世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
モルディブ・クラブアズール
 
2018/03/31   2018/03/31-4/7 モルディブ マーレ・アリ・ヴァーヴルート

アッサーラム アレイクン♪
こんにちは。

香港からのゲストを迎えて3/31-4/7のトリップに行って来ました。
先週に引き続き、北マーレ、南マーレ、ヴァーヴ、南アリ、北アリ、ラスドゥ環礁を廻ります。

初日1本目フィッシュタンクでのチェックダイブは、10枚以上のスティングレイと数え切れないほどのチョウチョウウオ、ブルースナッパー、ナポレオンに超おデブのウツボを楽しみました。
2本目はマアギリ ロックでウミウシなどのかわいい小物ちゃん達を堪能し、安全停止中にモブラに遭遇。
3本目はナシーモ ティラ。かなり強めのカレントでドリフトダイブとなりました。きれいなソフトコーラル、海ガメ、ナポレオンとネムリブカを見ることが出来ました。

2日目はラスドゥ環礁へ。1本目はラスドゥ マディバルで早朝からハンマー狙い。ラッキーにも1匹出会うことが出来ました。
2本目のダイブでは大きなアジの群れに約10匹のイーグルレイ、オグロメジロザメを堪能。
3本目はカン ティラ。サメ天国と言っていいほどたくさんのオグロメジロザメとネムリブカ、更にはナポレオン3匹、イーグルレイが来てくれました。ゲストの皆さんは大喜びです!夜はフェスドゥ ゴニにてマンタナイト。好奇心旺盛なマンタが3枚がずっと居ついてくれて十分に観察できました。

3日目の1本目はフェスドゥ レックでウミウチワに隠れているクダゴンベちゃんを探しました。他にもウミウシ、ライオンフィッシュ、タコにウミガメなどなどお楽しみは盛りだくさん。安全停止中にはまたモブラが現れてくれました。
2本目はマンタ好きにはたまらないムーフシ マンタポイント。底にはネムリブカが休憩中、 クリーニングステーションには何と7枚ものマンタに5枚のイーグルレイが居ました。
3本目はカラハルハディでのんびりダイブ。それでもウミガメ2匹、ナポレオン、マンタ2枚が見れました。

4日目はジンベイデー。3本とも南アリ環礁のマアミギリ近くでダイブしました。
1本目は空振りでしたが2本目は間近で見ることが出来ました。しかも他のグループが到着する前だったので、しばし貸切状態。ラッキー。

3本目もジンベイ狙いでしたが、ジンベイの代わりに12枚のモブラに遭遇。ダイビングを終えようとしたところへ、私達の上をジンベイが優雅に通り過ぎていきました。この日の夜は無人島でビーチBBQ。

5日目はヴァーヴ環礁へ。1本目は早朝フォッテヨでハンマー狙いでしたが、残念ながらブルーウォーターダイブに終わってしまいました。
2本目は赤ちゃん狙いのフシ カンドゥ。と言うのも、ここには魚の赤ちゃんたちがたくさん居るのです。
この日もたくさんのオグロメジロザメの赤ちゃん(約50cm)や、バラクーダの赤ちゃん、イーグルレイの赤ちゃんを見ることが出来ました。

3本目はミヤル カンドゥの予定でしたがカレントがきつすぎたので飛ばして、アリマタ ジェッティでのナイトダイブへ。ここは相変わらず30匹+のオオテンジクザメや10枚近いスティングレイ、そしてギンガメアジも来るわ来るわの大賑わい。ついでに大量のダイバーでも大賑わいでしたが、それでもやっぱり大迫力!

多くのダイバーがモルジブにリピーターとして帰ってくるのも、この魅力があるから、と思うと多少の混雑はしょうがない気もします。だって全てのモルディブのダイブクルーズがここにやってくるのですから。。 

ここでは興奮しすぎないようにするのが大事です! 最終日はお気に入りのカンドゥマ ティラで1本目と2本目。約20匹のオグロメジロザメ、ネムリブカ、ギンガメアジにウミガメにナポレオン。。。
更には20枚近いイーグルレイも現れてお客さんは大満足。最後のダイブはエンブドゥ リーフでのんびりリラックスダイブ。きれいなホワイトサンドビーチの広がる浅瀬で写真撮影大会のようなダイブになりました。
のんびりしているところへ、コバンザメから逃げてきたのか、8枚ものスティングレイまでサプライズで遊びに来たりと最後までお楽しみは続きました。数あるダイブクルーズの中からFUN AZUL号を選んでいただきありがとうございました。またお会いできる日を楽しみにしています! 

天候にも恵まれ、水温は28-30℃と安定していました。3mmのウェットで十分です。










 
 


2018/03/29   2018/03/24-03/31 マーレ・アリ・ヴァーヴルート NO.5

この日潜ったポイント

<1> Miyaru Kandu     ( Vaavu )
<2> Kandooma Thila     ( South Male )
<3> Villivaru Gili     ( South Male )


<1> Miyaru Kandu     ( Vaavu )
透明度:40 - 50 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
オグロメジロザメ(*ブラックチップリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
イソマグロ、ギンガメアジの群れ、ロウニンアジ、
クマザサハナムロの群れ、
コラーレバタフライフィッシュの群れ、
エクスクイジットファイヤーフィッシュ
(*アケボノハゼのインド洋型)

<2> Kandooma Thila     ( South Male )
透明度:20 - 30 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
オグロメジロザメ(*ブラックチップリーフシャーク)
ギンガメアジの群れ、マダラトビエイ、ロウニンアジ、
クマザサハナムロの群れ、バラフエダイの群れ、
バリアブルラインドフュージュラーの群れ、
コラーレバタフライフィッシュの群れ、
ムスジコショウダイの群れ、ナポレオン、

<3> Villivaru Gili     ( South Male )
透明度:30 - 40 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
クダゴンベ、クジャクスズメダイ、
オウギチョウチョウウオ、シモフリタナバタウオ、
マダガスカルバタフライフィッシュ、
エヴァンスアンティアス、ツバメウオの群れ、
モルディブスポンジスネイル、タイマイ、
キンギョハナダイ、ハナダイギンポ、
インディアンフレームバスレット
(*アカネハナゴイのインド洋型)

***********************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

神出鬼没のけんごです。

この日はミヤルカンドゥからスタート。
前日のダイビングが非常によかったので、リトライとなりました。
しかしながら残念なことに潮流がチャネルの内から外に流れるアウトゴーイングカレント。

潮当たりが良い場所ではオグロメジロザメがちょろっと。
サメの数は前日より少なかったですが、ギンガメアジやオニヒラアジの数は前日より倍の倍!!!
これまた前日見ることができなかったエクスクイジットファイヤーフィッシュ
をじっくり見ることができました。アケボノハゼのインド洋型と言われており、太平洋型と比較して体色が若干異なるのが特徴です。

浅場ではヒメフエダイの群れ、コラーレバタフライフィッシュの群れをみることができました。


2本目はカンドゥマティラ。
想定していたより流れは強くなかったの一安心。
マダラトビエイものんびりと泳いでおりました。
バラフエダイもぐっちゃり!!!
大きなナポレオン、これまた大きなタイマイも登場してくれました。


3本目はヴィリヴァルギリ。
最終ダイブはのんびり、まったり魚を観察するダイビング。
潜降するとまずはツバメウオの群れがお出迎え。これまたとってもフレンドリーでダイバーが近づいても逃げない!!逃げないどころが一緒についてきちゃう??

おいらにとっても久しぶりのダイブサイトの選択。
普段あまり気にかけることが少ない小さなハゼやギンポがわんさか!
おいらが大好きなアカメハゼやアオギハゼがたくさんいるんですよ!
そういえばシモフリタナバタウオもいたかな????

ご参加いただいた皆様!!!
この度は、数あるダイブクルーズの中からFUN AZUL FLEET MALDIVESをお選びいただき、誠にありがとうございました!

またいつかみなさまとご一緒できる日を楽しみに、
クルー 一同みなさまのお帰りを心よりお待ちしております!



















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪

天候: 晴れ
気温: 27-31℃
水温: 28-29℃
透明度:20-50m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、アイマン、イヴォンヌ、マウ、しんご
 
 


2018/03/28   2018/03/24-03/30 マーレ・アリ・ヴァーヴルート NO.4

この日潜ったポイント

<1> Fotteyo     ( Vaavu )
<2> Fotteyo     ( Vaavu )
<3> Miyaru Kandu     ( Vaavu )
<4> Alimathaa Jetty     ( Vaavu )


<1> Fotteyo     ( Vaavu )
透明度:40 - 50 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
オグロメジロザメ(*ブラックチップリーフシャーク)
ギンガメアジの群れ、イソマグロ、
ロウニンアジ、クマザサハナムロの群れ、
バリアブルラインドフュージュラーの群れ、
ロウニンアジ、カスミアジ、
エクスクイジットファイヤーフィッシュ
(*アケボノハゼのインド洋型)

<2> Fotteyo     ( Vaavu )
透明度:40 - 50 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
オグロメジロザメ(*ブラックチップリーフシャーク)
イソマグロ、カスミアジ、ギンガメアジの群れ、
キンギョハナダイ、クダゴンベ、ハナダイギンポ、
コラーレバタフライフィッシュの群れ、

<3> Miyaru Kandu     ( Vaavu )
透明度:40 - 50 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
オグロメジロザメ(*ブラックチップリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
イソマグロ、ギンガメアジの群れ、マダラトビエイ、
クロヒラアジの群れ、ロウニンアジ、ツムブリ、
エクスクイジットファイヤーフィッシュ
(*アケボノハゼのインド洋型)

<4> Alimathaa Jetty     ( Vaavu )
透明度:40 - 50 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
ロウニンアジ、カスミアジ、
オオテンジクザメ(*トーニーナースシャーク)
オグロオトメエイ(*ピンクウィップレイ)

***********************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

神出鬼没のけんごです。

この日はヴァーヴ環礁でダイビングでした。
この日も天候に恵まれ、快晴続き!!
海況も同様に素晴らしく、波なし、風なし。

1本目,2本目のダイビングはフォッテヨ。
朝イチからハンマーヘッドをサーチをするチームとウォール沿いを別れてダイビング開始。
ハンマーヘッドサーチチームは深場でしたがなんとか1匹だけハンマーヘッドをゲットできたようです。

おいらはウォール沿いを担当。
こちらもちょっと深場ですがオグロメジロザメがちらほら。
そんなサメを余所目にちょっと深場で珍しいハナダイを探し。。。

本当にフォッテヨのオーバーハングやスイムスルーの中はソフトコーラルでぎっしり!!いつ来てもお客様を魅了してくれます。

この日もアケボノ穴にご参拝。
お客様はじっくり写真撮影をすることができました。

この日はミヤケテグリのインド洋型のスターリードラゴネットを発見。おいら自身も久しぶりにみることができたのでちょっぴり嬉しかった。

浅場ではギンガメアジやコラーレバタフライフィッシュが綺麗な群れを形成しておりました。

3本目はミヤルカンドゥ。
この日はサメ祭りでした!!!
チャンネルのエッジの部分ではオグロメジロがうじゃうじゃ!!
同様にプリプリに太ったイソマグロも登場。
口が半開きになってるので鋭利なはちらり♪
ちなみにイソマグロは”ドッグトゥースツナ”と言います。
ロウニンアジ、カスミアジ、ギンガメアジ、そして最後にはマダラトビエイも登場!
ダイビング時間が許す限りこのエッジの部分で楽しむことができました。

