世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
モルディブ・クラブアズール
 
2019/02/15   2019/02/09-02/16 赤道スペシャル<1>(マーレ→ガーフ)NO.6

この日潜ったポイント


<1> Villingili Kandu     ( Gaafu )


<1> Villingili Kandu     ( Gaafu )
透明度:30 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
オグロメジロザメ(*ブラックチップリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
イエローバックフュージュラーの群れ、
バリアブルラインドフュージュラーの大群、
イソマグロ、ハナヒゲウツボ(黒)、
ギンガメアジの群れ、クロヒラアジの群れ、


************************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

本日のブログ担当はけんごです。

今年もこの時期がやってきました!!
モルディブの年に一度のスペシャルトリップ!
今週はその第一弾!!!

今週のトリップは通常のルートとは異なり、マーレ環礁をスタートしてヴァーブ環礁、ミーム環礁、タア環礁、ラーム環礁を通過して、赤道付近にあるガーフ環礁までダイビングをしながら移動する特別ルートでした。

この日はガーフ環礁でダイビングでした。
翌日の国内線フライトスケジュールの関係上、本日は1本のみ。
お客様もガイドもこの1本に全てをかけます!!

潜降してみると、流れが強くもなく、弱くもなく、良い塩梅。
透明度も抜群ではるか遠くまで見渡すことができました。

まずはイエローバックフュージュラー、バリアブルラインドフュージュラーがまるでカーテンのように群れております。

このカーテンをくぐり抜けるとそこには大量のオグロメジロザメが徘徊しているではありませんか!!今トリップにおいて一番のオグロメジロザメの密集度だったかもしれません。
今回はダイバーとの距離も非常に近く、お客様もじっくり写真やビデオを撮影することができました。

そしていつものようにサメ以外にもギンガメアジやバラクーダの群れなどもたくさん見ることができました。

チャネルの真ん中でカレントフックを使ってサメを待っていると、ハナヒゲウツボの幼魚を発見。そしてまた別の場所でもハナヒゲウツボの幼魚を発見。ちなみに昨年も似たような場所で発見した記憶が?まさかの同じ個体???そんなわけないですよね・・・
こんな流れが強い場所でなくてもええのになぁ。。
そんなこんなで赤道スペシャルの第一弾が終了です。

ご参加いただいた皆様!!!
この度は、数あるダイブクルーズの中からFUN AZUL FLEET MALDIVESをお選びいただき、誠にありがとうございました!

またいつかみなさまとご一緒できる日を楽しみに、
クルー 一同みなさまのお帰りを心よりお待ちしております!







※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: 晴れ
気温: 26-33℃
水温: 26-28℃
透明度:30-40m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、しんご、てるき、アイマン、マウ
 
 


2019/02/14   2019/02/09-02/16 赤道スペシャル<1>(マーレ→ガーフ)NO.5

この日潜ったポイント


<1> Maarehaa Kandu     ( Gaafu )
<2> Maarehaa Kandu     ( Gaafu )
<3> Nilandhoo Kandu     ( Gaafu )
<4> kuredhdhoo Kandu     ( Gaafu )


<1> Maarehaa Kandu     ( Gaafu )
透明度:30 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
イエローバックフュージュラーの群れ、
クマザサハナムロの大群、
マダラトビエイ、ギンガメアジの群れ、
カスミアジ、ロウニンアジ、カッポレ、

<2> Maarehaa Kandu     ( Gaafu )
透明度:30 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
イエローバックフュージュラーの群れ、
クマザサハナムロの大群、
ロウニンアジ、イソマグロ、カッポレ、
ギンガメアジの大群、

<3> Nilandhoo Kandu     ( Gaafu )
透明度:30 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
イエローバックフュージュラーの群れ、
クマザサハナムロの大群、
ロウニンアジ、イソマグロ、カッポレ、
マダラトビエイ 、ナポレオン、

<4> kuredhdhoo Kandu     ( Gaafu )
透明度:30 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
ギンガメアジの群れ、
ロウニンアジ、イソマグロ、カッポレ、
タテジマキンチャクダイ(*幼魚)、

************************

今年もこの時期がやってきました!!
モルディブの年に一度のスペシャルトリップ!
今週はその第一弾!!!

今週のトリップは通常のルートとは異なり、マーレ環礁をスタートしてヴァーブ環礁、ミーム環礁、タア環礁、ラーム環礁を通過して、赤道付近にあるガーフ環礁までダイビングをしながら移動する特別ルートでした。

この日はガーフ環礁でダイビングでした。

5日目はしんごが担当します。晴天白日とは今日にピッタリな言葉です。
良く晴れ渡った青空に海の輝きがまして、透明度は30メートル以上!!!
最高の1日の始まりです!(^^)!

1本目はマーレハカンドゥ。
エントリーすると海の底が見える見えるとても透明度が良い気持ちいいな〜とリーフに向かって泳いでいるとグレイリーフシャークがぐっしゃりいました。イソマグロやロウニンアジも朝から悠々と朝ご飯探し!!ギンガメアジの群れも1000匹以上くらいぐっしゃりいるんです。岩場に掴まりこれらをじっくり観察!!ある程度観察した後チャネルの中へ!

チャネルの中はジンベイザメやカジキやイルカと遭遇率が高く!あたりを見渡す!するとナポレオンフィッシュやマダラトビエイが優雅に泳いでいましたよ。


2本目も同じくマーレハカンドゥ。
先程とは、変えて真ん中ら辺からエントリー!!チャネルへ3分で到着でき楽ちん!
またもやグレイリーフシャークがダイナミックに泳いでいる!!
イソマグロ、ロウニンアジも負けないくらい、いーっぱいいました。先へ進むとマダラエイが5体の群れで優雅に泳いでいる。チャネルを早めに退散し、チャネルの中にある砂地エリアへ。砂地と透き通った海がすごく幻想的で綺麗なんです!フィンを脱いで砂地を蹴るととっても気持ちがいいんです。アイマンは華麗にフィン上に乗っかりサーフィンごっこ海は楽しみ方無限です!!!


