世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
ニューカレドニア・ヌメア
 
2018/02/26   セシュ・クロワッサン



ニューカレドニアの海域にはアカウミガメ・アオウミガメ・タイマイという3種類のカメが生息しています。

その中でも「近絶滅種」という「絶滅危惧種」以上に絶滅の危機に瀕していて、数が世界的に少なくなっているのがタイマイという種類のウミガメです。そんなタイマイを本日は惜しみなく観察することが出来ました。ゆっくり泳いでいるところに静かに近寄ってみても珍しく逃げず、むしろ撮影しているカメラに興味があったのか、どんどんカメラに向かってきてしまうぐらいでした。



その向かってくるタイマイをうまくかわした後のタイマイを見てみると、近くのサンゴエリアの下に頭を突っ込みバリバリボリボリと食事を開始。観察しているダイバーを全く気にすることなく食事をずっと続けていました。久しぶりに貴重なシーンをじっくり観察することが出来ました。


天候: 晴れ
風: 南東,9kt/h
月齢: 8.2(小潮)
波高: 1.2m
気温: 30.0℃
水温: 27.0℃
透明度: 12m
流れ: 0.10kt/h
干潮: 07h31 0.80m / 20h23 0.55m
満潮: 01h36 1.32m / 13h20 1.32m
 
 


2018/02/23   ヤンゲンツアー その3


気長に待ってくれる方、ありがとうございます!
遅ればせながら、ヤンゲンツアー 続きです。
ウミウチワのカーテンをくぐり抜けた先にあるものは。

その先であなたの目に映るものは果たして...!?

水中で神秘的な景色を見せてくれるヤンゲン。
う〜ん、この景色はヌメアにはないねぇ。
陸で感じる太陽と水中で感じる太陽。
別物です。
様々な地形。
覆われた部分があるからこそ映える光の筋。
陰と陽ですね〜。

ヤンゲンへのバーチャルトリップしたい人。
  ↓ ↓ ↓ click!!




水中でも冒険気分です。


天候: 曇り
風:東,15kt/h
月齢: 5.9(中潮)
波高: 0.5m
気温: 30.0℃
水温: 27.0℃
透明度: 28m
流れ: 0.3kt/h
干潮:05h06 0.52m / 18h07 0.61m
満潮:11h54 1.54m / 23h49 1.31m
 
 


2018/02/21   パス・ドゥ・ブーラリ・アウト



サイクロンの影響も収まりつつあるニューカレドニア。本日はサイクロン明け初!外洋へ行ってきました!うねりは残っていたものの透明度抜群の外洋ポイント。エントリーするとエビハンターが朝食タイムの中、お出迎えしてくれました。



その他にも群れ群れのグレイリーフシャーク。



もちろんマンタも見ることが出来、白2枚・黒3枚と両方を見ることが出来ました!うねりがまだ少し高いのでもう少し下がってくれると願う今日この頃でした。

天候: 晴れ
風: 南東,8kt/h
月齢: 4.2(中潮)
波高: 1.2m
気温: 30.0℃
水温: 26.0℃
透明度: 25m
流れ: 0.10kt/h
干潮: 04h11 0.44m / 16h54 0.50m
満潮: 10h26 1.59m / 22h43 1.44m
 
 


2018/02/20   トーホ5


沈船トーホ5のスカシテンジクダイ、今がピークです。
キラキラした群れの中にちょっと違う生物が・・・。

そう、カマスです。大きいもので20センチ。
小さいサイズはスカシテンジクダイとほぼ同じサイズで、
透明色なので探すのは一苦労。
上手く隠れてまわりの小魚を食べ成長していると考えられます。
小さいときから賢く生きているよう。
ある程度まで成長すると沈船から離れ遠い大海原へと旅経っていきます。
その他、見どころはまだまだありますので続きは動画でお楽しみください。



天候: 曇り
風: 南東,14kt/h
月齢: 3.2(中潮)
波高: 1.0m
気温: 28.0℃
水温: 26.0℃
透明度: 20m
流れ: 0.10kt/h
干潮: 03h36 0.38m / 16h18 0.50m
満潮: 09h55 1.62m / 22h03 1.46m
 
 


2018/02/15   セシュ・クロワッサン



昨日はアオウミガメの衝撃的食事シーンから始まりましたが、本日はリゾートらしく癒し系シーンでブログスタートです。1.5mはあろうかという大きなアカウミガメが大きな岩の上でまったり甲羅をクリーニング。この光景はいつ見ても癒されます。



癒し系といえばこちらの綺麗なサンゴに群れる魚たち...。こんなシーンも見ているだけで癒されます。



そんなスズメダイの間を縫うようにトノサマダイがサンゴのポリプをぼりぼりと...。リゾートらしい癒し系シーン。そんな本日の癒し系ダイビングで、ようやく昨日の衝撃的シーンを中和することが出来ました。気になる方は先日(2/13)のブログを見てみてください。