4本目はアリマタジェティでナイトダイブ。
いつものようにオオテンジクザメ、オグロオトメエイが登場。
この日はロウニンアジ、カスミアジの数も半端じゃなかった!!
時折頭上を見上げると10匹前後のオオテンジクザメが川のように泳いでいましたよ!お客様は大興奮。アドレナリン大放出のダイビングとなりました。



















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪

天候: 晴れ
気温: 27-31℃
水温: 28-29℃
透明度:20-50m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、アイマン、イヴォンヌ、マウ、しんご
 
 


2018/03/27   2018/03/24-03/30 マーレ・アリ・ヴァーヴルート NO.3

この日潜ったポイント

<1> Sun Island out     ( South Ari )
<2> Maamigili Out     ( South Ari )
<3> Kudarah Thila     ( South Ari )


<1> Sun Island out     ( South Ari )
透明度:30 - 40 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
ヒメフエダイの群れ、ヨスジフエダイの群れ、
ムスジコショウダイの群れ、チョウチョウコショウダイ、
イエローバックフュージュラーの群れ、
イソマグロ、ヨコシマクロダイ、
ネムリブカ (*ホワイトチップリーフシャーク)
トラフザメ (*ゼブラシャーク)

ジンベエザメスノーケリング

<2> Maamigili Out     ( South Ari )
透明度:30 - 40 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
キンギョハナダイ、エヴァンスアンティアス、
インディアンフレームバスレット、
ヨスジフエダイの群れ、アカヒメジの群れ、
パウダーブルーサージョンフィッシュの群れ、
ナポレオン、モルディブスポンジスネイル、

<3> Kudarah Thila     ( South Ari )
透明度:30 - 40 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:中+
マダラトビエイ、バラフエダイ、
ロウニンアジ、カスミアジ、
ヨスジフエダイの群れ、ヒメフエダイの群れ、
バリアブルラインドフュージュラーの群れ、
クマザサハナムロの群れ、
モルディブアネモネフィッシュ、

************************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

神出鬼没のけんごです。

この日は南アリ環礁でジンベエザメサーチの日です。
この日も天候に恵まれ、快晴続き!!
海況も同様に素晴らしく、波なし、風なし。

朝早い時間にジンベエザメサーチをしているドーニはあまり多くありません。
できればこの時間帯にジンベエザメを見つけたかったのですが、ドーニからのサーチでは発見に至らず、、、
登場してくれるはイルカのみ。
最近はこのパターンが非常に多いです(笑)

泣く泣くジンベエザメサーチダイブに変更。

このサーチダイブではなんとトラフザメが登場!!
おいら個人的にはジンベエザメよりレアキャラかも!!!
ジンベエザメは登場しなかったですが、とってもラッキーなダイビングでした。

なんと今回は朝食中にジンベエ発見コールが!!!
まままさかこのタイミングですか!!!

お客様には非常に申し訳ないのですが、ジンベエスノーケル開始。
しかしながらちょっと出遅れてしまった結果、残念ながらはっきりと確認をすることができなかった。肝心のジンベエザメは深場へ退避。

正直、ドーニの数が半端ないんです。。。(汗)
まるで砂糖に群がる蟻のよう???

気を取り直して、再びジンベエサーチ再開。
今度は若大将アイマンの殊勲です!!!
他のドーニに先駆けて、一番にジンベエを発見!!!
しかも水面ではなくて水中に泳ぐ個体!?!?

どうしてこんな個体が発見できるのか摩訶不思議ですが??

兎にも角にもジンベエスイムに成功!!
必死のパッチでおよぎましたよ♪
全員がばっちり見ることができました!!!

3本目はクダラティラ。
流れがすこし強くて大変でしたが、魚の数がとてもすごかった!!
おいら達の頭上にクマザサハナムロシャワーが降り注ぐ!!

ロウニンアジ、カスミアジなどのハンター軍がアタックを繰り返しておりましたが、おいら達もアドレナリン大放出のダイビングとなりました。

この日のディナーはビーチに上陸してBBQパーティーでした。





















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪

天候: 晴れ
気温: 27-31℃
水温: 28-29℃
透明度:20-50m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、アイマン、イヴォンヌ、マウ、しんご
 
 


2018/03/26   2018/03/24-03/31 マーレ・アリ・ヴァーヴルート NO.2

この日潜ったポイント

<1> Fesdhoo Wreck     ( North Ari )
<2> Moofushi Manta Point     ( North Ari )


<1> Fesdhoo Wreck     ( North Ari )
透明度:10 - 30 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
キンギョハナダイ、
インディアンフレームバスレット、
(*アカネハナゴイのインド洋型)
モルディブアネモネフィッシュ、

<1> Moofushi Manta Point     ( North Ari )
透明度:20 - 30 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
ナンヨウマンタ!!(*リーフマンタレイ)
ヒメフエダイの群れ、ヨスジフエダイの群れ、
マダラトビエイの群れ、ハダカハオコゼ、
ムスジコショウダイの群れ、ワモンダコ、
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)

************************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

神出鬼没のけんごです。

この日も天候に恵まれ、快晴続き!!
海況も同様に素晴らしく、波なし、風なし。海面がまるで鏡のようにテカテカに輝いておりましたよ。

この日の1本目はフェスドゥレックからスタート。
沈船でまったりするチームもあれば、砂地にじっくり固有種のハゼを観察チームもあり、各々がダイビングを楽しむことができました。

砂地チームはドラキュラシュリンプゴビーやオーロラパートナーゴビーなど。
白い砂と擬態化しているモンダルマガレイなども見ることができました。

沈船はサンゴでぎっしり!!!
そして色とりどりな魚が覆い尽くしております。
スカシテンジクダイやキンメモドキの数が少し減りましたがまだまだ健在。

最後はメインの根のトップに移動。
おいらにとってこの根の上はとてもお気に入りの場所。
モルディブ固有種であるモルディブアネモネフィッシュがたくさん!
そしてキンギョハナダイとインディアンフレームバスレットもたくさん!
何もせずに眺めているだけで幸せな気持ちになります。

2本目はムーフシマンタポイント。
この日はダイバーの数もすごかったけど、マンタのサービスもさらにすごかった!!!

クリーニングステーションでは多数のダイバー達が取り囲むように存在しておりましたが、そんなダイバーの泡なんてお構いなし!!!

次から次へとやってくる、やってくる。。。
最大でおいらの目の前で5匹のマンタが乱舞乱舞!!

たぶん、10匹以上はいたのではないでしょうか???
ダイビング自体、最初から最後までマンタ三昧のダイビングとなりました。

この日も例外にあらず、ミニミニサイズのマダラトビエイが登場!
この日は合計で5匹!!!
前回見た時より少し大きくなっているような!?!?!

ボートに戻ると歓喜の声が響き渡っておりました!!



















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪

天候: 晴れ
気温: 27-31℃
水温: 28-29℃
透明度:20-50m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、アイマン、イヴォンヌ、マウ、しんご
 
 


2018/03/25   2018/03/24-03/31 マーレ・アリ・ヴァーヴルート NO.1

この日潜ったポイント

<1> Maagili Rock     ( North Male )
<2> Fish Head     ( North Ari )
<3> Fesdhoo Goni     ( North Ari )


<1> Maagili Rock     ( North Male )
透明度:30 - 40 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
ヨスジフエダイの群れ、ノコギリダイの群れ、
スパゲティイール、チンアナゴ、クダゴンベ、
ムレハタタテダイの群れ、ゴシキエビ、
トラフシャコ、ヒメダテハゼ、
アカモンガラ 沢山!!

<2> Fish Head     ( North Ari )
透明度:10 - 20 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
ベンガルスナッパーの群れ、(*ヨスジフエダイのそっくり)
ロウニンアジ、カスミアジ、マダラトビエイ、
クマザサハナムロの群れ、タイマイ、
バリアブルラインドフュージュラーの大群、

<3> Fesdhoo Goni     ( North Ari )
透明度:10 - 15 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:ナシ
ナンヨウマンタ!!(*リーフマンタレイ)
マダラエイ、
オオテンジクザメ(*トーニーナースシャーク)

************************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

神出鬼没のけんごです。

今週も無事にマーレまで戻ってくることができました。
今週のトリップは天候にも恵まれ、快晴続き!!
海況も同様に素晴らしく、波なし、風なし。海面がまるで鏡のようにテカテカに輝いておりましたよ。

1本目のチェックダイブはマーギリロックからスタート。
エントリーするとまずは砂地ゾーン。
ハゼやチンアナゴなどをじっくり観察。
よーく目を凝らして見ると大きなトラフシャコを発見。
お客様はあまりにも大きくてシャコと認識できなかったようです。
実はこの砂地ゾーンには3個体ぐらい潜んでいるんですよね。。。

そしていつものように離れた根ではヨスジフエダイがぐっちゃり。
この日はクダゴンベの写真撮影会が盛況でした(笑)

2本目は北アリ環礁に移動して、フィッシュヘッドでダイビング。
人気ダイブサイトにもかかわらず、おいら達だけで貸切!!

流れは強くもなく、弱くもなく、程よく良い感じ。
透明度がイマイチだったのが少し残念。

潮当たりが良い場所では数匹のオグロメジロザメことグレイリーフシャークが行ったり来たり。中にはプリプリに太った個体も混ざっておりました。

中層を眺めれば、クマザサハナムロが降り注ぐ。
そして案の定、ロウニンアジやカスミアジも登場してくれました。

この日は流れの影響でしょうか。
ツバメウオがメインの根の付近で綺麗な群れを形成中。
お客様がカメラを構えてもなかなか逃げなかったですよ!
ダイビングの最後はいつものようにタイマイとご対面。

この日の最終ダイブはナイトマンタに挑戦。
プランクトンの集まり具合は問題ナシ。
これまたマンタがなかなかやってこなーーーーい(汗)

とおいら達が心配しているとお隣のボートで早々にマンタが降臨。
お願いしておいら達も便乗させていただきました!!

この日の夕食はワイン片手に楽しい晩餐となりました!!

追記:)
ファンアズール号に突如現れた画伯!?!?
意外な才能にお客様一同びっくり!!
果たして正体は???



















