世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
モルディブ・クラブアズール
 
2019/11/18   2019/11/16-11/20 マーレ・アリルート(ショートトリップ) NO.2

この日潜ったポイント


(1) Fish Head     ( North Ari )
(2) Moofushi Kandu     ( South Ari )
(3) Kudarah Thila     ( South Ari )


(1) Fish Head     ( North Ari )
透明度:20 - 30 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
クマザサハナムロの群れ、
イエローバックフュージュラーの群れ、
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
ロウニンアジ、カスミアジ、マダラトビエイ、
タイマイ、クマザサハナムロの群れ、
ベンガルスナッパーの群れ、
(*ヨスジフエダイのそっくりさん)

(2) Moofushi Kandu     ( South Ari )
透明度:20 - 30 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
ヨスジフエダイの群れ、ムスジコショウダイの群れ、
イエローバックフュージュラーの群れ、
マダラトビエイ、ナポレオン、タイマイ、
ナンヨウマンタ!!

(3) Kudarah Thila     ( South Ari )
透明度:10 – 20 m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
クマザサハナムロの群れ、
イソマグロ、ロウニンアジ、カスミアジ、
ヨスジフエダイの群れ、ヒメフエダイの群れ、
ブラックピラミッドバタフライフィッシュの群れ、
キンギョハナダイ、インディアンフレームバスレット、
モルディブアネモネフィッシュ、マダラハタ、

************************


アッサーラム アレイクン♪

お久しぶりです。
お元気ですか?

けんごです。

今週はアズールオリジナルルートであるショートトリップ。
通常ルートだと5日間で巡回するコースを3日間で走破します!!

この日の天気は晴れ。乾季のような紺碧の空、波、風もほとんどなく、まるで鏡のような海がどこまでも広がっていました。移動中はサンドバンクやリゾートの水上コテージなど、お客様はモルディブらしい光景を写真撮影しながら楽しんでおりました。

この日はフィッシュヘッドからスタート。
最近マイブームの早起きは三文の徳?作戦。
この日も人気のダイブサイトにも関わらず、おいら達で独占!!ちょっぴりラッキー!!
この日は流れが雨季のような潮の入り方をしており、オグロメジロザメは少し少なめかと思いきや、別の潮当たりの良い場所でネムリブカと一緒にたくさん群れておりましたよ。

この日は中層の魚の数が半端なかった!
そしてそれを狙ったハンター軍団のカスミアジ、ロウニンアジが常に10数匹が待機しており、捕食のアタックを仕掛けるたびに轟音が響き渡っておりました。

フィッシュヘッドの常連メンバーでもあるヨスジフエダイのそっくりさんのベンガルスナッパーやタイマイなどもみることができました。


2本目はアリ環礁の西側に移動をしてムーフシカンドゥへ。
乾季を代表するマンタポイントですが、すでにマンタの出現情報があり、おいらたちにとっては今シーズン初トライです。おいらたち以外にも情報を聞きつけて、他のサファリボートも集結しております。
エントリーをしてびっくり!!水面から水底40m付近まで丸見え!この透明度だけでも心が躍りましたよ!
大きなナポレオンやマダラトビエイのおチビちゃんが登場。
ダイバーが少なかった影響かな?水底では沢山のネムリブカが至る場所で休憩をしておりました。一体何匹くらいいたのかな?約10m間隔にいたイメージ。
この日は良い潮が入っており、クリーニングステーションに到達する前に多数のオグロメジロザメとネムリブカが登場。流れに乗りながら、何度もおいらたちの目の前で周回を繰り返してくれました。
マンタは出ずにこのまま終わってしまうのかーーーと嘆いていると、なんと安全停止中にマンタが登場。最後の最後でマンタ様が降臨してくれました(笑)


3本目はクダラティラでダイビング。
普段は1本目にダイビングをすることが多いですが、この日はサンセット前にダイビング。
この日は“ぐっちゃり”という言葉が相応しいくらい、ヨスジフエダイとヒメフエダイの群れが根に密集しておりました。
別のオーバーハングの下には大きなマダラハタも生息しており、これまたお客様がびっくり!この巨大ハタが岩の間に挟まって身動きが取れないのではと心配しておりましたよ。
この日はアカネハナゴイのインド洋バージョンであるインディアンフレームバスレットが乱舞乱舞♪オスが鮮やかな背ビレを広げながら、ビシバシとメスに猛烈アピール!婚姻色に変色している個体も多数!お客様共に思わず見惚れてしまいました。

この日はビーチに上陸してBBQディナーでした。






















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: 晴れ
気温: 26-31℃
水温: 28-29℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm または 5mm

報告者:けんご、けいた、ボウイ、ミルー、

 
 




  森本 健吾
モルディブ・ダイブサファリ






FUN AZUL号・モルディブダイブクルーズ


«  2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 ○過去の情報
  2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年5月
2019年4月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。