3本目はニランドューカンドゥ。
チャネルに到着するとイソマグロの大群に遭遇!!真ん丸とした身の詰まったボディ!!「あーー美味しそう」と思いながら見ていましたよ〜〜。
カスミアジの群れも流れに向かって必死に泳いでいます。その下深場にはギンガメアジの群れが僕たちの前をスイスイ横切っていきました。
ブリーフィング通り、メインのグレイリーフシャークとホワイトチップをじっくり見てチャネルの中に流されました。チャネルの中は巨大のイソマグロと会いダイビングフィニッシュ!


夜はライトを照らしながらジンベエザメを待ちます!
プランクトンがどんどん集まってくるがジンベイザメは来る気配がなーい( ;∀;)
スタッフ交代でジンベエを待つことに!!深夜1時頃、ついにジンベエがきたーーーー!!
よかった!!よかった!!




height="374">









※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 

天候: 晴れ
気温: 26-33℃
水温: 26-28℃
透明度:30-40m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、しんご、てるき、アイマン、マウ
 
 


2019/02/13   2019/02/09-02/16 赤道スペシャル<1>(マーレ→ガーフ)NO.4

この日潜ったポイント


<1> Villingili Kandu     ( Gaafu )
<2> Villingili Kandu     ( Gaafu )
<3> Kooddoo Shark Point     ( Gaafu )


<1> Villingili Kandu     ( Gaafu )
透明度:30 - 40 m、 波:中、 風:弱、 流れ:中
オグロメジロザメ(*ブラックチップリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
イエローバックフュージュラーの群れ、
クマザサハナムロの大群、
イソマグロ、ハナヒゲウツボ(黒)、
ギンガメアジの群れ、クロヒラアジの群れ、

<2> Villingili Kandu     ( Gaafu )
透明度:30 - 40 m、 波:中、 風:弱、 流れ:中
オグロメジロザメ(*ブラックチップリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
ツマグロ(*ブラックチップリーフシャーク)
イエローバックフュージュラーの群れ、
クマザサハナムロの大群、
イソマグロ、オオメカマスの群れ、
ギンガメアジの群れ、クロヒラアジの群れ、
マダラトビエイの群れ、

<3> Kooddoo Shark Point     ( Gaafu )
透明度:20 - 30 m、 波:中、 風:ナシ、 流れ:弱
カマストガリザメ(*ブラックチップシャーク)
ハナザメ(*スピナーシャーク)
ナポレオン、タイマイ、ツムブリ、
ツバメウオ、ヨスジフエダイの群れ、
イエローバックフュージュラーの群れ、


************************

今年もこの時期がやってきました!!
モルディブの年に一度のスペシャルトリップ!
今週はその第一弾!!!

今週のトリップは通常のルートとは異なり、マーレ環礁をスタートしてヴァーブ環礁、ミーム環礁、タア環礁、ラーム環礁を通過して、赤道付近にあるガーフ環礁までダイビングをしながら移動する特別ルートでした。

この日はガーフ環礁でダイビングでした。

皆さんこんにちは、4日目担当のてるです!

今日の天気は風がびゅーびゅーと台風のような風が吹いております。
空もどんよりと雨期のような空模様です。


とはいえダイビングは通常通り行っていますので今日も張り切っていきましょう!

1本目はヴィリンギリカンドゥ。
やっと到着しましたガーフ環礁!
その中でも随一のチャネルポイントへ(^^)/
いつも通り、リーフ沿いを進みつつ徐々に深度を取っていきます。
そして潮当たりのいい場所で着底♪
それはもう沢山のグレイリーフシャークがわんさかと!
ざっと30匹以上はいましたがそれ以上は数える気になりませんでした(笑)
そして25分程観察して、チャネルの中へ!!!
ここのポイントは過去にもチャネル中でジンベエやカジキなども見れていたのでいつもより長めに流されつつ大物を探しましたが、その姿は見えず…
次にリベンジです!!!


2本目も同じくヴィリンギリカンドゥ。
今回はチャネルの真ん中でエントリー!
エントリーしてすぐにイエローバックフージュラーがすごい群れでいましたよ〜。
そしてその群れの奥にはグレイリーフシャークがうじゃ〜っと(^^)/
しばらく観察していると、グレイリーフシャークがアタック!!!
突然、早く泳ぐ姿に我々は呆気に取られてしまいました(*’▽’)
普段は優雅に泳いでいる姿ばかり見ていたのでアタックしてる姿にゾクゾクとしました(笑)
やっぱりかっこいいです!!!
それから30分程観察した後、チャネルの中へGo!!!
大きめのカメとナポレオンフィッシュを発見。
他にも大物が出てくれるのを期待していましたがその思い実らず…( ;∀;)
サメサメサメ〜〜〜時々カメ〜といったダイビングでした!(笑)


3本目はクードドゥーシャークポイント
エントリーして、良さそうな場所を見つけて着底〜。
途中には大きなカメさんが登場〜。
そしてサメが来てくれるのを待ちます…
とりあえず待ちます…
が、全然来ない!!!!なんで~~~~!!!!
待てど暮らせど一向に来てくれず、2-3匹のサメがちらっと登場。
どうやら今日は既にお腹いっぱいみたいだったのかな?( ;∀;)
他の場所に移動して探すも結果は変わらず…
ということでリーフ沿いにいるヨスジフエダイの群れやイエローバックフュージュラーの群れを見ながらエキジット!!!