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪

天候: 晴れ
気温: 27-31℃
水温: 28-29℃
透明度:20-50m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、アイマン、イヴォンヌ、マウ、しんご
 
 


2018/03/22   2018/03/17-03/23 マーレ・アリルート NO.5

この日潜ったポイント

<1> Kudarah Thila     ( South Ari )
<2> Five Rocks     ( South Ari )
<3> Machchafushi Wreck     ( South Ari )
  ( Kudima Wreck )


<1> Kudarah Thila     ( South Ari )
透明度:30 - 40 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:中
ヒメフエダイの群れ、ヨスジフエダイの群れ、
イソマグロ、カスミアジ、ロウニンアジ、
モルディブアネモネフィッシュ、
モルディブスポンジスネイル、
クマザサハナムロの大群、ツバメウオ、

<2> Five Rocks     ( South Ari )
透明度:30 - 40 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:中
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
ブラックピラミッドバタフライフィッシュの群れ、
イエローバックフュージュラーの大群、
カスミアジ、ロウニンアジ、ナポレオン、
マダラエイ、オーロラパートナーゴビー、

<3> Machchafushi Wreck( Kudima Wreck )  ( South Ari )
透明度:10 - 30 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
モルディブトリプルフィン、コクテンフグ、
オニダルマオコゼ、アデヤッコ、
イエローヘッドバタフライフィッシュ、
ケショウフグ、オハグロハギ?の黄色変異

************************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

神出鬼没のけんごです。

トリップ最終日はは南アリ環礁でダイビングでした。
前日目撃することができなかったジンベエザメをリサーチする案もありましたが、お客様と相談した結果、リサーチを行わずに最終日も通常のダイビングをすることとなりました。

1本目はクダラティラからスタート。
この日の流れは強すぎず、弱すぎず。程よく良い感じ。
相変わらずクダラティラの根の上はヨスジフエダイがたくさん!!!
お客様も360度このヨスジフエダイに取り囲まれておりました。

そしてアイマンが紹介したモルディブスポンジスネイルにお客様もは興味津々。初めて見るこの地球外生物みたいないヘンテコリンな生き物は何なの???
実は貝の仲間になるんですよね・・・。

そしてダイビング終盤に差し掛かると、中層の辺りが騒がしい。。。
クマザサハナムロが大きな集団をしていると思いきや、その群れに向かってロウニンアジ、カスミアジが猛然とアタック!!!!
クマザサシャワーが降り注いだ瞬間に「ゴゴゴゴゴゴゴ・・・・」と轟音を響かせておりました。

2本目はファイブロックス。
水底から5本の岩が聳えっているのが特徴のダイブサイト。
今回のダイビングでは流れが少しありましたが、その分中層ではお魚達が大爆裂!!特にイエローバックフュージュラーは群れの数は凄まじく誇張表現に聞こえるかもしれませんが、おいら達の視界すべてが黄色一色になっておりました!!
ちょっと深場でしたが、オグロメジロザメやネムリブカが行ったり来たり。。。

流れを嫌っていたのかな??
同じ個体のナポレオンが何度もおいら達の目の前を通過しました。

3本目はマッチャフシレック。
近くにあるマッチャフシリゾートが意図的に沈めた沈船。
全長は約50m、砂地にきちんと倒れることなく鎮座しております。
おいらにとっても超が付くくらいの久しぶりに潜るダイブサイト。

流れも気にせずにのんびりまったりダイビング。
以前はこの沈船に多数のオニダルマオコゼが生息しておりましたが、今シーズンはどうかな??やはり今年も場所は少し違っておりましたが、健在でしたよ!!!

このダイブサイトで気になったのが、ニザダイの仲間の黄色変異個体を発見。黄色ベースにまるで錦鯉のような黒色の模様が入っておりました。尾ビレの色と形から判断してオハグロハギだと思われますが、とても珍しいお魚に出会えてことは事実です。

ご参加いただいた皆様!!!
この度は、数あるダイブクルーズの中からFUN AZUL FLEET MALDIVESをお選びいただき、誠にありがとうございました!

またいつかみなさまとご一緒できる日を楽しみに、
クルー 一同みなさまのお帰りを心よりお待ちしております!



















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪

天候: 晴れ
気温: 27-31℃
水温: 28-29℃
透明度:20-50m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、アイマン、イヴォンヌ、マウ、しんご
 
 


2018/03/21   2018/03/17-03/23 マーレ・アリルート NO.4

この日潜ったポイント

<1> Sun Island out     ( South Ari )
<2> Maamigili Out     ( South Ari )
<3> Lux Out     ( South Ari )


<1> Sun Island out     ( South Ari )
透明度:30 - 40 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
ヒメフエダイの群れ、ヨスジフエダイの群れ、
パウダーブルーサージョンフィッシュ、
ムスジコショウダイの群れ、チョウチョウコショウダイ、
イエローバックフュージュラーの群れ、
インディアンバカボンドバタフライフィッシュ
(*イッテンチョウチョウウオのインド洋型)、

<2> Maamigili Out     ( South Ari )
透明度:30 - 40 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
キンギョハナダイ、エヴァンスアンティアス、
インディアンフレームバスレット、
ヨスジフエダイの群れ、ヒメフエダイの群れ、
イソマグロ、ナポレオン、ヨコシマクロダイ、
モルディブスポンジスネイル、

<3> Lux Out     ( South Ari )
透明度:10 - 30 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
マダラトビエイ、ナポレオン、
アオウミガメ、アカモンガラ 沢山!!
エヴァンスアンティアス、インディアンバナーフィッシュ、
ヒメフウライチョウチョウウオ、
ハナタカサゴの群れ、クマザサハナムロの群れ、

************************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

神出鬼没のけんごです。

この日は南アリ環礁でジンベエザメサーチの日です。
どうしたことでしょうか??
昨日のBBQが終わった直後から猛烈なスコール、雷鳴も幾度となく轟いておりました。

そしてこの日の天候はなんと曇り時々雨。
乾期の真っ只中はずなのにまるで雨期のような天気。

水上からジンベエサーチを実施するも登場してくれるのはハシナガイルカのみ。

ダイビングでもジンベエザメサーチを実施しましたが、残念ながらジンベエザメ発見に至らず。

この日はおいら達以外にも他のサファリボートやリゾートドーニが多数集結しておりましたが、どこのボートも発見できなかったようです。
すれ違うドーニのすれ違う人たちがほぼ同じお手上げのジェスチャー。
一体ジンベエザメはどこにいってしまったのかな???
本当に今日に限ってお休みとは、、、、とほほ。

ジンベエサーチダイブを3回実施しましたが、各ダイビングとも透明度は良好!!中層を眺めているとイエローバックフュージュラーやクマザサハナムロが行き交い、時々おおきなイソマグロもちらほら。

またリーフ沿いでは大きなナポレオンを何度も目撃することができました。
そしてマダラトビエイも登場。

本当にジンベエザメがでなかったことだけが悔やまれる。。。















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪

天候: 晴れ
気温: 27-31℃
水温: 28-29℃
透明度:20-50m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、アイマン、イヴォンヌ、マウ、しんご
 
 


2018/03/20   2018/03/17-03/23 マーレ・アリルート NO.3

この日潜ったポイント

<1> Moofushi Manta Point     ( North Ari )
<2> Moofushi Manta Point     ( North Ari )
<3> Dhegaa Thila     ( South Ari )
<4> Radhdhiggaa Thila     ( South Ari )


<1> Moofushi Manta Point     ( North Ari )
透明度:10 - 20 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
ナンヨウマンタ!!(*リーフマンタレイ)
ヒメフエダイの群れ、ヨスジフエダイの群れ、
マダラトビエイの群れ!
ムスジコショウダイの群れ、オオメカマスの群れ、
ハダカハオコゼ、ゴシキエビ、

<2> Moofushi Manta Point     ( North Ari )
透明度:10 - 20 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
ナンヨウマンタ!!(*リーフマンタレイ)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
ヒメフエダイの群れ、ヨスジフエダイの群れ、
マダラトビエイの群れ、ムスジコショウダイの群れ、
クマザサハナムロの群れ、
バリアブルラインドフュージュラーの大群、

<3> Dhegaa Thila     ( South Ari )
透明度:10 - 30 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
キンギョハナダイ、
インディアンフレームバスレット、
(*アカネハナゴイのインド洋型)
モルディブアネモネフィッシュ、
ブラックピラミッドバタフライフィッシュの群れ、
タイマイ、ツバメウオの若魚、
オウギチョウチョウウオ、

<4> Radhdhiggaa Thila     ( South Ari )
透明度:10 - 30 m、 波:弱、 風:弱、 流れ:中
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)、
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)たくさん!!
ベニマツカサ、ヨゴレマツカサ、トガリエビス、
ホセキキントキの群れ、オオメカマス、ニシキヤッコ、

************************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

神出鬼没のけんごです。

この日は北アリ環礁でダイビングでした。

1本目、2本目ともにマンタ狙いでムーフシマンタポイントからスタート。
流れがほとんどなく、透明度が昨日と比較して若干悪い。

その代わり岩の上、中層では魚の量が半端じゃなかった。
特にクリーニングステーションの上ではヨスジフエダイやヒメフエダイがぐっちゃりと群れておりましたよ!!!

そして肝心のマンタは潜降なり登場!!!
ダイビングのほとんどをこのクリーニングステーションで過ごしましたが、終始マンタを見ることができました。他のダイバーもほとんどおらず、ほぼ貸切状態で見ることができたのが良かった!!

2本目はさらにマンタの数が増量!!!ダイバーの数も増量!!
そんな状況にも関わらずマンタ様でちゃんですよ!!!

クリーニングステーションにマンタが入れ替わり立ち替わり登場!!
お客様曰く、視界の中に同時に最大で5匹もいたらしいです!!
さすがに大興奮のダイビングでしたね!!!

おいら個人的にはマンタよりも
チビチビサイズのマダラトビエイが5匹!!!
ゴシキエビが同じ穴から5匹も出ている光景のほうが大興奮だったかも・・・(笑)

3本目はデェガティラ。
ここの浅場は本当に竜宮城みたいなんですよ!!!
キンギョハナダイとアカネハナゴイのインド洋バージョンでもあるインディアンフレームバスレットが乱舞乱舞。特に潮当たりが良い場所では根トップを覆い尽くすように群れております。そして水深が非常に浅いの太陽光だけで十分!!
本当にこの光景に見とれてしまうますよ。。。。

4本目はBBQアイランドの近くにあるラディガティラ。
このダイブサイトではいつもホウセキキントキの群れが見ることができます。
その数100匹オーバー。特徴のある目を剥き出しにして全員が同じ方向を向いているのでちょっと不気味かも(笑)

ダイビング中盤から後編は名物のオーバーハングエリアに突入。
これまたソフトコーラルがぎっしりなんですよね・・・・

その中に生息するオトヒメエビ、ソリハシコモンエビ、ベンテンコモンエビなど見つけるお客様。そして綺麗なウミウシも見ることができました。

この日はビーチに上陸してBBQでした!!



















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪

天候: 晴れ
気温: 27-31℃
水温: 28-29℃
透明度:20-50m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、アイマン、イヴォンヌ、マウ、しんご
 
 


2018/03/19   2018/03/17-03/23 マーレ・アリルート NO.2

この日潜ったポイント

<1> Rasdhoo Madivaru     ( Rasdhoo )
<2> Fish Head     ( North Ari )
<3> Fesdhoo Wreck     ( North Ari )
<4> Fesdhoo Goni     ( North Ari )


<1> Rasdhoo Madivaru     ( Rasdhoo )
透明度:10 - 20 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
ツバメウオ、ツムブリ、イソマグロ Big!!!
ギンガメアジの群れ、マダラトビエイ、ナポレオン、

<2> Fish Head     ( North Ari )
透明度:10 - 20 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
ベンガルスナッパーの群れ、(*ヨスジフエダイのそっくり)
ロウニンアジ、カスミアジ、バラフエダイ、
クマザサハナムロの群れ、タイマイ
バリアブルラインドフュージュラーの大群、

トンガリサカタザメ!!

