世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
クチコミとダイビング自慢
 
2018/08/02   行ってきました 南アフリカ・サーディンラン No.2

今年も行ってきました南アフリカのサーディンランのツアー!!!

毎年この時期になると南極から水中生物たちが越冬のために南アフリカ東岸からマダガスカル、モザンビークへと越冬を開始します。

その代表例がザトウクジラとイワシです。
そしてこのイワシの大群を求めて、水中ではイルカ、サメ、陸上ではカツオドリなどが虎視眈々と狙っております。

このイワシを中心にザトウクジラ、イルカなどが繰り広げられるスペクタクルなドラマを”サーディンラン”と呼んでおります。



お客様はヨーロッパからが中心ですが、日本、中国、タイ、インドネシアのアジアからも多数やってきております。



ただ無策に大海原をボートで駆け巡る訳ではありません。
ボート上からカツオドリ、カモメなどが群がっている鳥島を探します。
そしてリゾート付近からウルトラプレインと呼ばれる1−2人ノリの小型飛行機を飛ばして、空からもイワシとイルカの群れを捜索します。



水面付近でイワシが群がっていると水面が独特の波の打ち方をします。そしてまるでトタン屋根を激しく打つ雨音のような波音がします。



実際に水中に入ってみるとイワシがぐっちゃり!!!
イワシ達は慌てふためくように動き回っております。



ハンター軍団のマイルカの仲間が登場。
このマイルカの動きがとても重要となり、イルカが集団で追い込むことによって逃げ場を失ったイワシがより大きな塊に変化していきます。





この海域ではマイルカとハンドウイルカを観察することができます。
現地のキャプテン、ガイドの情報ではハンドウイルカはあまり集団で狩りをすることがすくなく、マイルカのほうが集団で狩りをすることが多いようです。

このマイルカは大きな集団を形成していることが多く、100匹前後の群れを毎日みることができました。





おいら達が南アフリカに滞在した期間はちょうどサッカーワールドカップの時期でした!!そしてレストラン横にあるバーにあるテレビでは連日熱戦が。。。
ロシアとの時差がちょうど良い時間でしたよ!!
もちろん、おいら隊も遠い南アフリカの地より日本代表を応援しました(^O^)
 
 




  行ってきました!(皆さんのページ)
世界中のダイビングできる場所






特になし

«  2018年8月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

 ○過去の情報
  2018年8月
2018年6月
2018年4月
2018年3月
2018年1月
2017年12月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。