウニンアジ、カスミアジ、
タイマイ、クマザサハナムロの群れ、
バリアブルラインドフュージュラーの群れ、
ムレハタタテダイの群れ、アカモンガラの群れ、
マダラエイ、ツムブリ、ナポレオン、

<3> Maagiri Rock     ( North Male )
透明度:15 - 20m、 波:弱、 風:弱、 流れ:弱
クダゴンベ、ヨスジフエダイの群れ、
スパゲッティイール、チンアナゴ、
トラフシャコ、テンスの幼魚、
ドラキュラシュリンプゴビー、
オーロラパートナーゴビー、
ムレハタタテダイの群れ、


************************

皆さんこんにちは!!
ケイタです。

トリップも早いもので最終日を迎えてしまいました。
天候は本日も晴れて、太陽を拝むことができ、ヴァーヴ環礁から北に上りマーレ環礁まで帰ってきました。


本日1本目はマンタ狙いでランカンリーフでダイビングでした。マンタ狙いにも関わらず残念ながらマンタはクリーニングステーションには来てくれませんでしたが、ウミガメ祭りでした!!
タイマイとアオウミガメの2種類のカメを見ることができました。
タイマイは5匹くらい見ることができました。
そしてエキジットして母船の方に帰っている途中で大量のイルカの群れに遭遇して、ドーニと並行して泳いでくれました。


本日2本目はナッシモティラ。
モルエィブでも数少ないソフトコーラルが綺麗な離れ根でのダイビングでした。
ここの根もオーバーハングになっている場所がたくさんありそこに青色と黄緑色のソフトコーラルがぎっしりと生えていてとても綺麗でした。
潮の当たる場所にはロウニンアジが数十匹も群れていました。

ムスジコショウダイ、ムレハタタテダイ、そしてキンギョハナダイも群れていてマクロからワイドまで楽しめるダイビングでした。


トリップ最後のダイブになってしまいました。
最終ダイブはマーギリロックでダイビング。
このポイントにはクダゴンベを見ることができました。
ここのクダゴンベは一回り大きく大きいガヤの中に3匹おり小さいガヤの中には2匹隠れているので、じっと待っていれば出てきてくれました。
砂地にはチンアナゴやスパゲッティイール、ネジリンボウのそっくりさんのドラキュラシュリンプゴビーなども見ることができました。
根のトップにはモルディブアネモネフィッシュなどもいました。
ダイビング後半にはガレ場にテンスの幼魚がいて可愛かったです。

そして、今回のクルーズで2名の方が記念ダイブを迎えました!!
Kさん&Kさん1000ダイブ
お二人ともなんと4桁!!!!!!
おめでとうございます*(^o^)/*

今回ご参加いただきました皆様!
本当にありがとうございました。

モルディブの素敵な海へまた潜りに来てくださいね\(^o^)/






















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: 晴れ のち 曇り
気温: 26-31℃
水温: 28-29℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm または 5mm

報告者:けんご、けいた、シファズ、ボウイ、
 
 


2019/08/14   2019/08/10~08/16 マーレ・アリ・ヴァーヴルート NO.4

この日潜ったポイント


<1> Five Rocks     ( South Ari )
<2> Devana Kandu     ( Vaavu )
<3> Miyaru Kandu     ( Vaavu )
<4> Alimathaa Jetty     ( Vaavu )


<1> Five Rocks     ( South Ari )
透明度:30 – 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
イエローバックフュージュラーの群れ、
クマザサハナムロの群れ、
ムレハタタテダイの群れ、
ムスジコショウダイの群れ、
イソマグロ、ロウニンアジ、ナポレオン、

<2> Devana Kandu     ( Vaavu )
透明度:10 - 20 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
マダラトビエイの群れ、
イエローバックフュージュラーの群れ、
オオメカマスの群れ、

<3> Miyaru Kandu     ( Vaavu )
透明度:10 - 20 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:中
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
ギンガメアジの群れ、クロヒラアジの群れ、
ロウニンアジ、カスミアジ、イソマグロ、
マダラトビエイ、ナポレオン、

