世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
モルディブ・クラブアズール
 
2019/09/04   2019/09/03-09/07 マーレ・アリルート(ショートトリップ) NO.1

この日潜ったポイント


(1) Lankan Reef     ( North Male )
(2) Fish Tank     ( North Male )
(3) Maayafushi Lagoon     ( North Ari )


(1) Lankan Reef     ( North Male )
透明度:10 – 20 m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
ナンヨウマンタ(*リーフマンタレイ)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
コラーレバタフライフィッシュの群れ、
バリアブルラインドフュージュラーの群れ、
カスミアジ、イソマグロ、
ツバメウオ、ムスジコショウダイの群れ、
タイマイ、ナポレオン、

(2) Fish Tank     ( North Male )
透明度:10 – 20 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
オグロオトメエイ(ピンクウィップレイ)
ジェンキンスウィップレイ、
ハニーコムモレイ、ドクウツボ、クモウツボ、
ナミウツボ、サビウツボ、テングハコフグ、
ムレハタタテダイの群れ、カスミアジ、ナポレオン、

(3) Maayafushi Lagoon     ( North Ari )
透明度:10 – 20 m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
ナンヨウマンタ(*リーフマンタレイ)


************************

お久しぶりです。
お元気ですか?

2019年7月下旬よりスリランカ航空が成田―マーレ間を直行便で運行しております。その影響により以前より到着時間が若干早くなり、まだ明るい時間帯にモルディブに到着することができます。お客様も口を揃えて“楽になった!気持ち少しだけ近くなった気がする!!”と言っております。残念ながら復路はスリランカ・コロンボ経由ですが。

今週も新しいゲストを迎えて、新しいトリップがスタートしました。
今週は雨季にも関わらず、乾季を彷彿させるグットコンディション!
天候に非常に恵まれており快晴つづきでしたよ。(*´∀`)♪

1本目はチェックダイブを兼ねてランカンリーフからスタート。
雨季限定のマンタポイントとして名を馳せておりますが、今シーズンは未だマンタが出たり、出なかったり。ちょっぴりガイド泣かせかな?
波、流れがほとんどなく、チェックダイブとして最適なコンディション。

この日はラッキーなことにおいら達のボートだけでこのダイブサイトを独占状態( ^∀^)
潜降するといきなりネムリブカがご挨拶。そしてそのすぐそばに大きなナポレオンを発見!左にネムリブカ、右にナポレオン。おいらは両方紹介しましたが、お客様はナポレオンを選択しましたよ(^。^)

しばらくするとマンタのクリーニングステーションに到着。すでに2匹のナンヨウマンタが優雅にゆったりと泳いでおりました。時折、クリーニングステーションを通り越してどこかに行ってしまうのですが、しばらくするとすぐに戻って来る!最終的には3匹のナンヨウマンタがおいら達の前に登場してくれました。

ナンヨウマンタ以外にもおいらの大好きなムスジコショウダイやコラーレバタフライフィッシュが綺麗な群れを形成しておりました。この群れの光景を見る度にモルディブやタイ・シミランが含まれるインド洋でダイビングをしていることを痛感するのはおいらだけかな??

2本目はフィッシュタンク。
これまたラッキーなことにおいら達でこのダイブサイトを独占状態(*´∀`)♪

少し流れが強く、何かに捕まらないと着底をすることができませんでしたが、そんなおいら達ダイバーなんてお構い無し??
深場からオグロオトメエイやジェンキンスウィップレイが次から次へと湧いて出るわ出るわ・・・そしておいら達のすぐ側を泳ぎ去っていきます。手を伸ばせば、本当に触ることができるくらいの近距離だったので、お客様は大興奮でしたよ(^o^)

3本目は北アリ環礁まで移動をしてきて、マーヤフシラグーンでないとマンタに挑戦。
すでにおいら達のサファリボート以外にも数隻が集結しており、みんあんの狙い、思いはただ一つ!!!
大量のプランクトンは発生しているのですが、待てど暮らせどマンタ様は現れず。泣く泣くディナーを食べて、再びスタンバイ。
お隣さんのサファリボートでマンタがやってきている様子だったので、マンタを拝借させていただきました。
そこには闇に踊るマンタが2匹。水面付近の大型ライト下ではまるで美ら海水族館のマンタ同様に何度も上下に回転を繰り返しながら捕食を繰り返しておりました。時々おいら達が待機している場所までやってきて、おいら達の目の前を幾度となく周回していきました(*゚∀゚*)

ダイビングが終了して、おいら達のサファリボートに戻るとどうやらボート後方でモルディブ人スタッフが集結中???
おいら達がお隣のボートにやってきたマンタを拝借している間に、おいら達のボートにも同様にマンタがやってきたのでした/(^o^)\

兎にも角にもマンタを見ることができて本当によかった!よかった!

お客様の一言。
「今日はマンタやエイがたくさん見ることができて本当に“エイ”(ええ)日やったよ!!」

















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: 晴れ
気温: 26-31℃
水温: 28-29℃
透明度:10-20m
ウエットスーツ:3mm または 5mm

報告者:けんご、けいた、ボウイ、
 
 




  アイマン
モルディブ・ダイブサファリ






FUN AZUL号・モルディブダイブクルーズ


«  2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

 ○過去の情報
  2019年9月
2019年8月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。