天候: 曇り
気温: 26-33℃
水温: 26-28℃
透明度:30-40m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、しんご、てるき、アイマン、マウ
 
 


2019/02/12   2019/02/09-02/16 赤道スペシャル<1>(マーレ→ガーフ)NO.3

この日潜ったポイント

<1> Dhiyamigili Out     ( Thaa )
<2> Graidhoo Corner    ( Thaa )
<3> Vadinolhu Kandu     ( Laamu )


<1> Dhiyamigili Kandu     ( Thaa )
透明度:30 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中+
ツムブリ、
テングハギモドキ、
シルキーシャーク、

<2> Graidhoo Corner    ( Thaa )
透明度:30 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中+
オグロメジロザメ(*ブラックチップリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
マダラトビエイ 、ナポレオン、
ヨスジフエダイの群れ、ギンガメアジの群れ、
カスミアジ、ヒメフエダイの群れ、
タイマイ、イソマグロ、

ジンベエザメ!!

<3> Vadinolhu Kandu     ( Laamu )
透明度:20 - 30 m、 波:中、 風:中、 流れ:弱
オグロメジロザメ(*ブラックチップリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
ヒメフエダイの群れ、
イソマグロ、ナポレオン、
ギンガメアジの群れ、カスミアジ、
バリアブルラインドフュージュラーの群れ、

************************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

本日のブログを担当するけんごです。

今年もこの時期がやってきました!!
モルディブの年に一度のスペシャルトリップ!
今週はその第一弾!!!

今週のトリップは通常のルートとは異なり、マーレ環礁をスタートしてヴァーブ環礁、ミーム環礁、タア環礁、ラーム環礁を通過して、赤道付近にあるガーフ環礁までダイビングをしながら移動する特別ルートでした。

この日はタア環礁、ラーム環礁でダイビングでした。

この日も天気は快晴。
しかしながら前日同様に午後から風が少し出てきました。

1本目はディアミギリアウトからスタート。
まずは早朝ダイブでハンマーヘッドサーチダイブ。
オーシャンカレントに身を任せながら、ガイド、お客様が編隊を組んで捜索をしました。

結果は残念ながらノーハンマーヘッド。
透明度はすこぶる良かったのですが、肝心のハンマーヘッドは発見することができませんでした。
途中、数匹のサメを発見しましたが、トンカチ頭のシルエットにあらず。正体はシルキーシャークでした!!

2本目はグライドゥコーナー。
ばっちりオーシャンカレントの影響により、リーフ沿いを一気に流れに乗ってドリフトダイビング。リーフ沿いではハードコーラルやテーブルサンゴが段々畑のように続き、とっても綺麗な光景が続いております。

時々、大きなナポレオンやイソマグロが通過。
深場に目をやるとオグロメジロザメやネムリブカなども登場。

なんと今回のダイビングにおいてジンベエザメが登場しちゃいました!
アイマンチームのお客様からの情報では安全停止前、中層を確認してみると遠くに黒い物体を発見。アイマンをはじめ、お客様もこれはカジキに間違いないと近づいていると、アイマンがさらに加速??お客様もこれはただ事ではないと追走するとなんとその黒い物体の正体はなんとジンベエザメでした!!!!
そりゃー、興奮しちゃいますね!!!

残念ながらおいらは見ておりません。

3本目はタア環礁に移動。
波風の影響により当初予定していたダイブサイトを変更してヴァディノフカンドゥでダイビング。

水面は少し波が立っており、水中も少し流れがありました。

潮当たりの良い場所では様々な魚たちがぐっちゃり!!!
ヨスジフエダイ、ヒメフエダイなどモルディブを代表するワイド系のお魚たちが大集合。
そしてこれまた大きなナポレオンも登場!!このダイブサイトでは常連メンバーなのかな??
これまた少し深い場所ではギンガメアジが綺麗な群れを形成中。
いつもサメなどの大物ばかりを狙っておりましたが、ここではじっくりとモルディブ固有種やリーフフィッシュを観察することができました。
そんなこんなで予定ダイブタイムが終了。

明日はついにガーフ環礁でのダイビングです!













※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: 曇り
気温: 26-33℃
水温: 26-28℃
透明度:30-40m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、しんご、てるき、アイマン、マウ
 
 


2019/02/11   2019/02/09-02/16 赤道スペシャル<1>(マーレ→ガーフ)NO.2

この日潜ったポイント


<1> Dhiggaru Kandu     ( Meemu )
<2> Kurali Kandu (Manta Point)     ( Meemu )
<3> Olhugiri Kandu     ( Thaa )


<1> Dhiggaru Kandu     ( Meemu )
透明度:30 - 40 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱+
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
ツムブリ、カスミアジ、カッポレ、
ギンガメアジの群れ、イソマグロ、
マダラタルミの群れ、マダラトビエイ 、

<2> Kurali Kandu (Manta Point)     ( Meemu )
透明度:10 - 20 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
チンアナゴ、ヒメダテハゼ、
オーロラパートナーゴビー、
ブラックシュリンプゴビー、
スカシテンジクダイ、キンメモドキ、
ナンヨウマンタ!!!

<3> Olhugiri Kandu     ( Thaa )
透明度:20 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱-中
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
イソマグロ、カッポレ、ギンガメアジの群れ、
モルディブアネモネフィッシュ、
インディアンバナーフィシュの群れ

バショウカジキ!!!

***********************

今年もこの時期がやってきました!!
モルディブの年に一度のスペシャルトリップ!
今週はその第一弾!!!