<3> Fesdhoo Wreck     ( North Ari )
透明度:10 - 30 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:中
キンギョハナダイ、
インディアンフレームバスレット、
(*アカネハナゴイのインド洋型)
モルディブアネモネフィッシュ、ハナミノカサゴ、
ドラキュラシュリンプゴビー、オーロラパートナーゴビー
スパゲッティイール、チークドパイプフィッシュ、

<4> Fesdhoo Goni     ( North Ari )
透明度:10 - 20 m、 波:弱、 風:ナシ、 流れ:ナシ
ナンヨウマンタ!!(*リーフマンタレイ)

************************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

神出鬼没のけんごです。

この日はラスドゥ環礁と北アリ環礁でダイビングでした。
天候は前日に引き続き、快晴!!!
海況も波もナシ、風ナシ、のグッドコンディションでございます。

1本目はラスドゥマディヴァルからスタート。
この日はブルーウォーターでのハンマーヘッドサーチではなく、リーフ沿いをダイビング。

しばらくすると目的のオグロメジロザメが登場。
潮当たりが良い場所では常に10匹前後がおいら達の目の前で旋回を繰り返しておりました。オグロメジロザメの中には釣り針が口に刺さっている個体も。。。。

続けてマダラトビエイ、ナポレオンなどダイバーにも人気のある個体が登場してくれてお客様も大興奮!!!
そしてクライマックスにはギンガメアジの群れが登場!!!
大きさは小ぶりではありますが、数は見応えがありましたよ!

2本目はフィッシュヘッド。
言わずと知れたモルディブを代表するスーパーダイブサイト。
この日は少し残念なことに透明度が少し悪かった。

根を覆い尽くすようにヨスジフエダイのそっくりさんことベンガルスナッパーが大量発生中!!お客様の周囲を見事に取り囲んでおりました。

中層ではいつものようにクマザサハナムロやバリアブルラインドフュージュラーがこちらも大量発生中!!!そしてハンター軍団のロウニンアジやカスミアジも登場してくれました。

なんと今回のスペシャルゲストはトンガリサカタザメ!!!
最初はガイドだけが大興奮!!!
お客様は初めてみる個体なので、”????”の連続だったようです。
おいらの中ではジンベエザメよりもレアキャラだと思いますよ!!

そして最後はいつものようにタイマイとご対面。
いつも食事に没頭しているので簡単に近くまでよって写真撮影をすることができますよ!

3本目はフェスドゥレック。
少し流れがありましたが、根を上手に流れを遮るようにしてダイビング。
砂地ゾーンではドラキュラシュリンプゴビー、オーロラパートナーゴビーとご対面。ちょっと警戒心が強いでじっくりと写真撮影ができなかったのが残念。

沈船の周囲には相変わらずお魚が沢山!!
少し離れて沈船の全体像を俯瞰する人、または沈船に近づいて小さな水中生物を探す人などみんな思い思いに楽しみました。

最後はおいらの大好きなモルディブアネモネフィッシュの集合団地を見て終了。

そしてこの日の最終ダイブはフェスドゥゴニでナイトマンタに挑戦!!!
新月が近いということもあり、プランクトンの集まり具合は問題ナシ。
しかし如何せん、マンタがなかなかやってこなーーーーい(汗)

夕食後も待機をしておりましたが、マンタ様は降臨せず。。。
明日のダイビングを考慮して泣く泣く就寝することに。

そしてマンタ様がやって来たのは夜中の2時半。
さすがにダイビングはできなかったですが、眠たい目を擦りながらしっかりと目に焼き付けましたよ(笑)











※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪

天候: 晴れ
気温: 27-31℃
水温: 28-29℃
透明度:20-50m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、アイマン、イヴォンヌ、マウ、しんご
 
 


2018/03/18   2018/03/17-03/23 マーレ・アリルート NO.1

この日潜ったポイント

<1> Maagili Rock     ( North Male )
<2> Fish Tank      ( North Male )


<1> Maagili Rock     ( North Male )
透明度:30 - 40 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
ヨスジフエダイの群れ、ノコギリダイの群れ、
スパゲティイール、チンアナゴ、クダゴンベ、
ムレハタタテダイの群れ、クマザサハナムロの群れ、
ホホスジタルミの若魚、ホシテンスの幼魚、
モブラ 4匹!!

<2> Fish Tank      ( North Male )
透明度:30 - 40 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
オグロオトメエイ、マダラエイ、
ムレハタタテダイの群れ、アカモンガラ沢山!!
ハニーコムモレイ、ドクウツボ、ナミウツボ
サビウツボ、コバンザメの群れ、ナポレオン、

************************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

神出鬼没のけんごです。

今週のトリップからマーレ発着の通常ツアーに戻りました。
天気は乾期のモルディブらしく快晴が続いており、風もほとんどなし。海面もまるで鏡みたいに凪凪状態です。

今週のトリップはマーギリロックからスタート。
潜降や否や、いきなりモブラの編隊が登場!!
その後3回ぐらい単品ですが、モブラがおいら達の横を通過していきました。
幸先良好でございます。

メインの根ではヨスジフエダイがいつものようにぐっちゃり。
ブラックコーラルにはクダゴンベも健在でしたよ!!

2本目はフィッシュタンク。
相変わらずムレハタタテダイの数は半端ないです!!!
”魚圧”とも表現してもいいのかな???
本当に魚の数に圧倒されて後ずさりしそうになりますよ。。。

この日もオグロオトメエイ祭り!!!
右から左からそして下から。。。
湧いて出るわ、湧いて出るわ。。。
マダラエイの姿もちらほら。。。

そしてフィッシュタンク名物??のコバンザメの群れも登場!!
こちらも何度もダイブサイト近辺を往復を繰り返しておりました。

この日は前日のフライトが夜遅くに到着したということもあり、ダイビングは2本で終了。











※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪

天候: 晴れ
気温: 27-31℃
水温: 28-29℃
透明度:20-50m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、アイマン、イヴォンヌ、マウ、しんご
 
 


2018/03/17   2018/03/10-03/17 赤道スペシャル<4>(ガーフ→マーレ) 速報

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

神出鬼没のけんごです。

今年もこの時期がやってきました!!
モルディブの年に一度のスペシャルトリップ!
今週はその第四弾!!!

今週のトリップは通常のルートとは異なり、国内線を利用してマーレからガーフ環礁にあるクッドゥまで移動。そしてダイビングを続けながらガーフ環礁をスタートしてラーム環礁、タア環礁、ミーム環礁、そしてヴァーブ環礁までダイビングをしながら移動する特別ルートでした。

今週のトリップは初日から大物が続出!!
チェックダイブでいきなりサメ三昧かと思いきや、2本目にいきなりジンベエザメとタイガーシャークも登場!!!

ガーフ環礁では
オグロメジロザメ、ハンマーヘッドの群れ、ギンガメアジの群れなどをゲット!!

今シーズン一番苦戦続きだったナイトジンベエ。
3度目の正直でジンベエザメも無事に登場してくれました!!!


その後、ダイビングでは
ナンヨウマンタ、マダラトビエイ、ハシナガイルカ、ナポレオンなどなど毎日が驚きの連続でしたよ!!!

ツアーの詳細はまた後日報告させていただきます。























※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪

天候: 晴れ
気温: 27-31℃
水温: 28-29℃
透明度:20-50m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、アイマン、イヴォンヌ、マウ、しんご
 
 


2018/03/16   2018/03/10-03/17 赤道スペシャル<4>(ガーフ→マーレ) NO.6

この日潜ったポイント

<1> Fotteyo     ( Vaavu )
<2> Golden Wall     ( Vaavu )
<3> Miyaru Kandu     ( Vaavu )


<1> Fotteyo     ( Vaavu )
透明度:40 - 50 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
オグロメジロザメ(*ブラックチップリーフシャーク)
ギンガメアジの群れ、イソマグロ、
ロウニンアジ、クマザサハナムロの群れ、
バリアブルラインドフュージュラーの群れ、
キツネフエフキの群れ、ロウニンアジ、
レスプレンデントアンティアス
(*フチドリハナダイのインド洋型)

<2> Golden Wall     ( Vaavu )
透明度:40 - 50 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
オグロメジロザメ(*ブラックチップリーフシャーク)
イソマグロ、カスミアジ、ギンガメアジの群れ、
オオメカマスの群れ、キンギョハナダイ、
ハナダイギンポ、アザハタ、ハチモンジウツボ、
インディアンフレームバスレット
(*アカネハナゴイのインド洋型)

<3> Miyaru Kandu     ( Vaavu )
透明度:40 - 50 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
オグロメジロザメ(*ブラックチップリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
イソマグロ、ギンガメアジの群れ、マダラトビエイ、
クロヒラアジの群れ、ロウニンアジ、ツムブリ、
エクスクイジットファイヤーフィッシュ
(*アケボノハゼのインド洋型)

************************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

神出鬼没のけんごです。

今年もこの時期がやってきました!!
モルディブの年に一度のスペシャルトリップ!
今週はその第四弾!!!

今週のトリップは通常のルートとは異なり、国内線を利用してマーレからガーフ環礁にあるクッドゥまで移動。そしてダイビングを続けながらガーフ環礁をスタートしてラーム環礁、タア環礁、ミーム環礁、そしてヴァーブ環礁までダイビングをしながら移動する特別ルートでした。

本日はトリップ最終日。
この日はヴァーブ環礁でのダイビングとなりました。

まずはフォッテヨからスタート!!
ブルーウォーターでのハンマーヘッドサーチではなく、チャネルを攻めます!
このダイブサイトには多数のオーバーハングが点在し、その中はソフトコーラルでぎっsり!まるで天井からシャンデリアの様に下がってるソフトコーラルはお客様もうっとり見入ってます。

今回は少し深場でハナダイの仲間を探索することに。。。
今回発見できた子はレスプレンデントアンティアス。
フチドリハナダイのインド洋ヴァージョン。背ビレ付近が少し黄色く点がことなります。オスの胸ビレは縁取りがあります。もう少しじっくり見たかった(汗)

続けて通称、アケボノの穴に到達。
水深25mの場所にアケボノハゼ(→正式には エクスクイジットファイヤーフィッシュ、アケボノハゼのインド洋バージョン)の集団団地があります。
約5mくらいの小さな場所に10匹くらいはいたのでは??
お客様とニヤニヤしながら写真を撮影しておりましたよ(笑)

ちなみにいつものオグロメジロザメ、ギンガメアジ、ロウニンアジなどは健在ですよ!

2本目はゴールデンウォール。
これまたチェネル内の壁沿いにソフトコーラルがぎっしり!!
そしてその上を無数のキンギョハナダイ、インディアンフレームバスレットが乱舞。よ〜く目を凝らして観察して見るとこれまたおいらの大好きなハナダイギンポが混ざって泳いでおりました。

3本目はミヤルカンドゥ。
この1本のダイビングで今週のトリップが凝縮されてような感じ。
流れもほんとなく、透明度も良好!!!
オグロメジロザメは沢山!!
大きなイソマグロが何度も往来を繰り返す。
マダラトビエイも優雅に漂いながら登場!!!
水底付近ではギンガメアジとクロヒラアジの大連合が集結!!!

うまく表現はできませんが、本当にダイビングをしていて気持ちが良かった!!!
こんな感じで赤道スペシャルトリップはグランドフィナーレ!!

ご参加いただいた皆様!!!
この度は、数あるダイブクルーズの中からFUN AZUL FLEET MALDIVESをお選びいただき、誠にありがとうございました!

またいつかみなさまとご一緒できる日を楽しみに、
クルー 一同みなさまのお帰りを心よりお待ちしております!