<4> Alimathaa Jetty     ( Vaavu )
透明度:10 - 20m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
ロウニンアジ、カスミアジ、カッポレ、
オオテンジクザメ(*トーニーナースシャーク)
オグロオトメエイ、イスズミ、


************************

皆さんこんにちは。
ケイタです。

トリップも残り2日と終盤を迎える中、
本日は1本目は南アリ環礁で潜り、その後2本目以降は東に移動してヴァーヴ環礁で潜りました。

今日は天候も回復して久しぶりの太陽の光を浴びれました!
太陽の光があるとモルディブの青い海がさらに綺麗に見えて、やっと自分がモルディブにいるんだと実感することができた1日になりました。

本日1本目はファイブロックからスタートしました。名前の通りこのポイントには大きい根が五つあります。
ここのポイントはオーバーハングになっている場所がたくさんあり、そこに大きいウミウチワがたくさんついていてライトで照らすと、とても綺麗です。
ソフトコーラルもたくさんあり、根のトップにはキンギョハナダイがたくさん群れていて色合いがすごい綺麗でした。
深場を覗くとネムリブカやオグロメジロザメなども見ることができました。


本日2本目は南アリi環礁から移動してヴアーブ環礁にやって来ました。今回の環礁越えはあまり揺れずに移動できました。
今回のディヴァナカンドゥでダイビング。
天候は回復したので、あとは流れだけが問題だったのですが、チャネル内は流れがあまりなかったです。
もう少し外から中の流れがあれば良かったですが、それでもチャネルのエッジ部分にはオグロメジロザメはたくさんいました。
そしてそして通りすがりのマンタも見ることができました。2回通りすぎていってくれました。
その他にもマダラトビエイやロウニンアジ、カスミアジなどもエッジ部分にはたくさんいました。
ガレ場の地面を見るとハタタテハゼやアケボノハゼのインド洋バージョンであるエクスクイジットファイヤーフィッシュなども見ることができました。インド洋バージョンは少し黄色を帯びているのが特徴です!!

3本目はミヤルカンドゥ。
このポイントのミヤルとは、ディベヒ語で”サメ”という意味で、その名前通りネムリブカやオグロメジロザメがエッジ部分にはたくさんいました。
カスミアジ、イソマグロなどの回遊魚も安定でした。
エッジ部分の中層にはインド洋のタカサゴであるイエローバックフュージュラーが黄色いカーテンみたいにすごく群れていました。


本日4本目はナイトダイビングでした。
ここのポイントのナイトダイビングはとにかくオオテンジクザメとオグロオトメエイとロウニンアジが大量に集まってきます。
皆で輪を作り中心にライトを当てるとその光に集まってきてくれます。
じーっと見学していると向こうからぶつかってくるくらい近くまで来てくれるのですが、僕にはぶつかってくれませんでした。
初めましてのオオテンジクザメにもう嫌われたのかな、、、、
安全停止中もオオテンジクザメはうじゃうじゃで最初から最後まで一緒にダイビングしてくれます。






















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: 大雨 のち 曇り
気温: 26-31℃
水温: 28-29℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm または 5mm

報告者:けんご、けいた、シファズ、ボウイ、
 
 


2019/08/13   2019/08/10~08/16 マーレ・アリ・ヴァーヴルート NO.3

この日潜ったポイント


<1> Kudarah Thila     ( South Ari )
<2> Lux Out     ( South Ari )
<3> Lux Out     ( South Ari )


<3> Kudarah Thila     ( South Ari )
透明度:30 – 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
イエローバックフュージュラーの群れ、
クマザサハナムロの群れ、
ヨスジフエダイの群れ、モルディブアネモネフィッシュ、
イソマグロ、ロウニンアジ、カスミアジ、
ヒメフエダイの群れ、

<2> <3> Lux Out     ( South Ari )
透明度:10 - 20 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
ブラックピラミッドバタフライフィッシュの群れ、
ムレハタタテダイの群れ、
アカモンガラ沢山、ノコギリダイの群れ、
クマノミ、コホシカニダマシ、
マルチバーパイプフィッシュ、
モルディブスポンジスネイル、
パウダーブルーサージョンフィッシュの小群れ、