今週のトリップは通常のルートとは異なり、マーレ環礁をスタートしてヴァーブ環礁、ミーム環礁、タア環礁、ラーム環礁を通過して、赤道付近にあるガーフ環礁までダイビングをしながら移動する特別ルートでした。

この日はミーム環礁、タア環礁でダイビングでした。

1本目のポイントはディッガルカンドゥ。
潜降した途端マダラトビエイが優雅に泳いでいましたよ。チャネルに到着しては、ギンガメアジが1000匹程群れていました。これには僕たちもビックリ!!!
ギンガメアジの塊から飛び出て来るのは・・・・
グレイリーフシャーク(オグロメジロザメ)!!それにしても大きなサメ!!
何匹も何匹も飛び出てきます!!本当に素晴らしい海でした。


2本目はクラリカンドゥ。
マンタ狙いでエントリー開始!砂地ををゆっくり泳ぐこと20分。砂地にいるハゼやチョウチョウウオをゆったり見ているとマンタ発見!!!ゆっくり目の前を通過していく。こちらに気がついているはずですが、クール通り過ぎていくマンタ。
のちに前に進むとまたもやマンタ発見!!!!写真をパシャリと撮ってすぐにマンタは去って行きました。ガーフトリップ中唯一のマンタポイントなので見れて良かったです(^^♪


3本目はオルギリカンドゥ。
ミーム環礁から僕たちは、タア環礁移動してきました。
これからはチャネルダイブまっしぐらです。チャネルに到着すると、沢山のギンガメアジの群れがいましたよ〜!外側にはグレイリーフシャークやホワイトチップがお散歩中でした。棚の上にはキンギョハナダイがぐっしゃり群れていて、とても素晴らしい景色。
チャネルの中に流されるとインディアンバナーフィッシュが30匹程群れていてシャッターチャンスを逃さずゲスト様は撮っていました!!ダイビングフィニッシュ!














※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: 晴れ
気温: 26-33℃
水温: 26-28℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、しんご、てるき、アイマン、マウ
 
 


2019/02/10   2019/02/09-02/16 赤道スペシャル<1>(マーレ→ガーフ)NO.1

この日潜ったポイント


<1> Kuda Giri Wreck     ( South Male )
<2> Miyaru Kandu     ( Vaavu )
<3> Rakeedhoo Kandhu     ( Vaavu )


<1> Kuda Giri Wreck     ( South Male )
透明度:30 – 40 m、 波:ナシ、 風:弱、 流れ:弱
モルディブアネモネフィッシュ、
モルディブトリプルフィン、
コガネシマアジ、イソマグロ、
クマザサハナムロの群れ、
ニシキヤッコ、アデヤッコ、
イエローヘッドバタフライフィッシュ、

<2> Miyaru Kandu     ( Vaavu )
透明度:30 – 40 m、 波:ナシ、 風:弱、 流れ:弱—中
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)たくさん!!
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
イソマグロ、カスミアジ、カッポレ、
ギンガメアジの群れ、マダラトビエイの群れ、
ナンヨウマンタ!!

<3> Rakeedhoo Kandhu     ( Vaavu )
透明度:20 – 30 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
カスミアジ、カッポレ、ナポレオン
ギンガメアジの群れ、ヒメフエダイの群れ、
シェブロンバラクーダの群れ、
エクスクイジットファイヤーフィッシュ
(*アケボノハゼのインド洋型)

***********************

今年もこの時期がやってきました!!
モルディブの年に一度のスペシャルトリップ!
今週はその第一弾!!!

今週のトリップは通常のルートとは異なり、マーレ環礁をスタートしてヴァーブ環礁、ミーム環礁、タア環礁、ラーム環礁を通過して、赤道付近にあるガーフ環礁までダイビングをしながら移動する特別ルートでした。

この日は南マーレ環礁、ヴァーヴ環礁でダイビングでした。

皆さんこんにちは!
初日を担当しますてるです!

ついに赤道トリップ始まりました!
昨日まではずっと曇りや雨が続いておりましたが、今日は気持ちがいい程の晴天です。
ダイビング日和になってくれて良かった〜!


さて、そんな今日の1本目はクダギリレックから。
チェックダイブという事でまずは機材やカメラ、ウエイトを確認!
皆さんスムーズに潜降し、特に問題もなかったので早速ダイビングへ。
まず見えてきた沈船の周りには沢山のキンギョハナダイが。
そして砂地にはオーロラシュリンプゴビーやドラキュラシュリンプゴビー、ガーデンイールがあちらこちらに!
穴の中に出たり入ったりと今日も忙しそうな感じでした(*’▽’)
そして沈船をしばらく観察した後、リーフ沿いへ!
太陽の光がとても綺麗に差し込んでいて、魚たちが華やかなステージで踊っているかのようでした(^^♪
深場の方にはネムリブカが休んでいたり、イソマグロが散歩したりしていましたよ〜。


2本目はミヤルカンドゥ
最近、この時間帯はあまり流れがなく中性浮力をキープしながら観察できちゃいます(^^♪
もちろん今日も沢山のサメを見ることが出来ましたよ〜!
体の小さいグレイリーフシャークもいきいきと泳いでいました。
お客様もカメラに夢中のご様子。
後ろを見るとカスミアジやロウニンアジ、イソマグロなども、ちらほらと泳いでおりチャネルに流されている最中は人懐っこいツバメウオが我々のすぐ近くまで寄ってきて、
一緒に安全停止してくれました(^^)/
そして上がってから水面で遊んでいる2匹のマンタを発見!
2匹でデートでもしていたのでしょうか(^^♪


3本目はラキードゥカンドゥでサンセットダイビング♪
流れがアウトゴーイングだった為、チャネルの中から外へと流れるダイビングをチョイス!
リーフ沿いにエントリーしてリーフに住んでいる魚を観察〜!
キンギョハナダイやエバンスアンティアス、インディアンバナーフィッシュ、インディアンフレームバスレットなど色とりどりの魚を見る事が出来ました(^^♪
深場にはアケボノハゼのインド洋バージョンやナポレオンフィッシュ、イソマグロなどもいましたよ〜!

