世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
ニューカレドニア・ヌメア
 
2019/02/16   テパバ



昨日はバレンタインデーでした。
チョコレート食べましたか〜?
日本では女性から男性へ。。ですが!
こちらでは逆。
男性から女性へプレゼントです。
ってことで、日本にいる女性の方!
次のバレンタインは是非ニューカレドニアで。
いろんなハッピーをもらえるかも。。🎵
本日のウミウシ、クリヤイロウミウシ〜
体の小さい突起が金平糖のようです。
サイズもお手頃で撮りやすい。

テパバと言えば、群れ群れー!!!
って感じですが。。。
マクロが好きと聞いたらやっぱり行くしかない!

知る人ぞ知るテパバの深場。

ウミウシ結構おりますねん。

今日も見てきたアオモンモウミウシ。
が、、、今日のは小さすぎて写真は無理でした(汗

(*ポイント)
1本目 テパバ
クリヤイロウミウシ、ミゾレウミウシ、ヒブサミノウミウシ、アオモンモウミウシ、ギンガメアジ、ロウニンアジ、ユメウメイロ、ブラックバタフライフィッシュ、ウミウシ幼体、ニセアカホシカクレエビ、クマノミ、イエローバンデッドスナッパー、ニセクロホシフエダイ

2本目 セシュ・クロワッサン
ロクセンフエダイ、ニセクロホシフエダイ、ホウセキキントキ、ゴールドヘッドダムゼル、シルバードラマー、レッドアンドブラックアネモネフィッシュ、バリアリーフアネモネフィッシュ、ほら貝捕食


天候 くもり
風 ESE 7kt/h
月齢 10.2(長潮)
波高 0.6m
流れ 0.1kt/h
気温 26℃
水温 25℃
干潮 09h31 0.88m / 22h15 0.53m
満潮 03h39 1.29m / 15h08 1.26m
 
 


2019/02/14   メトル島前



まだまだ続いております強風。へビーリピート中の風にめっぽう強い浅場のメトル島前。浅いからといって侮ってはいけません。まずはバリアリーフクロミス。ヌメアでも個体数は多くないので浅場で見ることができればぜひ撮ってください。



尾びれでHalimeda cylindracea(サボテングサの仲間)をしっかりとつかむトラギスのなかま。良い表情です!!



ワモンキセワタが砂地を徘徊しておりました。



オオモンカエルアンコウは先週よりずっと同じ場所で生息中です。


(*ポイント)
1本目 メトル島前 アオウミガメ、ヤイトハタ、ゴールドヘッドダムゼル、オオモンンカエルアンコウなど 

2本目 メトル島前
バリアリーフクロミス、タイマイ、アオウミガメ、クジャクスズメダイ、オキスズメダイ、ブルースポット・ダムゼル等

天候 晴れ
風 E 17kt/h
月齢 8.2(中潮)
波高 0.1m
流れ 0.1kt/h
気温 29℃
水温 26℃
干潮 06h41 0.77m / 19h44 0.60m
満潮 00h51 1.27m / 12h45 1.36m
 
 


2019/02/11   パス・ドゥ・ブーラリ・アウト



先日ビーチを歩いていたら、私の足裏に衝撃が走った。
『痛っ!!!(なんや!?くらげ!?)』
犯人はまさかのミツバチ。
あんな広いビーチの中で蜂を踏む確率、
はい、これなぁ〜んぼ???
今なら宝くじ、当たる気がします!

今日もマンタ出ました!
近かったです。従ってハヅキルーペは不要です。
ずっとクリーニングしてました。
・・・・が!!!
しかし!
今日はハダカハオコゼががかわいかった(惚
ゆ〜らゆ〜ら揺れて〜♪
癒し系ダイブ。



こちらは『がんばって踏ん張ってます!』の図

(*ポイント)
1本目 トーホ5〜タブー
ラインドフェアリーラス、ササムロ、スカシテンジクダイ、フェミニンラス、グレイリーフシャーク、チンアナゴ、アンボンクロミス、バリアリーフアネモネフィッシュ、レッドアンドブラックアネモネフィッシュ、コブシメ

2本目 パス・ドゥ・ブーラリ・アウト
ブラックマンタ、ナポレオン、ナンヨウハギ、キイロイボウミウシ、ハダカハオコゼ、フェミニンラス、クロハギ、マブタシマアジ

天候 晴れ
風 SE 12kt/h
月齢 5.2(中潮)
波高 0.7m
流れ 0.1kt/h
気温 28℃
水温 25℃
干潮 04h34 0.50m / 17h24 0.58m
満潮 10h53 1.54m / 23h08 1.35m
 
 


2019/02/06   メトル島前



うまくかくれんぼしていたカエルアンコウ。同色の岩肌に擬態をしていたので、全く気づきませんでした。
今日からご参加のショップツアーのガイドさんが発見してくださいました。初見だったので、ついついゲストさんと一緒に見入ってしまいました。違う海で潜られているガイドさんがいらっしゃるといろんな生物が見つかることがあり面白いです。明日以降も新たな発見があることに期待しております!!


(*ポイント)
1本目 メトル島前
ローランズダムゼㇽ、ゴールドヘッドダムゼル、ロクセンフエダイ、ニセクロホシフエダイ、スジアラ等

2本目 メトル島前
サウスシーズデビル、オイランヨウジ、アオウミガメ、ヤッコエイ、グレイバックダムゼル等

天候 曇り
風 E 15kt/h
月齢 0.2(大潮)
波高 0.1m
流れ 0.01kt/h
気温 24℃
水温 26℃
干潮 01h37 0.37m / 14h42 0.65m
満潮 08h25 1.59m / 20h10 1.41m
 
 


2019/02/01   テパバ



ちゃーす!
今日は今年の干支にちなんでウミウシに猪突猛進。
こうなった私はもう誰にも止められまへん。

テパバでちょこっとディープなダイブしてきました。
狙いはもっぱらウミウシ。
目の前や頭上をギンガメやらユメウメイロやらが群れっ群れの中目もくれず。
私の心は一途にウミウシ。

見つけた見つけた。
ホホベニモウミウシ〜。

そのピンクなほっぺ、つついていっすか(∩´∀`)∩



これ、裏表でトータル12個体いたです。
大6個体 小6個体の構成。
2世帯住宅なんてもはや古い。
ここでは3世帯住宅が当たり前〜の図。



しかし今日はこれもかわいかった。
最後に見たから今日はこれがオオトリを飾るとしよう。
センテンイロウミウシ✨

ペロペロキャンディーみないなカラーやねぇ、君。



1本目
ギンガメアジ、ユメウメイロ、ヤイトハタ、ネムリブカ、ヒブサミノウミウシ、センテンイロウミウシ、ホホベニモウミウシ、アオモンモウミウシ、テヌウニシキウミウシ、ソヨカゼイロウミウシ、

2本目
レッドアンドブラックアネモネフィッシュ、バリアリーフアネモネフィッシュ、ゴールドヘッドダムゼル、ツカエイ、ヤッコエイ、ニセアカホシカクレエビ抱卵、ホウセキキントキ、ホワイトレイズサージャント

天候 くもり
風 E 15kt/h
月齢 25(長潮)
波高 1.0m
流れ 0.1kt/h
気温 26℃
水温 25℃
干潮 10h41 0.88m / 22h57 0.54m
満潮 04h44 1.32m / 16h06 1.27m
 
 




  益田 智史
ニューカレドニア・ヌメア






特になし

«  2019年2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

 ○過去の情報
  2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年3月
2008年2月
2008年1月
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。