天候: 晴れ
風: 南,13kt/h
月齢: 27.9(中潮)
波高: 1.0m
気温: 25.0℃
水温: 26.0℃
透明度: 20m
流れ: 0.10kt/h
干潮: 00h45 0.45m / 13h32 0.70m
満潮: 07h17 1.51m / 19h01 1.36m
 
 


2018/02/13   テパバ


ガイドとして働いてからというもの、
実に色々なアオウミガメを見てきたのですが、
まさかこんなものを食べるなんて...初めて知りました。
それは...まさかのナマコ!
本日初めて見たこの光景!!しかもピンク色の入ったナマコなんて...。
パッと見て美味しそうではないナマコを前ヒレを器用に使い、
うまく食いちぎっていました。
あまりの衝撃に思わず激写してしまいました。


今日は岩の下にはヤイトハタ&コガネシマアジのペアも。
以前のボスはめっきり見なくなったので次期ボス候補でしょうか?
どこまで育っていくのかじっくり観察していこうと思います。


そしてきれいなカノコダカラガイ。
綺麗な色合いにハマりそうなので今度はじっくり貝も探してみようと
思います。
今年は特に新発見が多く楽しませてくれるニューカレドニアの海。
これだから毎日潜っても飽きません。

天候: 曇り
風: 南南東,13kt/h
月齢: 26.9(若潮)
波高: 1.0m
気温: 28.0℃
水温: 26.0℃
透明度: 20m
流れ: 0.10kt/h
干潮: 00h02 0.51m / 12h52 0.76m
満潮: 06h40 1.44m / 18h19 1.31m
 
 


2018/02/12   パス・ドゥ・ブーラリ・アウト


ようやく海況のうねりも取れて穏やかになった本日は、
多くの方からリクエストをもらうブラックマンタを狙ってきました!
結果はブラックマンタ3枚にお腹が白いマンタ1枚という、
かなり良い結果でした!

ゲスト様方のかなり近くまで大接近してくれたり
かなり近くで見ることが出来ました。



頭上をスーッと通過して行ったりと我々の周りを自由にのびのびと回って、じっくりとその姿を見せてくれました。

明日も良い海況になりますように...。

天候: 曇り
風: 南南西,8kt/h
月齢: 25.9(長潮)
波高: 1.0m
気温: 28.0℃
水温: 26.0℃
透明度: 25m
流れ: 0.10kt/h
干潮: 12h04 0.82m /
満潮: 05h56 1.37m / 17h28 1.26m
 
 


2018/02/10   セシュクロワッサン


なんか、お尻を追いかけているようになってしまった本日の1枚。
オスの諸君!メスのお尻ばかり追いかけていてはいけませんぜ〜!!
むしろ追い越して!
追いかけられるようがんばってくだせぇ。

とりあえず弁解。
決してお尻を追いかけたわけではありません。
本日大量に群れていたホウセキキントキ。
横からF1レースのように流れ去っていったもんですから
慌ててカメラを構えたんですが、時すでに遅し。の状態なのです。
相変わらず群れ群れのセシュクロワッサン。
壁かのようにいたホウセキキントキに心を奪われました。
大きな丸目でいつもこちらを見てくるんですよ〜
虫メガネで覗いたような目をしてね。
もう、目玉おやじめ。
私の妖気は君に反応したさ。
なのになぜお顔を撮らせてくれませんのや〜!

ちょっと妖気のLv上げしときます。間に合うように。

天候: 晴れ
風: 南西,13kt/h
月齢: 22.9(大潮)
波高: 0.2m
気温: 26℃
水温: 26.0℃
透明度: 15m
流れ: 0.1kt/h
干潮: 08h15 0.87m / 21h00 0.63m
満潮: 02h24 1.23m / 13h58 1.28m
 
 


2018/02/09   セシュ・クロワッサン


海は時化ていてうねりもありましたが透明度に支障はなく、
気持ちのいい状態をキープしていました。
そんな本日はニセクロホシフエダイの群れがいつも以上にひしめき合う中
突っ込んでいくアオウミガメ〜という、
いかにも南国らしい素敵な風景に出会えました。



そんな気持ちの良い海で、
更に気持ちよくなっていたチョウチョウコショウダイ。
2匹のプロフェッショナルから施術をがっつり受けていました。


何かにいきり立っていたのか、ナミスズメダイは背びれピーン!
写真撮るには最高でした。

180208
海底でぼーっとしていたエンマゴチは目がかなり独特なので
写真も目のみです!これだけ寄っても全く逃げず・・・。

海面は荒れていましたが水中はのんびりとダイビングを楽しめた1日と
なりました。

天候: 曇り
風: 南東,14kt/h
月齢: 21.9(中潮)
波高: 1.0m
気温: 26.0℃
水温: 26.0℃
透明度: 15m
流れ: 0.10kt/h
干潮: 06h59 0.78m / 19h50 0.62m
満潮: 01h04 1.27m / 13h00 1.36m
 