そしてトップリーフにはテーブルサンゴが満開の花の様に存在しており、とても綺麗な空間を生み出してくれています。
そのすぐ近くにはモルディブアネモネフィッシュの家族も(^^)/
上がってからは圧巻の夕日が僕らを照らしてくれました。
思わず写真を撮りたくなってしまうくらい綺麗なサンセットでした。











height="375">※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: 晴れ
気温: 26-33℃
水温: 26-28℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、しんご、てるき、アイマン、マウ
 
 


2019/02/08   2019/02/02~02/09 マーレ・アリ・ヴァーヴルート NO.6

この日潜ったポイント


<1> Miyaru Kandu     ( Vaavu )
<2> Kandooma Thila     ( South Male )
<3> Fish Tank      ( North Male )


<1> Miyaru Kandu     ( Vaavu )
透明度:30 – 40 m、 波:ナシ、 風:弱、 流れ:弱-中
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)たくさん!!
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
イソマグロ、カスミアジ、カッポレ、
ギンガメアジの群れ、マルヒラアジ、
クマザサハナムロの大群、
バリアブルラインドフュージュラーの群れ、

<2> Kandooma Thila     ( South Male )
透明度:30 – 40 m、 波:ナシ、 風:弱、 流れ:弱
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
イソマグロ、カスミアジ、ロウニンアジ、
ギンガメアジの群れ、ナポレオン、
アオウミガメ、タイマイ、
コラーレバタフライフィッシュの群れ、

<3> Fish Tank      ( North Male )
透明度:20 – 30 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
オグロオトメエイ(*ピンクウィップレイ)
ツカエイ、マダラエイ、オジロエイ、
ハニーコムモレイ、ドクウツボ、
ナミウツボ、サビウツボ、クモウツボ、
ナポレオン、ムレハタタテダイの群れ、
トンガリサカタザメ!!

***********************

こんにちは!最終日はしんごが担当します。

昨日に引き続き朝から雨が( ;∀;)午後からは傘マークは消え少しずつ天気も回復してきました!!ここの所お天道様はご機嫌斜めのようです。
海の中は打って変わって透明度は抜群で30mはあります。水面から地形が丸見えです。
太陽の光が入ると40mは抜けると思います。

さて、1本目はミヤルカンドゥ。
リーフ沿いを泳いでいくと、グレイリーフシャークが見えてきました!すると昨日より沢山のシャーク達が溢れるばかりに群れています。中には、グレイリーフシャークの将軍かと思わせるくらいの大柄な体格のシャークが!!コバンザメも6匹ほど引き連れ迫力が凄いんですよ。僕たちもあんなに引き連れているグレイリーフシャークは初めてで衝撃を受けました。そのまま水路に流されダイビング終了。

2本目はカドマティラ。
エントリーしてすぐにポイントに到着。グレイリーフシャークのベイビーが30匹
お迎えしてくれました。ティラにはタイマイ、アオウミガメが6匹も住んでいました。
何度見てもカメは可愛らしいです!!ナポレオンも優雅に泳いでいました。
キンギョハナダイ、チョウチョウウオも沢山群れていて魚影が濃い!オオギチョウチョウウオ、コラーレバタフライフィッシュなど太平洋でしか見られないお魚がいたりします。
沖をみればバラクーダの群れとココは楽しみがいっぱい(^^♪
最後はギンガメアジの群れを見てエキジット。

3本目は我らがフィッシュタンク。
ブリフィングからギターシャーク狙いでダイビングスタート!
エントリーしてすぐにギターシャーク発見!指示棒が鳴りやみません!
1頭を追っていると向かえからもう1頭現れ2頭のギターシャークに会うことが出来ました!!どこかに行ってしまったと思いきやまたまた遊びに来てくれるギターシャーク!!人間に興味津々です。ダイビングが終わっても興奮が止まりません!!個人的に一番モルディブの中で楽しいダイブサイトです!

The Maldives is paradise

Name is kamaboko















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: 雨 のち 曇り
気温: 26-33℃
水温: 26-28℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、しんご、てるき、アイマン、マウ
 
 


2019/02/07   2019/02/02~02/09 マーレ・アリ・ヴァーヴルート NO.5

この日潜ったポイント


<1> Maamigili Out     ( South Ari )
<2> Miyaru Kandu     ( Vaavu )
<3> Alimathaa Jetty     ( Vaavu )


<1> Maamigili Out     ( South Ari )
透明度:10 – 20 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
ノージンベエザメ、

<2> Miyaru Kandu     ( Vaavu )
透明度:10 - 20m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱-中
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)たくさん!!
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
イソマグロ、カスミアジ、カッポレ、

<3> Alimathaa Jetty     ( Vaavu )
透明度:10 – 20 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
オオテンジクザメ(*トーニーナースシャーク)
ツマグロ(*ブラックチップリーフシャーク)
オグロオトメエイ(*ピンクウィップレイ)
マダラエイ、ロウニンアジ、カスミアジ、カッポレ、


***********************

皆さんこんにちは!
5日目担当のテルです!

