世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
モルディブ・クラブアズール
 
2019/02/11   2019/02/09-02/16 赤道スペシャル<1>(マーレ→ガーフ)NO.2

この日潜ったポイント


<1> Dhiggaru Kandu     ( Meemu )
<2> Kurali Kandu (Manta Point)     ( Meemu )
<3> Olhugiri Kandu     ( Thaa )


<1> Dhiggaru Kandu     ( Meemu )
透明度:30 - 40 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱+
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
ツムブリ、カスミアジ、カッポレ、
ギンガメアジの群れ、イソマグロ、
マダラタルミの群れ、マダラトビエイ 、

<2> Kurali Kandu (Manta Point)     ( Meemu )
透明度:10 - 20 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
チンアナゴ、ヒメダテハゼ、
オーロラパートナーゴビー、
ブラックシュリンプゴビー、
スカシテンジクダイ、キンメモドキ、
ナンヨウマンタ!!!

<3> Olhugiri Kandu     ( Thaa )
透明度:20 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱-中
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
イソマグロ、カッポレ、ギンガメアジの群れ、
モルディブアネモネフィッシュ、
インディアンバナーフィシュの群れ

バショウカジキ!!!

***********************

今年もこの時期がやってきました!!
モルディブの年に一度のスペシャルトリップ!
今週はその第一弾!!!

今週のトリップは通常のルートとは異なり、マーレ環礁をスタートしてヴァーブ環礁、ミーム環礁、タア環礁、ラーム環礁を通過して、赤道付近にあるガーフ環礁までダイビングをしながら移動する特別ルートでした。

この日はミーム環礁、タア環礁でダイビングでした。

1本目のポイントはディッガルカンドゥ。
潜降した途端マダラトビエイが優雅に泳いでいましたよ。チャネルに到着しては、ギンガメアジが1000匹程群れていました。これには僕たちもビックリ!!!
ギンガメアジの塊から飛び出て来るのは・・・・
グレイリーフシャーク(オグロメジロザメ)!!それにしても大きなサメ!!
何匹も何匹も飛び出てきます!!本当に素晴らしい海でした。


2本目はクラリカンドゥ。
マンタ狙いでエントリー開始!砂地ををゆっくり泳ぐこと20分。砂地にいるハゼやチョウチョウウオをゆったり見ているとマンタ発見!!!ゆっくり目の前を通過していく。こちらに気がついているはずですが、クール通り過ぎていくマンタ。
のちに前に進むとまたもやマンタ発見!!!!写真をパシャリと撮ってすぐにマンタは去って行きました。ガーフトリップ中唯一のマンタポイントなので見れて良かったです(^^♪


3本目はオルギリカンドゥ。
ミーム環礁から僕たちは、タア環礁移動してきました。
これからはチャネルダイブまっしぐらです。チャネルに到着すると、沢山のギンガメアジの群れがいましたよ〜!外側にはグレイリーフシャークやホワイトチップがお散歩中でした。棚の上にはキンギョハナダイがぐっしゃり群れていて、とても素晴らしい景色。
チャネルの中に流されるとインディアンバナーフィッシュが30匹程群れていてシャッターチャンスを逃さずゲスト様は撮っていました!!ダイビングフィニッシュ!





















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: 晴れ
気温: 26-33℃
水温: 26-28℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、しんご、てるき、アイマン、マウ
 
 




  アイマン
モルディブ・ダイブサファリ






FUN AZUL号・モルディブダイブクルーズ


«  2019年2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

 ○過去の情報
  2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。