※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪

天候: 晴れ
気温: 27-31℃
水温: 28-29℃
透明度:20-50m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、アイマン、イヴォンヌ、マウ、しんご
 
 


2018/03/15   2018/03/10-03/17 赤道スペシャル<4>(ガーフ→マーレ) NO.5

この日潜ったポイント

<1> Dhiyamigili Kandu     ( Thaa )
<2> Olhugiri Kandu     ( Thaa )
<3> Kurali Manta Point     ( Meemu )


<1> Dhiyamigili Kandu     ( Thaa )
透明度:40 - 50 m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
ムロアジの群れ、
ツムブリ、テングハギモドキ、
ヒメイトマキエイ(*モブラ)

<2> Olhugiri Kandu     ( Thaa )
透明度:20 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
オグロメジロザメ(*ブラックチップリーフシャーク)
イソマグロ、カッポレ、ギンガメアジの群れ、
モルディブアネモネフィッシュ、クロコショウダイ、
チョウチョウコショウダイ、コラーレバタフライフィッシュの群れ
マダガスカルバタフライフィッシュ、

<3> Kurali Manta Point     ( Meemu )
透明度:10 - 20 m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
ナンヨウマンタ!!(*リーフマンタレイ)
マダラエイ、マダラトビエイ、ツカエイ、
トゲチョウチョウウオの“群れ”
チンアナゴ、オーロラパートナーゴビー、
テンスの幼魚、ハナダイギンポ、
スカシテンジクダイ&キンメモドキ、

***********************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

神出鬼没のけんごです。

今年もこの時期がやってきました!!
モルディブの年に一度のスペシャルトリップ!
今週はその第四弾!!!

今週のトリップは通常のルートとは異なり、国内線を利用してマーレからガーフ環礁にあるクッドゥまで移動。そしてダイビングを続けながらガーフ環礁をスタートしてラーム環礁、タア環礁、ミーム環礁、そしてヴァーブ環礁までダイビングをしながら移動する特別ルートでした。

この日はタア環礁とミーム環礁でダイビング。

まずは先日の3本目にダイビングを実施したディアミギリカンドゥからスタート。この日は前日とは異なりブルーウォーターでハンマーヘッドサーチダイブ。

いつものように期待と緊張が交差する微妙な雰囲気。
ツムブリやムロアジなどが多々登場してくれましたが、残念ながらハンマーヘッドは発見に至らず。。。泣

ダイビングの終盤に1匹のモブラが漂っていたのが唯一の救い??

2本目はオルギリカンドゥ。
流れがチェネルの中から外へと流れ出すアウトゴーイングカレント。
チャネル内に冠水している根を潜りながらじっくりとお魚たちを観察。
おいらの大好きな”腹黒”クマノミことモルディブアネモネフィッシュの大家族やインド洋らしい光景でもあるコラーレバタフライフィッシュの群れなどを見ることができました。

チェネルの棚付近まで流したチームはギンガメアジの大群に遭遇。
お客さん一同、大興奮でボートに戻って来ましたよ!

3本目はマンタ狙いでクラリ・マンタポイント。
ダイビング当初はマンタ以外のエイの仲間が大集合??

ゆらゆら舞ってるマダラトビエイ!!!
大きなマダラエイ!!!
尻尾に特徴があるツカエイ!!!

ダイブサイトに点在するクリーニングステーションを巡回しましたが、マンタ様は現れず。。。汗

と諦めけたその時!!?!?

ついに1匹のマンタ様が降臨してくれました。
クリーニングステーションをなんども旋回してくれたおかげでじっくり写真撮影をすることができました。



















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪

天候: 晴れ
気温: 27-31℃
水温: 28-29℃
透明度:20-50m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、アイマン、イヴォンヌ、マウ、しんご
 
 


2018/03/14   2018/03/10-03/17 赤道スペシャル<4>(ガーフ→マーレ) NO.4

この日潜ったポイント

<1> Fushi Kandu     ( Laamu )
<2> Isdhoo Muli     ( Laamu )
<3> Dhiyamigili Kandu     ( Thaa )


<1> Fushi Kandu     ( Laamu )
透明度:40 - 50 m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
オグロメジロザメ(*ブラックチップリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
イエローバックフュージュラーの群れ、
ギンガメアジ、クロヒラアジの群れ、
ムロアジの大群、イソマグロ、マダラエイ、
マダラトビエイの群れ!!

<2> Isdhoo Muli     ( Laamu )
透明度:20 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
オグロメジロザメ(*ブラックチップリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
イエローバックフュージュラーの群れ、
イソマグロ、オニカマス、タイマイ、
ギンガメアジの群れ、ツバメウオの大群、
ナポレオン BIG!!

<3> Dhiyamigili Kandu     ( Thaa )
透明度:20 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:強
オグロメジロザメ(*ブラックチップリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
バリアブルラインドフュージュラーの群れ、
クマザサハナムロの群れ、マダラエイ、
ナポレオン、カッポレ、ギンガメアジ、
イソマグロの群れ!!!

***********************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

神出鬼没のけんごです。

今年もこの時期がやってきました!!
モルディブの年に一度のスペシャルトリップ!
今週はその第四弾!!!

今週のトリップは通常のルートとは異なり、国内線を利用してマーレからガーフ環礁にあるクッドゥまで移動。そしてダイビングを続けながらガーフ環礁をスタートしてラーム環礁、タア環礁、ミーム環礁、そしてヴァーブ環礁までダイビングをしながら移動する特別ルートでした。

ガーフ環礁を後にして、ラーム環礁まで無事に移動完了。
この日はラーム環礁とタア環礁でダイビング。

1本目はフシカンドゥからスタート。
透明度も良好!!流れも程よい感!!!
エントリーをしてすぐに深場の砂地でマダラエイが休憩中。
チャネルのコーナー付近ではオグロメジロザメはちらほら。。。
流れに身を任せてチャネル沿いをゆっくり移動すると、徐々に良い潮が入り出しサメのガズも増えてくる!!!最終的にはオグロメジロザメが視界に50匹前後いたのではないでしょうか??
この潮に乗りマダラトビエイの群れまで登場!!
朝一番から大満足のダイビングとなりました。

2本目はイスドゥムリ。
ラーム環礁の北東に位置する、突き出たリーフを潜ります。
バラクーダ、ギンガメアジの群れ、その他を期待するのもいまいち。。
深場からツバメウオの大群が登場!!
その数100匹オーバー!!
さすがにこれには大興奮でしたね!

この日はナポレオン祭り!!!
このダイブサイトで観察できるナポレオンはオスが多い!!!
しかも大きさがビッグサイズの個体が多数!!
明らかに縄張り争いのような光景も見ることができました。

3本目はディアミギリカンドゥ。
ガイドのマウ曰く”オーマイゴット・カレント”

リーフ沿いをひとっ飛び!!
そのまま続けてチャネル内もひとっ飛び!!

まるで早送りのようにサメやギンガメアジ、ナポレオンが流れて行きました(笑)

チャネル内ではイソマグロの群れ???
たぶん100匹以上はいたのではないでしょうか???
おいらもこんな光景を初めて見ましたよ!!

そしてチャネル内での安全停止中では恒例のイルカの鳴き声が。。。
どんどんどんどん鳴き声が近くなってくる!!!

そして見事にハシナガイルカの群れをゲット!!!
本当にラッキーでしたね!!
♪( ´θ`)ノ

4本目はナイトジンベエに挑戦。
この日は夜中の1時ぐらいに登場してくれました!!
なんとこの日はジンベエザメが2匹も登場!(・Д・)

1匹のジンベエザメは怪我の影響?で口がきちんと閉まらない。
アイマン曰く、昨年もこのタア環礁で登場してくれた同じ個体のようです。

1匹目のジンベエザメが食いしん坊だったためにプランクトンを一飲み!
さらに大きな別のジンベエザメも登場してくれましたが、時すでに遅し?
プランクトンが少なかったために早々に消えてしまいました。。。

でも無事にナイトジンベエが成功!!!
よかった!よかった!!

















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪

天候: 晴れ
気温: 27-31℃
水温: 28-29℃
透明度:20-50m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、アイマン、イヴォンヌ、マウ、しんご
 
 


2018/03/13   2018/03/10-03/17 赤道スペシャル<4>(ガーフ→マーレ) NO.3

この日潜ったポイント

<1> Villingili Kandu     ( Gaafu )
<2> Villingili Kandu     ( Gaafu )
<3> Villingili Kandu     ( Gaafu )


<1> Villingili Kandu     ( Gaafu )
透明度:20 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
イエローバックフュージュラーの群れ、
ヒメフエダイの群れ、クロヒラアジの群れ、
ギンガメアジの群れ、ムロアジの大群、イソマグロ、

<2> Villingili Kandu     ( Gaafu )
透明度:20 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
イエローバックフュージュラーの群れ、
カッポレ、イソマグロ、ツムブリ、
ギンガメアジの群れ、マダラトビエイ、

<3> Villingili Kandu     ( Gaafu )
透明度:20 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
イエローバックフュージュラーの群れ、
バリアブルラインドフュージュラーの群れ、
クマザサハナムロの群れ、イソマグロ、
ロウニンアジ、カッポレ、

************************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

神出鬼没のけんごです。

今年もこの時期がやってきました!!
モルディブの年に一度のスペシャルトリップ!
今週はその第四弾!!!

今週のトリップは通常のルートとは異なり、国内線を利用してマーレからガーフ環礁にあるクッドゥまで移動。そしてダイビングを続けながらガーフ環礁をスタートしてラーム環礁、タア環礁、ミーム環礁、ヴァーブ環礁、そしてマーレ環礁までダイビングをしながら移動する特別ルートでした。

この日がガーフ環礁でダイビングをすることができる最終日。
全員一致で再びヴィリンギリカンドゥでダイビングをすることに。

1本目はおいら達よりも先にダイビングドーニーが数隻いたので、少しダイブサイトに到着してから待つことに。しかしほんの数分の間で流れがなんとインカミングカレントからアウトゴーイングカレントに変化してるじゃないですか!!
流れがそれほど強くなかったので、棚の部分をゆっくり泳ぐことができました。
ヒメフエダイの群れやヨスジフエダイの群れがぐっちゃり!

そして潮当たりの良い場所ではクロヒラアジ、ギンガメアジが連合軍でこれまたぐちゃり群れておりましたよ!いつもと違ったヴィリンギリカンドゥでダイビングとなりました。

2本目、3本目も続けて同じヴィリンギリカンドゥ。
お客様も地形の特徴を把握しちゃうかも???

このダイビングも例外にあらず!!
オグロメジロザメが次から次へと登場!!
本当にダイバーとの距離が近いことが特徴です。
そしてギンガメアジの大群に割って泳いでいく姿は圧巻です!

この日は珍しくガーフ環礁ではあまり見かけることが少なかったロウニンアジまで登場。時折、クマザサハナムロの大群にアタックを仕掛けておりましたよ!













※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪

天候: 晴れ
気温: 27-31℃
水温: 28-29℃
透明度:20-50m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、アイマン、イヴォンヌ、マウ、しんご
 
 


2018/03/12   2018/03/10-03/17 赤道スペシャル<4>(ガーフ→マーレ) NO.2

この日潜ったポイント

<1> Gemanafushi Kandu     ( Gaafu )
<2> Maarehaa Kandu     ( Gaafu )
<3> Nilandho Kandu     ( Gaafu )


<1> Gemanafushi Kandu     ( Gaafu )
透明度:40 - 50 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
ツムブリ、テングハギモドキ、
ハンマーヘッドの群れ!!