************************

こんにちは!!
ケイタです。

この日の1本目はクダラティラからスタート。
流れは結構強かったですが、その分タカサゴ系やヨスジフエダイなどがかなり群れていました!!透明度もよくこれぞモルディブという感じのダイビングでした。
カスミアジやロウニンアジといったハンター達もたくさんいました。
そして下をみるとオグロメジロザメが数匹いました。じっと待っているとかなり近くまできてくれます!!
このポイントはかなり大きなウミウチワがたくさんあります。そこにもヨスジフエダイが群れているので、いい写真がたくさん撮れるポイントになってます。
ダイビング終盤にはこの根の東側の12mくらいのところには、たくさんのモルディブアネモネフィッシュ(インド洋の固有種)がいます。
最初から最後まで見どころ満載のポイントです。


本日の2本目、3本目は南アリ環礁の最南端に位置している島でダイビングしました。
ここではジンベエザメがよくでるポイントなので、ジンベエ狙いでドーニの上からサーチをしましたが、サーチしている早々に視界が見えなくなるほどの突風雨が発生。これまた作戦を変更して船の上からのサーチをやめてダイビングしながら探すこにしました。

3本目も船の上からサーチをしたのですが、見つけれなかったのでダイビングでサーチしましたが残念ながら本日はジンベエザメにであうことができませんでした。
ですが、ホワイトチップやナポレオン、ブラックピラミッドバタフライフィッシュ、エバンスアンティアスなどなど魚の種類と数はかなりいます。
浅場ではパウダーブルーサージョンフィッシュが多数の集団で泳いでおり、これまもしかして?魚図鑑で見たことがあるパウダー玉??を期待したのですが、もう少しで密集して泳いでくれなかったのがちょっと残念でした。















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: 大雨 のち 曇り
気温: 26-31℃
水温: 28-29℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm または 5mm

報告者:けんご、けいた、シファズ、ボウイ、
 
 


2019/08/12   2019/08/10~08/16 マーレ・アリ・ヴァーヴルート NO.2

この日潜ったポイント


<1> Fish Head     ( North Ari )
<2> Mahibadhoo Manta Point     ( South Ari )
<3> Dhangetti Out     ( South Ari )


<1> Fish Head  ( North Ari )
透明度:20 - 30m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
ロウニンアジ、カスミアジ、
タイマイ、クマザサハナムロの群れ、
イエローバックフュージュラーの群れ、
ベンガルスナッパーの群れ、
マダラトビエイ、

<2> Mahibadhoo Manta Point     ( South Ari )
透明度:10 - 20 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱 – 中
ヒメフエダイの群れ、バラフエダイ、
インディアンバナーフィッシュの群れ、
イエローヘッドバタフレイフィッシュ、
ムスジコショウダイ、アデヤッコ、

<3> Dhangetti Out     ( South Ari )
透明度:10 - 20 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
ブラックピラミッドバタフライフィッシュの群れ、
シモフリタナバタウオ、タコ、
マダガスカルバタフライフィッシュ、
アカモンガラ沢山、ハタタテハゼ、
キンギョハナダイ、エヴァンスアンティアス、
インディアンフレームバスレット
(*アカネハナゴイのインド洋型)


************************

ア サラーム アレイクム
ケイタです!!
この言葉はモルディブの言語のディベヒ語でこんにちはという意味です。

今日は昨日の風の影響でボートをあまり動かさず北アリ環礁で停泊しました。
なので1本目はそのまま北アリ環礁からスタートとなりました。

1本目はフィッシュヘッドからスタート。
昨日のラストダイビングでも潜ったのですが、朝一と昼では流れも違っていました。
ここは安定のオグロメジロザメ、ネムリブカ、タイマイが見れます。ロウニンアジやカスミアジなどの回遊魚もたくさん見ることができました。
ベンガルスナッパーも健在です!!
そして今日はマダラトビエイが3匹いて2匹はくっついて泳いでいて、何回も戻ってきてくれて近くまで来てくれました。


