世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
モルディブ・クラブアズール
 
2019/10/03   2019/09/28-10/04 マーレ・ バアルート NO.5

この日潜ったポイント


(1) Muthaafushi Thila     ( Baa )
(2) Nelivaru Haa     ( Baa )
(3) Kihaa Rock     ( Baa )


(1) Muthaafushi Thila     ( Baa )
透明度:30 – 40m、 波:ナシ、 風:弱、 流れ:弱
ヨスジフエダイの群れ、
インディアンスナッパーの群れ
(*キンセンフエダイのそっくりさん)
イエローバックフュージュラーの群れ、
イエローバンディッドフュージュラーの群れ、
クマザサハナムロの群れ
タイマイ、キンギョハナダイ、
インディアンフレームバスレット、
(アカネハナゴイのインド洋型)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)

(2) Nelivaru Haa     ( Baa )
透明度:30 - 40m、 波:ナシ、 風:弱、 流れ:弱
クマザサハナムロの群れ、
モルディブアネモネフィッシュ、
カスミアジ、タイマイ、
クダゴンベ、ツバメウオ、
ホホスジタルミ、イロブダイの幼魚、
サドルバックバタフライフィッシュ(*インドスダレ)、

(3) Kihaa Rock     ( Baa )
透明度:10 - 20m、 波:ナシ、 風:弱、 流れ:弱
クマザサハナムロの群れ、
ヨスジフエダイ、ベンガルスナッパー、
ロクセンフエダイ、ハナダイギンポ、
ムスジコショウダイの若魚、
スカシテンジクダイ、キンメモドキ、
スターリードラゴネット、

***********************

アッサーラム アレイクン♪

お久しぶりです。
お元気ですか?

けんごです。

本日はトリップ最終日です。
天候は曇り。しかしながら朝から綺麗な虹を確認することができました。

1本目はムタフシ・ティラからスタート。
潜降すると、まずはお約束のオグロメジロザメがお出迎え。同様にネムリブカもスイスイと泳ぎ回っておりました。

この日はイエローバックフュージュラーとイエローバンディッドフュージュラーの群れが半端じゃなかった!!
辺り一面、まさに黄色一色でしたよ!!

まだまだ続くよ、黄色攻撃??
メインの根の周囲ではヨスジフエダイとインディアンスナッパーがぐっちゃり。最初は群れの数も少なく、どこへ行ってしまったのか不思議な感じでしたが、何の事は無く単に根の裏側に避難をしてたみたいです。

メインの根のトップでは小さなサンゴの隙間にはネムリブカの子供が身を潜め、別の場所ではタイマイの子供も同様に身を隠していましたよ(*´∀`)♪


2本目はネリバル・ハーでダイビング。

潜降してみると抜群の透明度でびっくり!!
今シーズンで1番のコンディションだったかもしれません。

このダイブサイトでも人懐っこいタイマイが登場。
お客様が接近して写真撮影を試みると、ダイバーに決して動じることなく、まるで撮影しろと言わんばかりにポーズ決めている仕草がとても可愛かったです。

おいらお気に入りのモルディブアネモネフィッシュがたくさん♪このダイブサイトではこのモルディブアネモネフィッシュが大家族?を形成していることが多く、1つのセンジュイソギンチャクに多数の個体が生息している光景をよく見ることができます。

そしてこのダイブサイトもキンギョハナダイやインディアンフレームバスレットが乱舞乱舞。


今トリップの最終ダイブはキハー・ロック。
この日の1本目、2本目は透明度がとても良かったのですが、この3本目が極端に悪かった。

このダイブサイトでベンガルスナッパー、ヨジフエダイ、ロクセンフエダイを見ることができます。同じフエダイで黄色の体色をしていおりますが、似ているようでちょっと異なります。
魚図鑑ではなく実際に自分自身の目で比較するとこれらの魚の違いが一目瞭然にわかりますよ!

最後は小さな根を周回しながら、ハゼやギンポ、もしくはモルディブ固有種をじっくり観察。根の上ではハナダイギンポやスターリードラゴネットなどがちょこまか動く姿がとてもキュートでしたよ!

ディナーでは、記念ダイブのお祝いをみんなでしました♫
おめでとうございまーーーす!!

お天気は少し崩れた日もありましたが、それでもコンディションも良く楽しいクルーズとなりました!!

参加いただいた皆様!!ありがとうございました\(^o^)/























※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: 晴れ
気温: 26-31℃
水温: 28-29℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm または 5mm

報告者:けんご、けいた、ボウイ、ミルー
 
 


2019/10/02   2019/09/28-10/04 マーレ・ バアルート NO.4

この日潜ったポイント


(1) Kihaadhoofaru Thila     ( Baa )
(2) Reethi Gaa     ( Baa )
(3) Dharavandhoo Corner


(1) Kihaadhoofaru Thila     ( Baa )
透明度:20 - 30m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
オオテンジクザメ(*トーニーナースシャーク)
クマザサハマムロの大群、
コラーレバタフライフィッシュの群れ、
マダラエイ、チョウチョウコショウダイ、
ヨスジフエダイの群れ、ムスジコショウダイ、
アカマツカサ、ベニマツカサ、
トガリエビス、タコ、

(2) Reethi Gaa     ( Baa )
透明度:10 – 20m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
ナンヨウマンタ(リーフマンタレイ)

(3) Dharavandhoo Corner    ( Baa )
透明度:10 – 20 m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
ヒメフエダイの群れ、
ヨスジフエダイの群れ、
ムスジコショウダイの群れ、
チョウチョウコショウダイ、ナポレオン、
マダガスカルバタフライフィッシュ、
イエローヘッドバタフライフィッシュ、
マッコスカーズフラッシャーラス、
ジンベエザメ!!