<2> Maarehaa Kandu     ( Gaafu )
透明度:30 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
イエローバックフュージュラーの群れ、
クマザサハナムロの群れ、ギンガメアジの大群、
マダラトビエイ、アオウミガメ、タイマイ、
ロウニンアジ、カッポレ、イソマグロ、

<3> Nilandho Kandu     ( Gaafu )
透明度:20 - 30 m、 波:中、 風:中、 流れ:強
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
イエローバックフュージュラーの群れ、
クマザサハナムロの大群、イソマグロ、
カッポレ、ギンガメアジの大群、

************************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

神出鬼没のけんごです。

今年もこの時期がやってきました!!
モルディブの年に一度のスペシャルトリップ!
今週はその第四弾!!!

今週のトリップは通常のルートとは異なり、国内線を利用してマーレからガーフ環礁にあるクッドゥまで移動。そしてダイビングを続けながらガーフ環礁をスタートしてラーム環礁、タア環礁、ミーム環礁、ヴァーブ環礁、そしてマーレ環礁までダイビングをしながら移動する特別ルートでした。

2日目の1本目は少し南下をしてゲマナフシアウトからスタート。
お客様のリクエストによりブルーウォーターでハンマーヘッドサーチダイブ。

いつものようにテングハギモドキ、ツムブリがお出迎え。
しばらくするとガイドのアイマンがダッシュしながらポイントする!
その先にはなんとハンマーヘッドの群れが!?!?
おいらが確認しただけでも20−30匹はいたのではないでしょうか??
個体によってはお客様に急接近!!
ハンマーヘッドと目が合っちゃいましたよ!

2本目はマーレハカンドゥ。
このダイブサイトはオグロメジロザメもたくさんおりますが、ギンガメアジの群れの数が本当に半端じゃありません!!!流れの強さによって深場にいるときもあれば、時々浅場まで上げってきてくれます!本当に”群れ”を通り越して”壁”ですよ!”壁”!!

そして今回もダイビングの後半はおいらの大好きなサンドバンクエリアに突入!この日はすこぶる透明度がよかった!!!
そしていつものようにアオウミガメが登場し、続いてマダラトビエイも同じく出現してくれました!!!前回出会った手のひらサイズのミニミニのマダラトビエイには会うことができず、、、、残念。

3本目はサンゴ狙いでニライドゥカンドゥでダイビング。
今回の赤道スペシャルトリップで一番流れが強かったかもしれない。
おいら達も思うように身動きが取れない。。。汗
しかしながら頑張った甲斐がありました!
オグロメジロザメが近くまで寄って来てくれましたよ!


















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪

天候: 晴れ
気温: 27-31℃
水温: 28-29℃
透明度:20-50m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、アイマン、イヴォンヌ、マウ、しんご
 
 


2018/03/11   2018/03/10-03/17 赤道スペシャル<4>(ガーフ→マーレ) NO.1

この日潜ったポイント

<1> Villingili Kandu     ( Gaafu )
<2> Villingili Kandu     ( Gaafu )
<3> Kooddoo Shark Point     ( Gaafu )


<1> Villingili Kandu     ( Gaafu )
透明度:20 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
イエローバックフュージュラーの群れ、
イソマグロ、ナポレオン、オニカマス、
ギンガメアジの群れ、オオメカマスの群れ、

<2> Villingili Kandu     ( Gaafu )
透明度:20 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
イエローバックフュージュラーの群れ、
カッポレ、イソマグロ、ナポレオン、
ギンガメアジの群れ、マダラトビエイ、

ジンベエザメ!!!
イタチザメ!!! (*タイガーシャーク)

<3> Kooddoo Shark Point     ( Gaafu )
透明度:10 - 20 m、 波:小、 風:弱、 流れ:ナシ
カマストガリザメ(*ブラックチップシャーク)
ハナザメ(*スピナーシャーク)


************************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

神出鬼没のけんごです。

今年もこの時期がやってきました!!
モルディブの年に一度のスペシャルトリップ!
今週はその第四弾!!!

今週のトリップは通常のルートとは異なり、国内線を利用してマーレからガーフ環礁にあるクッドゥまで移動。そしてダイビングを続けながらガーフ環礁をスタートしてラーム環礁、タア環礁、ミーム環礁、ヴァーブ環礁、そしてマーレ環礁までダイビングをしながら移動する特別ルートでした。

今週のトリップもマーレからガーフ環礁までは国内線で移動。
前回に引き続き遅延することなく、時間通りに到着!!
やればできるじゃん!!モルディヴィアン・アエロ!!

そんなこんなで早々にボートブリーフィングとセイフティーブリーフィングを終え、早速チェックダイブへ!!!

1本目はヴィリンギリカンドゥからスタート。
最初はリーフエリアで肩慣らしをした後は、エッジエリアに移動することに。
流れもほとんどなく、透明度も良好!!!

オグロメジロザメがわんさか!!!
ギンガメアジも棚の底から湧いてくるイメージ!!
巨大なイソマグロもビュンビュン泳いでおりましたよ!

お客様は曰く、
”チェックダイブからこんなにたくさんのサメを見てしまってもいいんですか??”

おいらの返答は
”問題ありません!!いいんですーーー!!”

そして2本目も続けて同じヴィリンギリカンドゥ。
1本目よりもさらにすごいことになっておりました!!
棚の上で待っているとオグロメジロザメが何度も左右から往復を繰り返しながら、おいら達の目の前を通過。

そんな状態で待っていると突然、ギンガメアジの大群が逃げ惑う??
そして何か大きな巨大な影がこちらに向かってくる??
おいらは最初ジンベエザメ?と思っておりましたが、近づいてくるとジンベエ柄じゃない。正体はなんとタイガーシャーク!!
思わずレギュレーター越しに絶叫しちゃいましたよ!
10匹前後のオグロメジロザメを子分に従えておりました。
ほんの数分の出来事でしたが、背筋に衝撃が走りましたね!

そして安全停止前にはなんとジンベエザメまで登場!!!
初日からかなりのハイペースじゃありませんか??

※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪

3本目はクッドゥシャークポイント。
今回もエントリーするとたくさんのカマストガリザメとハナザメがお出迎え。すでにエンジン音で反応しちゃうのかな???
これまたサメ好きにはたまらない!?!?
近距離でじっくりと観察することができました。













※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪

天候: 晴れ
気温: 27-31℃
水温: 28-29℃
透明度:20-50m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、アイマン、イヴォンヌ、マウ、しんご
 
 


2018/03/10   2018/03/03-03/10 赤道スペシャル<3>(アッドゥ→ガーフ) 速報

お久しぶりです。
お元気ですか?

神出鬼没のけんごです。

今年もこの時期がやってきました!!
モルディブの年に一度のスペシャルトリップ!
今週はその第三弾!!!

今週のトリップは通常のルートとは異なり、国内線を利用してマーレからアッドゥ環礁にあるガンまで移動。そしてダイビングを続けながら赤道付近にあるガーフ環礁までダイビングをしながら移動する特別ルートでした。

今週は満月後の大潮周りということもあり、時折流れが強いダイブサイトもありましたが、この潮流が数多くの大物?幸運をもたらしてくれましたよ!

フヴァンムラでは合計6本のダイビングを行いましたが、すべてのダイビングにおいてタイガーシャークを見ることができました!!

今回のフヴァンムラではタイガーシャークだけでなく、ハンマーヘッドの群れも!
お客様のみならず、ガイド人も大興奮!!!

ガーフ環礁ではチャネルダイブがメインとなりますが、

オグロメジロザメがうじゃうじゃ。。。
マダラトビエイの群れもひらひら。。。。
ギンガメアジの群れのわらわら。。。

先週のトリップでは一番苦戦をしたナイトジンベエもあっさり登場。
ガイド陣一同、胸をなでおろしましたよ(笑)

今回は移動中にハシナガイルカの大群を発見!!!
ダイビングドーニーの周辺がイルカだらけ!!!
実際にイルカスノーケリングを楽しんだメンバーからの報告では水中もまるでイルカの川が流れているようだったようです。

そして安全停止前には水中でもハシナガイルカを目撃!!
ずっとイルカの鳴き声が聞こえているんですよ!!!

ツアーの詳細はまた後日報告させていただきます。

今週のトリップが赤道スペシャルの最終トリップ!
今回は何が待っているのかな??
安全第一でマーレまで戻ります!!!





















報告者 けんご
 
 


2018/03/09   2018/03/03-03/10 赤道スペシャル<3>(アッドゥ→ガーフ) NO.6

この日潜ったポイント

<1> Villingili Kandu     ( Gaafu )
<2> Villingili Kandu     ( Gaafu )


<1> Villingili Kandu     ( Gaafu )
透明度:20 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
オグロメジロザメ(*ブラックチップリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
イエローバックフュージュラーの群れ、
イソマグロ、マダラトビエイ、ナポレオン、
ギンガメアジの群れ、オオメカマスの群れ、
オニカマス、ハナヒゲウツボ、

<2> Villingili Kandu     ( Gaafu )
透明度:20 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
オグロメジロザメ(*ブラックチップリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
ヒメイトマキエイ(*モブラ)
イエローバックフュージュラーの群れ、
カッポレ、イソマグロ、モブラ
ギンガメアジの群れ、マダラトビエイ、
アオウミガメ BIG!!

カジキ&バショウカジキ


************************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

神出鬼没のけんごです。

今年もこの時期がやってきました!!
モルディブの年に一度のスペシャルトリップ!
今週はその第三弾!!!

今週のトリップは通常のルートとは異なり、国内線を利用してマーレからアッドゥ環礁にあるガンまで移動。そしてダイビングを続けながら赤道付近にあるガーフ環礁までダイビングをしながら移動する特別ルートでした。

この日がトリップ最終日。
ヴィリンギリカンドゥで合計2本のダイビングを行いました。

流れが強くもなく、弱くもなく、本当に絶妙な感じ。
それでいてチャネル内のエッジ部分ではサメや魚がたくさん!!
普段は深場で群れていることが多かったギンガメアジも浅場まで移動。
オグロメジロザメと入り混じりながら泳いでいましたよ。
そのオグロメジザメも同様にかなり浅場まで移動。
本当においら達の目の前をなんども往復しくれました。
一応、いつものハナヒゲウツボにも挨拶をしておきましたよ(笑)

2本目はさらにサメサメ三昧のダイビング!
オグロメジロザメが集団で移動をくり返えし、手を伸ばせば本当に届きそうな距離まで大接近!!!
おいら達もほとんど泳ぐことなく、たくさんのサメに出会うことができましたよ。

ご参加いただいた皆様!!!
この度は、数あるダイブクルーズの中からFUN AZUL FLEET MALDIVESをお選びいただき、誠にありがとうございました!

またいつかみなさまとご一緒できる日を楽しみに、
クルー 一同みなさまのお帰りを心よりお待ちしております!

















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪

天候: 晴れ
気温: 27-31℃
水温: 28-29℃
透明度:20-50m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、アイマン、イヴォンヌ、マウ、しんご
 
 


2018/03/08   2018/03/03-03/10 赤道スペシャル<3>(アッドゥ→ガーフ) NO.5

この日潜ったポイント

<1> Nilandho Kandu     ( Gaafu )
<2> Kuredhdhoo Kandu     ( Gaafu )
<3> Villingili Kandu     ( Gaafu )
<4> Kooddoo Shark Point     ( Gaafu )


<1> Nilandho Kandu     ( Gaafu )
透明度:40 - 50 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
オグロメジロザメ(*ブラックチップリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
イエローバックフュージュラーの群れ、
クマザサハナムロの群れ、ギンガメアジの大群、
マダラトビエイ、アオウミガメ、
ナポレオン、カッポレ、イソマグロ、

ハシナガイルカの大群!!