私事ですが本日誕生日を迎えることが出来ました!!!
時の流れは早いものですね…
20歳を超えてから1年1年があっという間に過ぎていく感じがします。
これからも後悔しないように今を生きていこうと思います(^^♪


さて、本日の天気は朝から雷がゴロゴロとなっておりました。
雨もかなり強めに降っていて、どんよりした天気です( ;∀;)


今日も1本目はジンベエサーチからスタート。
雨も弱まりサンデッキからジンベエを探します。
ですが視界が悪いため中々見つけることができず、ダイビングで探すことに。
深場の方にはグレイリーフシャークの家族がいましたよ〜!
まだ体が小さい子供を親が囲むように泳いでいました!
家族の絆が見られた気がしてほっこりとした気分になりました(笑)
リーフ沿いにはバリアブルラインドフュージュラーやササムロの群れがおり、とても綺麗でついつい眺めてしまいます。
肝心のジンベエはというと、どうやら今日も遠出しているのかその姿は発見することが出来せんでした( ;∀;)


2本目はミヤルカンドゥ。
エントリーして5分程リーフを目指して泳ぐと、まずはイソマグロを発見!
そしてその周りにグレイリーフシャークがわんさかと(*’▽’)
そのまま着底して、観察開始!!!
今日は流れも全然なく、一番前の特等席でゆっくり見る事が出来ましたよ〜。
目の前に広がる水族館のような光景に皆さんの目線も釘付けに。
しかし水族館とは違って目の前にはガラスもなく、仕切りが存在しないので同じ目線でしかも近くでまじまじと観察できますよね(^^♪
そして、しばらくしたら今度は中性浮力を取りながらたっぷり観察して最後はチャネルの中へ流されエキジット!!!

3本目はアリマタジェティでナイトダイビング。
エントリーしてすぐナースシャークさんが遊びに来てくれました!
すごく人懐っこいのか、我々のすぐ近くまですり寄ってきてくれましたよ(^^♪
そして着底してからは怒涛のご飯タイム!!!
カッポレやロウニンアジ、カスミアジやナースシャークなどいーっぱい(^^)/
上を見上げるとナースシャークの大きいリバーが形成されてました!
ざっと数えると20匹以上は見れましたよ!
そして40分程観察して、最後は浅瀬で観察してダイビングをフィニッシュ!

今回のトリップにおいて3名のお客様が誕生日を迎えることができました。
あ、ちなみにぼくも誕生日でした。。。

My camera sank today Also my heart sank
Today is Teru sang no birthday








※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: 雨 時々 曇り
気温: 26-33℃
水温: 26-28℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、しんご、てるき、アイマン、マウ
 
 


2019/02/06   2019/02/02~02/09 マーレ・アリ・ヴァーヴルート NO.4

この日潜ったポイント


<1> Rangali Madivaru     ( South Ari )
<2> Maamigili Out     ( South Ari )
<3> Maamigili Corner     ( South Ari )


<1> Rangali MNadivaru     ( South Ari )
透明度:20- 30m、 波:弱、 風:弱、 流れ:弱
ナンヨウマンタ(*リーフマンタレイ) 5匹
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ヒメイトマキエイの群れ、ヒメフエダイの群れ、
マダラトビエイ、ナポレオン、
エヴァンスアンティアス、スレッドフィンアンティアス、
インディアンバナーフィッシュの群れ、

<2> Maamigili Out     ( South Ari )
透明度:10 – 20 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
ノージンベエザメ、

<3> Maamigili Corner     ( South Ari )
透明度:10 - 20m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱-中
ヒメイトマキエイ、モルディブスポンジスネイル、
パウダーブルーサージョンフィッシュ、
エヴァンスアンティアス、インディアンフレームバスレット、
ナポレオン、タイマイ、マダラエイ


***********************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

本日のブログ担当はけんごです。

本日の天気はなんと雨!!!
昨晩より強い風が吹き、まるで雨季に逆戻りしたような天気です。

本日のダイビングは南アリ環礁にあるランガリマディヴァルからスタート。乾季限定でマンタが高確率で見ることができます。
この日もすでにたくさんのサファリボートが集結しておりました。
リーフ沿いをゆっくり流れに身を任せながら進んで行くと、大量のアカモンガラがお出迎え。これもまたモルディルらしい光景の一つですが、本当に数が半端じゃありません。前が見えなくなるくらい??

そんな光景を眺めていると、おいら達のすぐそばをヒメイトマキエイの一団が通過!!!すぐに泳ぎ去ってしまったので、じっくり見ることができませんでしたが、その数は20匹前後いたのではないでしょうか?

幸先良好じゃないですか??

そしてしばらく進みと、オグロメジロザメを発見。最近はマンタではなく、オグロメジロザメがクリーニングされている姿をよく目にします。気持ちが良いのかな?完全なリラックス状態??大きな口を開けながれデレデレしておりましたよ(笑)

そして肝心のマンタ様が登場!!何度もおいら達の目の前や頭上すれすれを通過して行きました。時には3−4匹のマンタが連なって泳いでおり、まるでマンタトレイン状態!!さすがにこの近距離でマンタをみたのでお客様も大興奮でしたね!!

2・3本目は南アリ環礁の最南端エリアに移動をして、ジンベエザメサーチを実施。
朝から降っている雨がなかなか止んでくれません。
おいら達がジンベエザメサーチをする日に限って雨なんて。。。
なんでやねん!!!

行き交うドーニーも同様に文字通りお手上げ状態??
なかなか水面からジンベエザメを発見することができませんでした。

午後になり、雨は止みましたが、天気はあいかわらずよくない。
時折、水面からはイルカの群れやウミガメなどを見ることができまし田が、お客様のテンションはイマイチ??

気持ちを切り替えてジンベエザメサーチを実施。
水中では大きなマダラエイ、ネムリブカ、ナポレオンなどが登場。最近はこの場所でダイビングをすると高確率で見ることができるヒメイトマキエイも出現してくれました。

残念ながら、ジンベエザメは不発。
ああああ、本当に悔しいの一言に尽きます!!

