世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
モルディブ・クラブアズール
 
2019/10/02   2019/09/28-10/04 マーレ・ バアルート NO.4

この日潜ったポイント


(1) Kihaadhoofaru Thila     ( Baa )
(2) Reethi Gaa     ( Baa )
(3) Dharavandhoo Corner


(1) Kihaadhoofaru Thila     ( Baa )
透明度:20 - 30m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
オオテンジクザメ(*トーニーナースシャーク)
クマザサハマムロの大群、
コラーレバタフライフィッシュの群れ、
マダラエイ、チョウチョウコショウダイ、
ヨスジフエダイの群れ、ムスジコショウダイ、
アカマツカサ、ベニマツカサ、
トガリエビス、タコ、

(2) Reethi Gaa     ( Baa )
透明度:10 – 20m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
ナンヨウマンタ(リーフマンタレイ)

(3) Dharavandhoo Corner    ( Baa )
透明度:10 – 20 m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
ヒメフエダイの群れ、
ヨスジフエダイの群れ、
ムスジコショウダイの群れ、
チョウチョウコショウダイ、ナポレオン、
マダガスカルバタフライフィッシュ、
イエローヘッドバタフライフィッシュ、
マッコスカーズフラッシャーラス、
ジンベエザメ!!

************************

アッサーラム アレイクン♪

お久しぶりです。
お元気ですか?

けんごです。

昨日のラア環礁でのダイビングから再びバア環礁に戻ってきました。
この日はファニファル・ベイに入ることができる日がサファリボートの日です。

1本目はキハドゥファル・ティラからスタート。
この日も東からの潮流。まるで乾季のような抜群の透明度でした!
ガイドとしては嬉しいような悲しいようなちょっぴり複雑な心境です。

朝イチなので、オーバーハング下ではオオテンジクザメが休憩中。
そしてこれまたお約束のマダラエイのまるで空飛ぶ絨毯のように漂っておりましたよ。

潮あたりの場所ではソフトコーラルが全開!赤色、オレンジ色、黄色など、そしての上をキンギョハナダイやインディアンフレームバスレットが舞いっており、とってもカラフルでしたよ。何もせずにこのまま漂っているだけで幸せな気分になれちゃいます♪

ダイビングの終盤はコラーレバタフライフィッシュの群れや岩と上手に擬態かしているタコなども見ることができました。


2本目はリーティ・ガーでダイビング。
マンタクリーニングステーションがあり、他のサファリボートよりマンタがいるという良い情報が入ったので、おいら達も少し遅れて便乗させていただきました。

実際にダイビングをしてみるとマンタクリーニングステーションでは1匹のナンヨウマンタが気持ちよさそうにクリーニングされておりました。途中もう1匹増えて、2匹仲良く交互に泳ぎながらおいら達の目の前で周回を繰り返してくれました。
ダイビングの最初から最後までマンタ三昧でしたよ(*´∀`)♪

この日は前述した東からの波風の影響により、ファニファルベイから朗報がなし。ファニファルベイ以外の場所でぐるぐるマンタが集まっていないか捜索することに。ファニファルベイと地形が似ているラグーンでマンタが集まっていたので、この場所でマンタと一緒にスノーケリングを楽しむことができました。プランクトンが密集していなかった影響でしょうか、マンタも密集せずに三々五々に水面付近を漂っておりました。合計で10−20匹ぐらいはいたのではないでしょうか?


3本目はダラバンドゥ・コーナーへ。
このポイントにもマンタのクリーニングステーションがありますが、残念ながらこの日はこのクリーニングステーション周辺でマンタを目撃することができませんでした。

しかしこの日の主人公はこのマンタではなかった!!

おいらたちもリーフ沿いを泳いでいたのですが、その前方より巨大な物体が急接近!!
なんと驚くことなかれ、正体はジンベエザメ!!!!

突然の登場に度胆を抜かれちゃいました!!!

体長は約8M前後、モルディブで観察することができるジンベエザメでは大きめサイズ。ジンベエザメと一緒に並走しながら泳ぐことできたのはほんの一瞬かもしれませんが、この登場の仕方、このサイズは一生忘れることができないに違いありません。

いやー本当にしびれました!!



















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 



天候: 雨 のち 曇り
気温: 26-31℃
水温: 28-29℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm または 5mm

報告者:けんご、けいた、ボウイ、ミール
 
 




  森本 健吾
モルディブ・ダイブサファリ






FUN AZUL号・モルディブダイブクルーズ


«  2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

 ○過去の情報
  2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。