<2> Kuredhdhoo Kandu     ( Gaafu )
透明度:30 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:強
ツムブリの群れ、ナポレオン、
タイマイ&アオウミガメ、
ヨスジフエダイの群れ、ノコギリダイの群れ、
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
トラフザメ!!!(*ゼブラシャーク)

<3> Villingili Kandu     ( Gaafu )
透明度:20 - 30 m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
オグロメジロザメ(*ブラックチップリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
イエローバックフュージュラーの群れ、
イソマグロ BIG!!!
カッポレ、カスミアジ、ロウニンアジ、
ギンガメアジの群れ、オニカマス、

ハシナガイルカの群れ!!!

<4> Kooddoo Shark Point     ( Gaafu )
透明度:10 - 20 m、 波:小、 風:弱、 流れ:ナシ
カマストガリザメ(*ブラックチップシャーク)
ハナザメ(*スピナーシャーク)

************************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

神出鬼没のけんごです。

今年もこの時期がやってきました!!
モルディブの年に一度のスペシャルトリップ!
今週はその第三弾!!!

今週のトリップは通常のルートとは異なり、国内線を利用してマーレからアッドゥ環礁にあるガンまで移動。そしてダイビングを続けながら赤道付近にあるガーフ環礁までダイビングをしながら移動する特別ルートでした。

1本目はニライドゥカンドゥからスタート。
このニランドゥ島は我らがアビード隊長のホームアイランドになります!

流れもほとどく、透明度も良好!
潮あたりの良い場所ではオグロメジロザメのおいら達の目の前を行ったり来たり。
サメの数は多かったけど、ダイバーとの距離があったのが少し残念。
オグロメジロザメ以外に大きなナポレオン、極太のイソマグロ、ギンガメアジの群れをじっくり見ることができました。

1本目終了後、ハシナガイルカの超超超大群を発見!!
誇張表現かもしれませんが、360度ダイビングドーニーの周囲を囲まれました。これは先回りしてスノーケリングをするしかないでしょう!!!!
実際にイルカスノーケリングを楽しんだメンバーからの報告では水中もまるでイルカの川が流れているみたいだったらしい。。。

2本目はクレドゥカンドゥ。
チャネルエッジ半分、ニランドゥ島の北側のとてもきれいなリーフ半分のダイブプラン。想定外の強い流れの影響によりエッジで滞在することができなかったので、一気にチャネル内に突入。ラッキーなチームは水底で休息中のトラフザメを発見!!!
リーフエリアではヨスジフエダイがたくさん!!
タイマイ&アオウミガメもたくさん見ることができました。

3本目はヴィリンギリカンドゥへ!!
流れも少し収り、サメものんびりな感じ。
ガーフ環礁ではあまり見かけることが少なかったロウニンアジが登場!!
幾度となくクマザサハナムロの群れに向かって突撃を繰り返しておりました。

このダイビングでは安全停止中にハシナガイルカの群れが登場!!
ずっとイルカの鳴き声が聞こえていたのでもしかしたらこれは!?!?と希望をいただいていたら現実となりました。

4本目はクッドゥシャークポイント。
これまた近くに魚の加工工場がある影響?でエントリーするとすでにサメがうじゃうじゃ!!!!

今回もたくさんのハナザメとカマストガリザメがおいら達を出迎えてくれました。
間近でみると本当に迫力があるんですよね!!!!





















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪

天候: くもり
気温: 27-31℃
水温: 28-29℃
透明度:20-50m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、アイマン、イヴォンヌ、マウ、しんご
 
 


2018/03/07   2018/03/03-03/10 赤道スペシャル<3>(アッドゥ→ガーフ) NO.4

この日潜ったポイント

<1> Gemanafushi Kandu     ( Gaafu )
<2> Maarehaa Kandu     ( Gaafu )
<3> Maarehaa Kandu     ( Gaafu )
<4> Boaddoo     ( Gaafu )


<1> Gemanafushi Kandu     ( Gaafu )
透明度:40 - 50 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
ツムブリ、テングハギモドキ、
カマスサワラ、
ハンマーヘッドシャーク!

<2> Maarehaa Kandu     ( Gaafu )
透明度:30 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
オグロメジロザメ(*ブラックチップリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
イエローバックフュージュラーの群れ、
クマザサハナムロの群れ、ギンガメアジの大群、
マダラトビエイ、アオウミガメ、
カスミアジ、カッポレ、イソマグロ、

<3> Maarehaa Kandu     ( Gaafu )
透明度:20 - 30 m、 波:中、 風:中、 流れ:強
オグロメジロザメ(*ブラックチップリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
イエローバックフュージュラーの群れ、
クマザサハナムロの大群、 イソマグロ、
イソマグロ、カッポレ、アオウミガメ、
ギンガメアジの大群、

<4> Boaddoo     ( Gaafu )
透明度:10 -15 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
ジンベエザメ!!!
コバンザメ、ハシナガイルカ

************************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

神出鬼没のけんごです。

今年もこの時期がやってきました!!
モルディブの年に一度のスペシャルトリップ!
今週はその第三弾!!!

今週のトリップは通常のルートとは異なり、国内線を利用してマーレからアッドゥ環礁にあるガンまで移動。そしてダイビングを続けながら赤道付近にあるガーフ環礁までダイビングをしながら移動する特別ルートでした。

この日はガーフ環礁まで移動して、ゲマナフシからスタート。
朝一番でブルーウォーターでのサーチダイブ。

おいら達以外にもダイビングドーニーがたくさん。
みんな目的は同じなんですね!!!

ブルーウォーターをアイマンを先頭にして編隊を組んでサーチダイブ開始。
早々にアイマンがポイントしながらダッシュをかける。
そこにはハンマーヘッドの姿が!!!

幸先良く発見することができましたが、この後が続かなかった。
何か出そうな雰囲気はあったのになぁ。。。。

2本目、3本目はマーレハーカンドゥ。
このダイブサイトのギンガメアジの群れは一見ありです!!!
”群れ”を通り越して正直言って”壁”です。
流れの強さによって水深が深い場所で群れていることもあれば、ダイバーの泳ぐレベルの浅場まで移動していることもあります。

実際、2本目はこのギンガメアジの”壁”をかなり近い場所で、3本目は流れが強かったために少し深い場所で確認することができました。

そして常連メンバーでもあるオグロメジロザメ、イソマグロ、カスミアジなどもたくさん!!!
個人的には潮当たりの良い場所でカスミチョウチョウウオのインド洋バージョンでもあるブラックピラミッドバタフライフィッシュが綺麗な群れを形成しているのが印象的でした。

マーレハーカンドゥはチャネルだけではありません。
チャネル内のリーフ沿いにサンドバンクが存在し、果てしなく続く白い砂地に両サイドを岩もしくはサンゴに囲まれておます。まるでスノーボードのハーフパイプのよう?

そしてこのサンドバンク地帯ではなぜかアオウミガメとタイマイがたくさん!そして大小様々な個体をみることができました。

同様に高確率でマダラトビエイも見ることができ、この日も数回マダラトビエイを見ることができました。中にはおいらの手のひら2つ分ぐらいしかないミニミニサイズのマダラトビエイも登場!!本当に小さくて可愛かった!!

4本目はボッドゥでナイトジンベエに挑戦。
この日もライバルクルーズが多い。。。(泣)

涙雨が降り始めたかと思いきや、23時ごろにジンベエザメが登場!!
今回登場してくれた個体は7−8mの少し大きいサイズ。
本当によかった!よかった!!♪( ´θ`)ノ



















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪

天候: くもり
気温: 27-31℃
水温: 28-29℃
透明度:20-50m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、アイマン、イヴォンヌ、マウ、しんご
 
 


2018/03/06   2018/03/03-03/10 赤道スペシャル<3>(アッドゥ→ガーフ) NO.3

この日潜ったポイント

<1> Fuvahmulah     ( Fuvahmulah )
<2> Fuvahmulah     ( Fuvahmulah )
<3> Fuvahmulah     ( Fuvahmulah )


<1> Fuvahmulah     ( Fuvahmulah )
透明度:20 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
イタチザメ(*タイガーシャーク)
オニカマス(*グレートバラクーダ)
ハンマーヘッドシャークの“群れ“
ツマジロ 沢山!!(*シルバーチップシャーク)

<2> Fuvahmulah     ( Fuvahmulah )
透明度:20 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
イタチザメ(*タイガーシャーク)
オニカマス(*グレートバラクーダ)
ハンマーヘッドシャーク!!
ツマジロ(*シルバーチップシャーク)

<3> Fuvahmulah     ( Fuvahmulah )
透明度:10 - 30 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
イタチザメ(*タイガーシャーク)
ツマジロ 沢山!!(*シルバーチップシャーク)
ハンマーヘッドシャーク!!
オニカマス

************************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

神出鬼没のけんごです。

今年もこの時期がやってきました!!
モルディブの年に一度のスペシャルトリップ!
今週はその第三弾!!!

今週のトリップは通常のルートとは異なり、国内線を利用してマーレからアッドゥ環礁にあるガンまで移動。そしてダイビングを続けながら赤道付近にあるガーフ環礁までダイビングをしながら移動する特別ルートでした。

この日は前日に引き続きフヴァンムラでダイビング。
前日同様にこのフヴァンムラで合計3本!

コンディションは前日同様に良好!!

1本目はタイガーシャークのみならず、ハンマーヘッドの群れをゲット。
お客様は曰く、モルディブでこんなにたくさんのハンマーヘッドの群れを見たのは初めて!!

これまた前日同様にタイガーシャークはこのサーモを嫌っているのかな??
ダイバーと同じ水深の25m前後で登場。

タイガーシャークがツマジロに混ざって泳いでいる光景は圧巻。
勝手にダースベイダーの登場曲を被せてしまってこの光景に見とれてしまっておりました。(笑)

この日はサーモクラインの影響が一番ひどかった3本目がベストのダイビング!
タイガーシャークが次から次から、、、
3匹同時に出た時はさすがにおったまげましたよ!!!!

これまた本当に大興奮!大満足の1日でしたよ♪( ´θ`)ノ


※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪

天候: くもり
気温: 27-31℃
水温: 28-29℃
透明度:20-50m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、アイマン、イヴォンヌ、マウ、しんご













※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪

天候: 晴れ
気温: 27-31℃
水温: 28-29℃
透明度:20-50m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、アイマン、イヴォンヌ、マウ、しんご
 
 


2018/03/05   2018/03/03-03/10 赤道スペシャル<3>(アッドゥ→ガーフ) NO.2

この日潜ったポイント

<1> Fuvahmulah     ( Fuvahmulah )
<2> Fuvahmulah     ( Fuvahmulah )
<3> Fuvahmulah     ( Fuvahmulah )


<1> Fuvahmulah     ( Fuvahmulah )
透明度:20 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
イタチザメ(*タイガーシャーク)
オニカマス(*グレートバラクーダ)
ハンマーヘッドシャークの"群れ"
ツマジロ 沢山!!(*シルバーチップシャーク)

<2> Fuvahmulah     ( Fuvahmulah )
透明度:20 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
イタチザメ(*タイガーシャーク)
オニカマス(*グレートバラクーダ)
ハンマーヘッドシャーク
ツマジロ(*シルバーチップシャーク)

<2> Fuvahmulah     ( Fuvahmulah )
透明度:20 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
イタチザメ(*タイガーシャーク)

************************

お久しぶりです。
お元気ですか?