 


2018/02/08   メトル島


風が強く波も高い本日。
楽しめる、穏やかな風影でのんびりと楽しんで潜ってきました。
フードをかぶっておりますが水温は26〜27度と高いのでご安心ください。



ポイントでは透明度もよく、流れもなくコンディションの良かった水中!
そんな素敵な環境の中、お目当ての1つだったカメ。
日頃から行いが良かった(?)ようで願いも叶って
1本目からばっちり観察できました。



きれいなサンゴエリアではこんなに綺麗なスズメダイたちもわんさか
泳いでいて、まさにリゾートを感じられるダイビングとなりました。



またぜひ遊びにお越しください!

天候 : 晴れ
風 : 南東,18kt/h
月齢:20.9(中潮)
波高 : 0.0m
気温 : 28℃
水温 :27℃
透明度 :15m
流れ :0.01kt/h
干潮 : 06h05m 0.66m / 18h53 0.59m
満潮 : 00h02m 1.33m / 12h14 1.45m
 
 


2018/02/04   テパバ


「Vir colemani」図鑑には
ウィル・コールマンイと載っているこちらのエビ。
和名がないこちらのエビは、
日本ではまだ発見されていない種類のエビです。

いつかは見たいなと思っていた生き物の1つだったのですが、
初めての出会いが今日突然訪れようとは思ってもみませんでした。
水中で密かに大興奮したのは言うまでもありません。
陸に上がってきてからはさらに大興奮でした。
まだまだマクロの生き物で見つかっていないものが多いニューカレドニア。
マクロもどんどん見つけていこうと思います。



天候:雨  
風:東南東11kt/h
波高:1.0m 
気温:26度 
水温:26度 
透明度:8m 
流れ:0.1kt/h
干潮:03h19 0.24m / 16h06 0.52m
満潮:09h44 1.74m / 21h44 1.48m
 
 


2018/02/02   ローカル情報


毎度、TERADAでございます。
お久々の息抜きということで〜!

さてさて、今回の商品は!
な、なんとぉ〜
スティックタイプの日焼け止めー!!!
はいはい、PC前の皆さん、電話とメモのご準備はいいですか〜?

いやいや。
これ、テレホンショッピングちゃいますから。
あの有名な高田さんではない!私、寺田!
とまぁ、前置きはこのくらいでよろしいでしょうか。

マリンアクティビティが盛んなニューカレドニア。
海辺では顔にカラーペイントしたような人をちらほら見かけます。
例えるならあれ、近鉄のブライアント。アイブラックです。
これにピンと来た人。お好きなんでしょう〜?野球。
が、しかーし!
私、野球Lv1のヘボキャラです、ごめんなさい。
その件に関しては弊社益田または清田までお問い合わせください。
お問合せ、その他野球に関するご質問はこちら:info@alizedive.com 
(担当:益田Lv92 清田Lv90)

話が逸れましたが。。。
カラーペイントの正体は日焼け止めでした。
これ、水にかなり強いです。
液体ではなくクレヨンのような感じなので落ちにくいから嬉しい。
美白命でなくてもお肌の保護に!
ちなみに環境保護成分でダイバーにも嬉しい。

カラーはスタンダードの白・ベージュ、
個性派には緑・紫・グレー・青 と豊富な品揃え〜。
薬局で普通に購入できます。
お試しあれ。
 
 


2018/02/01   セシュ・クロワッサン



ボートの上からカメラを持った謎の男が現れた。
男はカメラを構えようとしている。私はすぐさま逃げ出だした。

男はカメラを構えたまま追いかけてきた。
ちょうどいいところにエダサンゴがあったのでそこに隠れた。



男は私を撮りたそうにこっちを見ている。どうする私・・・。
男がカメラの調整をしている間の隙をついて逃げ出した。

無事エスケープ完了!!

超レアなコンスピの気持ちで書いてみました。
この子ははぐれメタルいやキングメタル級の素早さを持っています。
次出会えるのはいつの日か・・・。

天候: 曇り
風: 南西,15kt/h
月齢: 13.9(中潮)
波高: 1.0m
気温: 26.0℃
水温: 27.0℃
透明度: 5m
流れ: 0.15kt/h
干潮: 01h05 0.25m / 13h56 0.62m
満潮: 07h37 1.71m / 19h29 1.46m
 
 




  益田 智史
ニューカレドニア・ヌメア






特になし

«  2018年2月  »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

 ○過去の情報
  2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。