天、我に味方せず・・・・
ジンベエザメは明日にリベンジすることに・・・・






※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: 雨 時々 曇り
気温: 26-33℃
水温: 26-28℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、しんご、てるき、アイマン、マウ
 
 


2019/02/05   2019/02/02~02/09 マーレ・アリ・ヴァーヴルート NO.3

この日潜ったポイント


<1> Fish Head     ( North Ari )
<2> Moofushi Kandu      ( South Ari )
<3> Moofushi Kandu      ( South Ari )


<1> Fish Head     ( North Ari )
透明度:30 - 40m、 波:弱、 風:弱、 流れ:弱
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
カスミアジ、イソマグロ、ロウニンアジ、
ベンガルスナッパーの群れ、ムレハタタテダイの群れ、
マダラトビエイ、タイマイ、ツバメウオ、

<2> Moofushi Kandu      ( South Ari )
透明度:10 - 20m、 波:弱、 風:弱、 流れ:弱
ナンヨウマンタ(*リーフマンタレイ) 7匹
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
マダラトビエイ、ナポレオン、
ヨスジフエダイの群れ、ヒメフエダイの群れ、

<3> Moofushi Kandu      ( South Ari )
透明度:10 - 20m、 波:弱、 風:弱、 流れ:弱-中
ナンヨウマンタ(*リーフマンタレイ) 5匹
カッボレ、イソマグロ、カスミアジ、
ヨスジフエダイの群れ、ヒメフエダイの群れ、
タイマイ、ムスジコショウダイの群れ、

***********************

こんにちは。3日目はしんごが担当します。
モルディブは、乾季の真っ盛りです!!
【 夏 】ってだけでキラキラした気持ちになりますよね!
何歳になってもこの気持ちは皆、変わりませんね〜〜〜(^^)/


さて、1本目はフィッシュヘッドへ。
エントリーしてポイントに到着するとクマザサハナムロの群れ達がぐっしゃりいました。オーバーハングにはベンガルスナッパーが壁紙のようなデザインで群れています!このイエローは、本当に綺麗でいつまでも見ていられます。

岩の上にはマダラトビエイの赤ちゃんが翼を広げて泳いでいます。子鳥の独り立ちの様に生命を感じます!
根のTOPにはタイマイのお食事をお邪魔をしにパシャリと写真を撮ってダイビングフィニッシュ!


2本目はムーフシカンドゥ。
エントリーして真下にクリーニングステーションが!!7枚のマンタがクルクル旋回!こっちへ向かって来るサービス精神あるマンタも!じっくり観察していると岩場にタコが!!岩の形に変形している姿が何とも言えない可愛いさです。
少し濁りがありましたが、沢山のマンタを見ることができ、感動的でした。


3本目はムーフシカンドゥ。
またもやクルクル回る世界へ。今度はディープでマンタを見ることにしました。沖の方ではグレイリーフシャークがウロウロしています。よーく見るとカマスの群れが群れていましたよ〜。テーブルサンゴにはヨスジフエダイ、ムスジコショウダイの群れがいたり楽しみ方無限です!!
浅瀬のリーフに行くとアオウミガメも!可愛くてずっと見ていたくなりました。
クリーニングステーションは安定に僕たちを楽しませてくれます。















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: 晴れ
気温: 26-33℃
水温: 26-28℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、しんご、てるき、アイマン、マウ
 
 


2019/02/04   2019/02/02~02/09 マーレ・アリ・ヴァーヴルート NO.2

この日潜ったポイント


<1> Rasdhoo Blue     ( Rasdhoo )
<2> Rasdhoo Madivaru     ( Rasdhoo )
<3> Rasdhoo Madivaru     ( Rasdhoo )
<4> Maaya Thila     ( North Male )


<1> Rasdhoo Blue     ( Rasdhoo )
透明度:10 - 20m、 波:弱、 風:弱、 流れ:中
ハンマーヘッドシャーク!!

<2> Rasdhoo Madivaru     ( Rasdhoo )
透明度:10 - 20m、 波:弱、 風:弱、 流れ:弱
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
カッボレ、イソマグロ、カスミアジ、
ナポレオン、ツバメウオ、 ツカエイ、
ギンガメアジの群れ、

<3> Rasdhoo Madivaru     ( Rasdhoo )
透明度:10 - 20m、 波:弱、 風:弱、 流れ:弱-中
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
カッボレ、カスミアジ、ナポレオン、
ギンガメアジの群れ、マダラエイ、
特大イソマグロの群れ!!!

<4> Maaya Thila     ( North Male )
透明度:10 - 20m、 波:弱、 風:弱、 流れ:弱-中
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
マダラエイ、タイマイ、ロウニンアジ、
オニダルマオコゼ、インディアンバナーフィッシュ、
モルディブアネモネフィッシュ、

************************

皆さんこんにちは。
2日目担当のてるです!

今日は陽が昇る前に起床してお客さんと、まだ暗いね〜とお話しながら朝日が昇るのを見ていました(^^)/

そんな今日の1本目はラスドゥマディバルでハンマーヘッドサーチからスタート!
エントリーしてだんだんと深度を取り、全員集合したことを確認してサーチ開始(^^)/
約5分程したところでカンカンカン!!!と音が鳴り響きました。
これはまさかと思い、音の鳴る方を見てみるとハンマーーーーー!!!!
2匹のハンマーが我々のすぐ目の前に現れてくれました(*’▽’)
全員猛ダッシュした後、ハンマーが見えなくなったので再びサーチ再開!
10分程探しているとまたもやハンマーが!!!!
今度はファミリーでしょうか、複数のハンマーを見る事が出来ました。
2回も猛ダッシュして皆さんのエアも減ってきていたのでここでエキジット!
上がってから先ほど撮った動画を皆さんで鑑賞されておられました(^^♪
間近で見るハンマーは迫力が凄かったです…!!!