************************

アッサーラム アレイクン♪

お久しぶりです。
お元気ですか?

けんごです。

昨日のラア環礁でのダイビングから再びバア環礁に戻ってきました。
この日はファニファル・ベイに入ることができる日がサファリボートの日です。

1本目はキハドゥファル・ティラからスタート。
この日も東からの潮流。まるで乾季のような抜群の透明度でした!
ガイドとしては嬉しいような悲しいようなちょっぴり複雑な心境です。

朝イチなので、オーバーハング下ではオオテンジクザメが休憩中。
そしてこれまたお約束のマダラエイのまるで空飛ぶ絨毯のように漂っておりましたよ。

潮あたりの場所ではソフトコーラルが全開!赤色、オレンジ色、黄色など、そしての上をキンギョハナダイやインディアンフレームバスレットが舞いっており、とってもカラフルでしたよ。何もせずにこのまま漂っているだけで幸せな気分になれちゃいます♪

ダイビングの終盤はコラーレバタフライフィッシュの群れや岩と上手に擬態かしているタコなども見ることができました。


2本目はリーティ・ガーでダイビング。
マンタクリーニングステーションがあり、他のサファリボートよりマンタがいるという良い情報が入ったので、おいら達も少し遅れて便乗させていただきました。

実際にダイビングをしてみるとマンタクリーニングステーションでは1匹のナンヨウマンタが気持ちよさそうにクリーニングされておりました。途中もう1匹増えて、2匹仲良く交互に泳ぎながらおいら達の目の前で周回を繰り返してくれました。
ダイビングの最初から最後までマンタ三昧でしたよ(*´∀`)♪

この日は前述した東からの波風の影響により、ファニファルベイから朗報がなし。ファニファルベイ以外の場所でぐるぐるマンタが集まっていないか捜索することに。ファニファルベイと地形が似ているラグーンでマンタが集まっていたので、この場所でマンタと一緒にスノーケリングを楽しむことができました。プランクトンが密集していなかった影響でしょうか、マンタも密集せずに三々五々に水面付近を漂っておりました。合計で10−20匹ぐらいはいたのではないでしょうか?


3本目はダラバンドゥ・コーナーへ。
このポイントにもマンタのクリーニングステーションがありますが、残念ながらこの日はこのクリーニングステーション周辺でマンタを目撃することができませんでした。

しかしこの日の主人公はこのマンタではなかった!!

おいらたちもリーフ沿いを泳いでいたのですが、その前方より巨大な物体が急接近!!
なんと驚くことなかれ、正体はジンベエザメ!!!!

突然の登場に度胆を抜かれちゃいました!!!

体長は約8M前後、モルディブで観察することができるジンベエザメでは大きめサイズ。ジンベエザメと一緒に並走しながら泳ぐことできたのはほんの一瞬かもしれませんが、この登場の仕方、このサイズは一生忘れることができないに違いありません。

いやー本当にしびれました!!



















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 



天候: 雨 のち 曇り
気温: 26-31℃
水温: 28-29℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm または 5mm

報告者:けんご、けいた、ボウイ、ミール
 
 


2019/10/01   2019/09/28-10/04 マーレ・ バアルート NO.3

この日潜ったポイント


(1) Dhigu Thila     ( Baa )
(2) Kudathulhaadhoo Thila     ( Raa )
(3) Kottefaru Thila     ( Raa )
(4) Kottefaru Out     ( Raa )


(1) Dhigu Thila     ( Baa )
透明度:20 - 30m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:中
クマザサハナムロの大群、
ナポレオン、ムスジコショウダイの若魚、
コラーレバタフライフィッシュの群れ、
インディアンバナーフィッシュの群れ、
ホホスジタルミ、マダラタルミ、
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ナンヨウマンタ(*リーフマンタレイ)

(2) Kudathulhaadhoo Thila     ( Raa )
透明度:20 – 30m、 波:ナシ、 風:弱、 流れ:弱
ヨスジフエダイの群れ、ヒメフエダイの群れ、
ナポレオン、コガネシマアジ、
ツカエイ、イソマグロ、
カスミアジ、ツムブリ、

(3) Kottefaru Thila     ( Raa )
透明度:10 - 20m、 波:ナシ、 風:弱、 流れ:弱
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ロウニンアジ、カスミアジ、イソマグロ、
クマザサハナムロの大群、
イエローバックフュージュラーの大群、
ヨスジフエダイの群れ、ベンガルスナッパーの群れ、
モルディブアネモネフィッシュ、

(4) Kottefaru Out     ( Raa )
透明度:10 - 20m、 波:ナシ、 風:弱、 流れ:弱
インディアンバタフライフィッシュ、
シテンヤッコ、ハイブリッドシテンヤッコ、
イエローバックフュージュラーの大群、
サザナミトサカハギ、イソマグロ、
カスミアジ、ロウニンアジ、カッポレ、
タテジマキンチャクダイの幼魚、
ピンクコーラル!!


