世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
クチコミとダイビング自慢
 
2018/01/31   行ってきました、ランギロア&ファカラバ!

大物を狙うなら今の時期が一番!
今回は、タヒチ・ランギロアとファカラバを周遊してまいりました!

まずは、ランギロアから。
ポイントはもちろんティプタパスを潜ります。
ボートの上から波で遊んでいるイルカたちを見つけて、気分が高鳴ります!



潜ってみると透明度バツグン!
まるで空を飛んでる気分になります。
イルカはもちろん、マダラトビエイやカマスの群れ…これだけでも十分満足なのですが…



個人的にまだ会ったことのない、グレートハンマー。
そろそろ時期なので、でてくれないかなー。と日本からこっそり期待していきました。
ダイバーあるあるで、あまり期待しすぎるとでなかったり…しませんか?

そして、今回はなんと!でてくれましたー!



かなり深いところにいたため、はっきりくっきりとはいかなかったものの、ハンマーの形はしっかりと見ることができました!
狙って行ったものがでてくれるとすごくテンションがあがりますね!


続きまして、ファカラバでは北エリアと南エリアを一本ずつ!
ファカラバはランギロアと比べて、もっと素朴な島で、のんびり過ごすには最高の島!
しかし、ダイビングは最高にエキサイティングでした!



北エリアでは今回ランギロアで会えなかったマンタが!しかも大きい!!
潮の関係で、ガルアエパスの中までは潜れなかったのですが、それでも十分な海。

そして、グレートハンマーよりも興奮したのが、南ファカラバのトゥマコフアパス!!
すごい、すごいとは聞いていましたがこれほどとは…!
ペンションからポイントまでは五分程度。ポイントまで近いのは嬉しいですよね♪



潜ってみると噂通りサメがたくさん!
特にサメが群れているポイントでは、岩場に捕まってしっかり観察です。
驚きなのは、サメが途切れない!
ずーーーーーっと視界の中にグレイリーフが!!何匹も何匹も…!
サメ好きにはたまらないポイントになっていました。
さらには、大きめのナポレオンがあちこちにごろごろ…。
ナポレオンってこんなにいるものだっけ?とやや困惑です。



これで大満足、おなかいっぱい…かと思いきや…本当にすごいのはナイトダイビングでした…。
昼間にみたあのサメだらけの海でナイト…これはもう楽しいにちがいない!と迷わず参加決定!

入ってみると…真っ暗い海からいきなりサメ!
ライトの向きを変えるとこっちにもサメ!あっちにもサメ!!
狩りのために昼間よりも浅いところに来ているらしく、そこら中サメだらけです。
ナイトでも観察ポイントに着いたら着底します。
そこからが興奮の連続。
一匹が狩りに成功すると、おこぼれに与ろうと一斉にサメが集まります。
ゴリっ!というお食事中の音も水中でしっかり聞こえました。。
こんなに興奮のナイトダイビングは世界を探してもそんなにないと思います!
南ファカラバに行ったらぜひ体験していただきたいです♪
これを超えるナイトはないんじゃない!?と思うような素晴らしい体験でした。
是非、現地でお試しくださいませ♪

今回はトータル5dive潜りましたが、どれも外れなし!のさすがタヒチと思わせるダイビングでした。
ひとつの島をじっくり潜るのも楽しいですが、二島めぐりで二つの海を比べてみるのも、面白いのでおすすめです。

※今回のお写真は、弊社のストックから使用致しました。
 
 


2017/12/01   行ってきました、南アフリカ〜サーディンラン〜 NO.5

スキンは得意な方がチャンスは高くなりますが、
所詮追いつけないので私は早々にあきらめてほとんど漂よってました。
イルカやクジラは向こうから近づいて来てくれたものです。
頑張ろうと狙っている人は、
スキン用の軽くて長いフィンの方が泳ぎやすい様です。



終了後は雄大な名所Hole In The Wallへ。
大自然の中で乾杯!





ホテルは眺めが良く、食事も非常においしい。
ローストビーフが毎晩食べ放題でした。
デザートも各種あり。
ワインは一本800円ぐらい〜、ビール200円〜なので、
お酒もリーズナブルに楽しめます。










ちょっと遠いですが、記憶に残る旅になりました。
もう一度行きたいと思わせるツアーでした。
 
 


2017/11/29   行ってきました、南アフリカ〜サーディンラン〜 番外編

南アフリカ、サーディンランの羨ましくかつ
ど迫力の動画が届きました!
ぜひご覧下さい。

 
 


2017/11/29   行ってきました、南アフリカ〜サーディンラン〜 No.4

クジラの親子。
刺激しない様に静かに近づいて水に入ります。


どこに行ったか見回すと、ぬうっと巨体が足の先へ。
すぐ下をゆっくり泳いでいます。
ちょっと、手を伸ばせば届きそう。
興奮しながら、カメラを回します。
母子とオスの3匹が、ゆっくり足元を過ぎて行きます。
永遠とも思える時間....。


行く前は、ゴムボートで一日耐えられるかなぁ?
と思いましたが、海に出てしまえば、群れを探して、アタックのチャンスを狙っているうちに、あっと言う間に時間が過ぎてしまいます。
水温は20℃ぐらいですが、一回一回のアタックは短時間だし、
泳いでいるので冷たさは気になりませんでした。
ボートの上では天候も良く、(気温26℃以上)暖かいので、
(日中は日差しが強いぐらい)私は終日5mmのツーピースのみで
問題ありませんでした。
(寒がりな人は、ボートコート等羽織る物がある方がよいです)
 
 


2017/11/28   行ってきました、南アフリカ〜サーディンラン〜 No.3

鰯の群れ。川の流れのよう。



ゆっくり近づいて、球体を作るのを待ちます。


すると待つ間も無く、イルカがアタック開始。
近づくとイルカが警戒して寄ってこないし、遠いとうまく撮影できない。
ゆっくりゆっくり近づきます。


移動中イルカの大群に遭遇。
追い越しても、追い越してもイルカ。いつまで走っても先頭に着かない。
数百匹はいるでしょうか?
カメラでは入りきりませんが、辺り一面イルカ。





 
 




  行ってきました!(皆さんのページ)
世界中のダイビングできる場所






特になし

«  2018年1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

 ○過去の情報
  2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年3月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年7月
2015年5月
2015年3月
2015年2月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年5月
2014年4月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年5月
2011年3月
2011年2月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。