神出鬼没のけんごです。

今年もこの時期がやってきました!!
モルディブの年に一度のスペシャルトリップ!
今週はその第三弾!!!

今週のトリップは通常のルートとは異なり、国内線を利用してマーレからアッドゥ環礁にあるガンまで移動。そしてダイビングを続けながら赤道付近にあるガーフ環礁までダイビングをしながら移動する特別ルートでした。

この日はトリップのメインイベントでもあるフヴァンムラでダイビング。

先週のトリップでは海全体が上下しているよなうねりに悩ませられましたが、今週のトルップではベタベタ凪状態!!!

この日はこのフヴァンムラで合計3本!

1本目は少しサーモの影響がありましたが、透明度は良好!
2本目はサーモがかなり下がって一番良かった。。。
3本目は再びサーモが上げってきて透明度は少し悪かった。

タイガーシャークはこのサーモを嫌っているのかな??
ダイバーと同じ水深の25m前後で登場してくれるときもあれば、水底で泳いでいるシーンも多々見ることができました。

何回見てもあの独特のフォルム、トラ柄模様、そして恫喝的な目を見てしまうと畏怖の念を感じずにはいられません。

1本目では見事にハンマーヘッドの群れをゲット!!
前方にハンマーヘッドを確認することができたので、近づいて見るとさらに奥にはハンマーヘッドの群れが!?!?
お客様曰く、20−30匹前後。ガイドのアイマン曰く50匹前後いたようです。

ツマジロことシルバーチップシャークもちらほら。
たぶんタイガーシャークと同じもしくはそれ以上目撃することができたのではないでしょうか??

本当に大興奮!大満足の1日でしたよ♪( ´θ`)ノ













※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪

天候: 晴れ
気温: 27-31℃
水温: 28-29℃
透明度:20-50m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、アイマン、イヴォンヌ、マウ、しんご
 
 


2018/03/04   2018/03/03-03/10 赤道スペシャル<3>(アッドゥ→ガーフ) NO.1

この日潜ったポイント

<1> British Loyalty Wreck      ( Addu )
<2> Maa Kandu Manta Point     ( Addu )


<1> British Loyalty Wreck      ( Addu )
透明度:10 - 30 m、 波:小、 風:弱、 流れ:ナシ
モルディブアネモネフィッシュ、
クダゴンベ、タイマイ、
ムカデミノウミウシ、スカシテンジクダイ、
エヴァンスアンティアス、アカヒメジの群れ、
クジャクススメダイ、アカメハゼ、

<2> Maa Kandu Manta Point     ( Addu )
透明度:20 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
オグロメジロザメ(*ブラックチップリーフシャーク)
ナポレオン、カッポレ、カスミアジ、
ノコギリダイの群れ、エヴァンスアンティアス、
ツカエイ、タイマイ、マダラタルミの群れ、
パウダーブルーサージョンフィッシュの"小"群れ、

************************

お久しぶりです。
お元気ですか?

神出鬼没のけんごです。

今年もこの時期がやってきました!!
モルディブの年に一度のスペシャルトリップ!
今週はその第三弾!!!

今週のトリップは通常のルートとは異なり、国内線を利用してマーレからアッドゥ環礁にあるガンまで移動。そしてダイビングを続けながら赤道付近にあるガーフ環礁までダイビングをしながら移動する特別ルートでした。

この日の午前中にお客様をガン空港でピックアップ。
モルディブの国内線も遅延することなく、無事に全員到着。

今週のトリップではありがたいことに数多くのリピーターが乗船。挨拶も”はじめまして”だけでなく”おかえりーーー”や”お久しぶりーー♪”という声も多々聞こえてきましたよ!

早々にボートブリーフィングを終え、チャックダイブへ!!!

1本目はブリティッシュロイヤルティ・レックからスタート。
第二次世界大戦後1946年に沈没したイギリス国籍の石油タンカーならびに物資貯蔵船です。
昔は水底に着底していたようですが、現在は左舷側を上にして横たわっております。自沈処理されてからかなりの年月が経過しているため、この沈船には数多くのサンゴが付着しており、特に浅場のテーブルサンゴは一見の価値がありますよ!!

ダイビング自体は流れをそれほど気にすることなく、インド洋ならびにモルディブ固有種をじっくり観察。
クダゴンベやムカデミノウミウシなどの小さな生物。
おいらが個人的に大好きなアカメハゼもたくさん見ることができました。

2本目はマーカンドゥ・マンタポイント。
サーモクライン、流れの影響に透明度が良くなかった。
マンタの代わりにやってきたのはなんと大きなツカエイでした。
残念ながらマンタ様は降臨せず。。。。(泣)

透明度が悪かったので、クリーニングステーションは早々に諦めて浅場のサンゴが綺麗なエリアへ移動。まだ手付かずのテーブルサンゴや枝サンゴ、そしてリュウキュウキッカサンゴが辺り一面に広がっておりました。

これまた是非とも後世に残したいシーンの一つです。
本当にアッドゥ環礁のダイビングサイトのサンゴの素晴らしさには驚かされました。



















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪

天候: 晴れ
気温: 27-31℃
水温: 28-29℃
透明度:20-50m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、アイマン、イヴォンヌ、マウ、しんご
 
 


2018/03/03   2018/02/24-03/03 赤道スペシャル<2>(ガーフ→アッドゥ) 速報

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

神出鬼没のけんごです。

今年もこの時期がやってきました!!
モルディブの年に一度のスペシャルトリップ!
今週はその第二弾!!!

今週のトリップは通常のルートとは異なり、国内線を利用してマーレからガーフ環礁にあるクッドゥ環礁まで移動。そしてダイビングを続けながら赤道付近にあるアッドゥ環礁までダイビングをしながら移動する特別ルートでした。

トリップ中は風と波はほとんどなくモルディブのベストコンディション!!

今週のトリップはチェネルダイブがメイン!!

オグロメジロザメ、ギンガメアジがたくさん!!!

水中ジンベエも登場!!


そして赤道を縦断し、南半球にあるフヴァンムラ環礁では念願のイタチザメことタイガーシャークやハンマーヘッド、ツマジロなども登場してくれました!

ツアーの詳細はまた後日報告させていただきます。























報告者 けんご
 
 


2018/03/02   2018/02/24-03/03 赤道スペシャル<2>(ガーフ→アッドゥ) NO.6

この日潜ったポイント

<1> Fuvahmulah     ( Fuvahmulah )
<2> Fuvahmulah     ( Fuvahmulah )


<1> Fuvahmulah     ( Fuvahmulah )
透明度:20 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
イタチザメ(*タイガーシャーク)
オニカマス(*グレートバラクーダ)
ハンマーヘッドシャーク
ツマジロ 沢山!!(*シルバーチップシャーク)

<2> Fuvahmulah     ( Fuvahmulah )
透明度:20 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
イタチザメ(*タイガーシャーク)
オニカマス(*グレートバラクーダ)
ハンマーヘッドシャーク
ツマジロ(*シルバーチップシャーク)
オニイトマキエイ!!!(*ジャイアントマンタレイ)

************************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

神出鬼没のけんごです。

今年もこの時期がやってきました!!
モルディブの年に一度のスペシャルトリップ!
今週はその第二弾!!!

今週のトリップは通常のルートとは異なり、国内線を利用してマーレからガーフ環礁にあるクッドゥまで移動。そしてダイビングを続けながら赤道付近にあるアッドゥ環礁までダイビングをしながら移動する特別ルートでした。

トリップ最終日は再びフヴァンムラ環礁。
翌日のフライトの関係上、午前中に2本のダイビング。

前日と比較して透明度も良く、サーモクラインの影響もマシ。
イタチザメことタイガーシャークも浅場まで移動してきており、至近距離で目撃!!!

この日はタイガーシャーク以外にもツマジロもたくさん!!

クリーニングをされていたのかな??
一箇所に10匹前後で固まって泳いでいる場所がありました。

またタイガーシャークがまるで子分のようにこのツマジロを従えて泳いでいる光景なども見ることができましたよ!!!

この日はハンマーヘッドは単体のみ。
先日のようにハンマーの集団には出会うことはありませでした。

タイガーシャークと思って近づいて見ると、そこには極太のオニカマスが。。。
これまた他では見ることができないくらい太っているんですよね!

イヴォンが担当していた香港チームはなんとオニイトマキエイをゲット!これまたなんとも羨ましい限りでございます!!!

ご参加いただいた皆様!!!
この度は、数あるダイブクルーズの中からFUN AZUL FLEET MALDIVESをお選びいただき、誠にありがとうございました!

またいつかみなさまとご一緒できる日を楽しみに、
クルー 一同みなさまのお帰りを心よりお待ちしております!













天候: 晴れ
気温: 27-31℃
水温: 28-29℃
透明度:20-50m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、アイマン、イヴォンヌ、マウ、
 
 


2018/03/01   2018/02/24-03/03 赤道スペシャル<2>(ガーフ→アッドゥ) NO.5

この日潜ったポイント

<1> Fuvahmulah     ( Fuvahmulah )
<2> Fuvahmulah     ( Fuvahmulah )
<3> Fuvahmulah     ( Fuvahmulah )


<1> Fuvahmulah     ( Fuvahmulah )
透明度:20 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
イタチザメ(*タイガーシャーク)
ハンマーヘッドシャーク
オニカマス(*グレートバラクーダ)
イソマグロ 超BIG!!
ツマジロ(*シルバーチップシャーク)

<2> Fuvahmulah     ( Fuvahmulah )
透明度:20 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
イタチザメ(*タイガーシャーク)
ハンマーヘッドシャーク
オニカマス(*グレートバラクーダ)
ツマジロ(*シルバーチップシャーク)

<3> Fuvahmulah     ( Fuvahmulah )
透明度:20 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
オニカマス(*グレートバラクーダ)
ツマジロ(*シルバーチップシャーク)

************************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

神出鬼没のけんごです。

今年もこの時期がやってきました!!
モルディブの年に一度のスペシャルトリップ!
今週はその第二弾!!!

今週のトリップは通常のルートとは異なり、国内線を利用してマーレからガーフ環礁にあるクッドゥまで移動。そしてダイビングを続けながら赤道付近にあるアッドゥ環礁までダイビングをしながら移動する特別ルートでした。

この日はフヴァンムラ環礁。
結局、この日は合計で3本のダイビングを敢行。

タイガーシャークことイタチザメは近かったり、遠かったり。。。
この日はタイガーシャークもハンマーヘッドシャークがたくさん!!
冷たい水を嫌っているのでしょうか?
かなり浅い水深まで上げってきている個体もちらほら・・・

ツマジロことシルバーチップシャークも数多く目撃することができました。

とにかくこのダイブサイトの魚が大きいんです!!
ツムブリもビッグサイズ!!!
イソマグロもビッグサイズ!!
バラクーダも特大サイズ!!!

改めてこの海、このフヴァンムラのポテンシャルの高さには驚かれました。












天候: 晴れ
気温: 27-31℃
水温: 28-29℃
透明度:20-50m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、アイマン、イヴォンヌ、マウ、
 
 




  アイマン
モルディブ・ダイブサファリ






FUN AZUL号・モルディブダイブクルーズ


«  2018年3月  »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 ○過去の情報
  2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。