2本目も同じくラスドゥマディバル。
カレントサイドからエントリーして、リーフ沿いを進んでいくと早速オグロメジロザメを発見!
4匹くらいで太陽の下に向かって気持ちよさそうに泳いでいました。
そしてもう少し進み、砂地にとっても小さいネムリブカがいました。
親とはぐれたのか、一人で散歩していただけなのか。
親の気持ちのようになって少し心配でした( ;∀;)
ネムリブカの横にはどすーんっと居座ってるマダラエイが!
お客様はどちらも写真におさめようと忙しそうでした(笑)

安全停止中には100本記念日の方がおられたので、皆さんで写真を撮ってお祝いをしましたよ〜(^^♪
おめでとうございます!!!


3本目も同じくラスドゥマディバル!
今回はエントリーした後、カレントサイドに向かって潮当たりのいい場所で観察!
さっそく見えてきたのはかなり小太りぎみのギンガメアジを発見(^^♪
思わず二度見してしまいました(笑).
そしてその奥にはオグロメジロザメが!
いつ見ても何回見ても迫力があって興奮します(*’▽’)
お客様も夢中で観察されておりました!!!

そして最後は流れに身を任せながらカスミアジやチョウチョウウオを観察しつつエキジット。やはり泳がなくても進むのは楽で楽しいですよね!


4本目はマーヤティラ。
今回はナイトダイビング!
ナイトは昼間とは一味違った雰囲気ですね。
普段昼間によく見る魚さんたちはぐっすり寝ておりました!
そしてすぐ下を見てみると、マダラエイが忙しそうに泳いでいましたよ〜。
しかもこのマダラエイずーーーっとついてくるんですよ!
可愛いですよね(*’▽’)
少し深場の方にはネムリブカも見る事が出来ました!
他にもロウニンアジが暗闇に紛れてハンティングしていました!
根のトップには腹黒ちゃんこと、モルディブアネモネフィッシュがたくさん!!!
イソギンチャクの中に隠れていたのでおやすみの時間かな?(^^♪
よく寝てまた元気に泳いでいる姿見せてね〜!!!

ということで今日はこれにて全ダイブを終了しました。
お疲れ様でした〜我々もよく寝てまた明日から張り切っていきましょう(^^)/


天候: 晴れ
気温: 26-33℃
水温: 26-28℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、しんご、てるき、アイマン、マウ
 
 


2019/02/03   2019/02/02~02/09 マーレ・アリ・ヴァーヴルート NO.1

この日潜ったポイント


<1> Maagiri Rock     ( North Male )
<2> Fish Tank     ( North Male )


<1> Maagiri Rock     ( North Male )
透明度:20- 30m、 波:弱、 風:弱、 流れ:弱
ヨスジフエダイの群れ、オーロラパートナーゴビー、
スパゲッティイール、チンアナゴ、
トラフシャコ、 モルディブスポンジスネイル、
クダゴンベ、ムレハタタテダイの群れ、
イザヨイベンケイハゼ、ナンヨウハギの幼魚、

<2> Fish Tank     ( North Male )
透明度:20- 30m、 波:弱、 風:弱、 流れ:弱
オグロオトメエイ(*ピンクウィップレイ)
マダラエイ、ツカエイ、
ナポレオン、カスミアジ、イソマグロ、
ムレハタタテダイの群れ、ナミウツボ、
ハニーコムモレイ、ドクウツボ、サビウツボ、
コバンザメの群れ、

************************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

神出鬼没のけんごです。


「大家、過年好!(みなさん、明けましておめでとうございます)」


今週はちょうど中国の旧正月(春節)、チャイニーズニューイヤーと重なりました。
モルディブも例外にあらず。
マーレの空港もたくさんの中国人、韓国人で賑わっておりました。
今週のファンアズール号は韓国からお越しのダイブグループのチャータートリップでした。

今週のトリップはいつものようにマーギリロックからスタート。
まずはウエイト量、浮力、自分のダイビング器材などの確認のために砂地付近で肩慣らしスイム。
チンアナゴがニョキニョキと顔を出してご挨拶。
少し深場に行けば、スパゲッティイールも確認することができます。チンアナゴとスパゲッティイールは似ているようで全く姿、形、長さが異なります、実際に目の当たりにして確認をして欲しいです。

メインの根ではいつものようにヨスジフエダイがぐっちゃり。
お久しぶりにイザヨイベンケイにご挨拶。小さく、岩穴の奥にいて少し紹介をしにくいのが少し残念。なぜかウツボと同じ岩穴で生息しています。写真を撮影するときは注意が必要です。

これまたおいらのお気に入りのナンヨウハギの幼魚。
シーズン当初から成長を見守っておりましたが、近頃旅立ってしまいました。。。“親の心、子知らず!!“とおいらは残念がっておりましたが、別の場所で再発見!!!以前よりも少しだけ体長が大きくなってるかも?おいらもちょっぴり嬉しかった♪

ちなみにインド洋ではナンヨウハギがとってもレアキャラなんでよ♪

2本目はフィッシュタンクでダイビング。
お昼の時間はエイが本当に半端じゃありません。
深場からまるで湧いて出てくるように次から次へとやってきます。しかもダイバーなんてお構いなし!おいら達のすぐ横を泳ぎ去っていきます。今回は30匹以上はいたのではないでしょか???

そして見上げるとムレハタタテダイの群れのカーテン。
流れが影響でしょうか?密集度が非常にあり、威圧感がありましたね!

そしてこれまたウツボマンションは大盛況!!
以前よりメタボリックな個体が増えているため、岩穴からはみ出している個体が続出しております。大きな口をパクパクさせている姿がまるで火の玉を出している恐竜みたい??

そんなこんなであっという間にダイブが終了。
本日は2本で終了し、ラスドゥ環礁に移動でした。


天候: 晴れ
気温: 26-33℃
水温: 26-28℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、しんご、てるき、アイマン、マウ
 
 




  アイマン
モルディブ・ダイブサファリ






FUN AZUL号・モルディブダイブクルーズ


«  2019年2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

 ○過去の情報
  2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。