2本目はマヒバドゥ・マンタポイント。
このポイントは雨期限定のマンタポイントとして人気のあるポイントの一つです。
コブハマサンゴにホンソメワケベラがたくさんおりマンタがクリーニングしにくるポイントになってます。皆でカレントフック引っ掛けてジーっと待っていたのですが今回は残念ながらマンタは来てくれませんでした。
マンタ以外にもここのポイントはハードコーラルがたくさんあり、インディアンバナーフィッシュの群れなども見ることができます。
次回クリーニング中のマンタにリベンジですね。


本日3本目は南に下ってローカルの島沿いのダンゲッティ島のアウトリーフでダイビングしました。
少し透明度は落ちていましたが、ブラックピラミッドバタフライフィッシュやミスジチョウチョウウオやサドルバックバタフライフィッシュなどのチョウチョウウオ系がたくさんいました。
サンゴの上にはちょこんとホシゴンべがいました。
ムスジコショウダイの幼魚も隠れて可愛かったです。
幼魚の時はかわいいのですが、成魚になると、、、
マクロが好きなかたにはもってこいのポイントでした。

雨期の影響でスコールが降ることもありますが、海の中は穏やかで快適でした。
残りの日程も皆で楽しんでいきまーす!!


















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: 大雨
気温: 26-31℃
水温: 28-29℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm または 5mm

報告者:けんご、けいた、シファズ、ボウイ、
 
 


2019/08/11   2019/08/10~08/16 マーレ・アリ・ヴァーヴルート NO.1

この日潜ったポイント


<1> Fish Tank     ( North Male )
<2> Fish Head  ( North Ari )


<1> Fish Tank     ( North Male )
マダラエイ、テングハコフグ、
ハニーコムモレイ、ドクウツボ、ナミウツボ、
ゴマウツボ、サビウツボ、ムウジコショウダイの若魚、
ムレハタタテダイの群れ、カスミアジ、ナポレオン、

<2> Fish Head  ( North Ari )
透明度:20 - 30m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
ロウニンアジ、カスミアジ、
タイマイ、クマザサハナムロの群れ、
バリアブルラインドフュージュラーの群れ、
ベンガルスナッパーの群れ、
ムレハタタテダイの群れ、アカモンガラの群れ、


************************

こんにちは!!
ケイタです!!

今シーズンからモルディブでガイドすることになりました。

これからモルディブの素晴らしい海を皆様に伝えていきたいと思っていますので、よろしくお願します。

本日よりファンアズール号の2019−2020シーズンのファーストトリップが始まりました。

今回のトリップでは南ルートを周ってきています。

1本目はフィッシュタンクからスタート。
初日の1本目は流れも強くなくチェックダイブには最適でした。
このポイントならではのウツボの数!!一つの穴に3、4匹いました。
中層にはムレハタタテダイがものすごい数群れています。
それ以外にもマダラエイなどもいて1本目から見どころ満載のダイビングでした!!


本日2本目のダイブはフィッシュヘッドという隠れ根のポイントに行きました。
このポイントは沖合にある隠れ根になっており、潮があたる場所はタカサゴがすごくたくさんいます。そして回遊魚系のロウニンアジ、カスミアジ、イソマグロなどもたくさん見ることができました。
あとは何といってもオグロメジロザメが5,6匹周りを泳いでくれました。
じっと待っていたら何回も戻ってきてくれるのでファンサービスがいいです!!
ツバメウオもたくさんいて、振り向くと真横によくいます!!
そして前が見えなくなるほど群れているベンガルスナッパー!!
ご飯を一生懸命食べているタイマイも数匹いました。
透明度もよく快適なダイビングでした。

ですが、、、、、安全停止後に想定外のものすごいスコールがきて荒れてしまい、3本目は予定したナイトマンタは安全のため急遽中止になりました。
安全第一です!!さすが雨期ってこともあり、急に天気がくずれてしまいました。




















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: 晴れ のち 大雨
気温: 26-31℃
水温: 28-29℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm または 5mm

報告者:けんご、けいた、シファズ、ボウイ、
 
 




  アイマン
モルディブ・ダイブサファリ






FUN AZUL号・モルディブダイブクルーズ


«  2019年8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 ○過去の情報
  2019年8月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年2月
2008年1月
2007年12月
2007年11月
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。