***********************

アッサーラム アレイクン♪

お久しぶりです。
お元気ですか?

けんごです。

この日もバア環礁とラア環礁でダイビングでした。

1本目はディグ・ティラ。
ディベヒ語で“長い”という意味があります。
まるで万里の長城のように東西に長細い根が果てしなく続いており、とても1本のダイビングで端から端まで泳ぎきることができません。
水面は波と風がありましたが、透明度は抜群!!

エントリー直後に優雅に泳ぐナンヨウマンタを発見!
もしかしたらファニファルベイに出勤中ですか???
このままマンタの写真撮影をしても良かったのですが、エントリー直後ということもあり、いきなりメインの根を外してしまうか可能性もあったので、そのまま泳ぎ去るマンタを見送ることに。。。
再び戻ってきて来ることを期待したのですが、残念ながら戻って来ることはありませんでした。

こちらモルディブでは数多くのチョウチョウウオの仲間を観察することができます。勝手なおいらの身内統計では20種類前後いるのではないでしょうか?通常は単独、またはペアでいることがほとんどですが、こちらモルディブでは群れを形成している個体が多々あります。

今回はインディアンバナーフィッシュやコラーレバタフライフィッシュの群れを見ることができました。特にインディアンバナーフィッシュはインド洋固有のハタタテダイの仲間になりますが、目の付近の形がとってもキュート。目元バッチリ、まるでまつげエクステをしているようでお客様からは”まつ毛ちゃん”とも呼ばれておりました。


少し北に移動しえラア環礁にやってきました。
2本目はクダサルハードゥ・ティラ。
おいら達もあまり訪れることが少なダイブサイトなので、ちょっぴり興味津々。オーバーハングが多数あり、ダイビング前半はダイナミックな地形を堪能することに。
ダイビング後半はなだらかな斜面をドリフトで流しました。

中層で大きな黒い影が見えたので、最初はマンタかな?と思いきや、正体はツカエイでした。
しばらくするとこれまた大きなイソマグロが登場。ちなみにイソマグロは英名では[ドッグツゥースツナ]と言うのですが、英名が表すようにまるで犬のような鋭い歯が説く特報ですが、口を半開きで泳いでいる時にキラキラと見えていましたよ!!!
そしてコガネシマアジやカスミアジが何度も小魚達を捕食しているのも印象的でした。


3本目はコッテファル・ティラ。
この日はクマザサハナムロがやってくるとあたり一面が青色一色!!
イエローバックフュージュラーがやってくるとあたり一面が黄色一色となりました。

このダイブサイトのメインの根はセンジュイソギンチャクで覆い尽くされております。あたり一面イソギンチャクだらけ!!そしてその上を無数のモルディブ固有のクマノミの仲間であるモルディブアネモネフィッシュが乱舞しておりましたよ!!


この日は4本目にコッテファル・アウトに挑戦。
外洋に切り立ったウォールが聳え立っており、オーバーハングが数カ所。このオーバーハングが珍種だらけで本当におもしかったよ(*´∀`)♪
まずはインディアンバタフライフィッシュを発見!!おいらは見つけた瞬間に衝撃が走りましたよ!幻のチョウチョウウオといっても過言ではありません。普段はダイバーが行くことができないような深場しか生息しておらず、時々このような外洋に面したオーバーハング内で観察することができます。しかも今回は合計で3匹もいたよ!

続けてシテンヤッコとインディアンスモークエンジェルフィッシュの交雑個体(ハイブリッド)!おいらはハイブリッドシテンヤッコとかハイブリッドエンジェルフィッシュと呼んでおります。シテンヤッコにそっくりですが、背ビレが少し黒色に変色しているのが特徴です。ちなみに昔はアーミターギーエンゼルフィッシュ(
学名:Apolemichthys armitagei, 英名:Armitage angelfish)とも呼ばれていたようです。

そして最後はピンクコーラル!!!
モルディブでもダイビング中にはほとんど見かけることがありません。誰にも破壊されずにすくすくと成長してくれることを願っております。

そんなこんなであっという間にダイビングが終了。
誰よりもおいらが興奮していたと言う噂ですが。。。/(^o^)\
















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: 晴れ
気温: 26-31℃
水温: 28-29℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm または 5mm

報告者:けんご、けいた、ボウイ、ミルー
 
 




  森本 健吾
モルディブ・ダイブサファリ






FUN AZUL号・モルディブダイブクルーズ


«  2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

 ○過去の情報
  2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。