世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
ニューカレドニア・ヌメア
 
2017/11/23   メトル島 体験ダイビング

ニューカレドニアのような南の島へ遊びに行く際、行なってみたくなるのがマリンスポーツと思います。そんな中でもダイビングは一度はやってみたいと思った事がある方も多いと思います。 そんな気軽に体験ダイビングをしたい方やダイビングをしたいがブランクがすごくある方にオススメなのが、こちらのメトル島体験ダイビングです☆メトル島はヌメアから船で20分かからずに向かえ、南国のリゾートを体感できる、とても綺麗な島です。この島での体験ダイビングポイントではほぼ100%近い確率で!アオウミガメに会うことが出来ます☆



もともとメトル島周辺にはアオウミガメが多く生息しています。こちらのアオウミガメは触ったり追いかけたりしなければ、ゆっくり泳いでくれるのでじっくり観察出来ます。またカメが休憩中であればかなり近くまで寄ることも出来ます。ここの体験ダイビングポイントの水深は2〜3mと浅く、初めて体験ダイビングをする方やブランクがかなりある方でも楽しめるポイントです。是非気軽にダイビングしてみて下さい☆


 
 


2017/11/18   パス・ドゥ・ブーラリ・アウト


緩い下げ潮で益田、ベルトランの2チームでエントリー。
昨日と同じく浮遊物が多いブーラリアウトになぜか期待感を
抱いてしまいます。何の期待感というとマンタです。

その期待を裏切らなかった今日の1本目。
次々に現れるブラックマンタに驚愕。
1枚、また1枚とまるでベルトコンベアーのように流れてくるマンタたち。
しかもオールブラック。
益田チームは合計4枚見ることができました。
この状況に誰も満足しないわけがありません。
エキジット後の水面は荒れていましたが、
心の中はさぞかし穏やかな気持ちだったはずです。
一番最後にエキジットしたベルトラン。
彼に何枚見たか尋ねると満面の笑みで「ブラックマンタ7枚見たぜ!!」と
自慢げにいってました。
さすが大物を呼ぶ男。恐れ入ります。

天候: 晴れ
風: 南,10kt/h
月齢: 28.2(中潮)
波高: 0.5m
気温: 27.0℃
水温: 24.6℃
透明度: 20m
流れ: 0.15kt/h
干潮: 00h37 0.39m / 12h59 0.59m
満潮: 06h55 1.48m / 18h44 1.46m
 
 


2017/11/15   セシュ・クロワッサン




ハムハム。い、痛いってばぁ〜!
お、タラコと間違えたぜぇー!
はい、お口に注も〜く!

お口むしゃむしゃされてます。(右側)
さて、読者の皆さん。検証をお願いいたします。
これは果たしてキッシングなのか、喧嘩なのか。
攻めは左が勝っています。
しかしよくよく見てみると。。。右の子、超おちょぼ口!ちっちゃいお口で石原さ〇みバリの可愛さ。
そんなお口では俺に勝てね〜ぜ、ほらほらもっと大口を開けてみるんだー!
む、無理っす先輩ー。。(泣)か、勘弁してください。
僕の口が裂けます!(キリッ
そこそんな胸張って言うとこちゃいますでしょう。
無駄口叩いてる暇があるなら君、もっと頑張りたまえ。
(と、レフェリーローランズダムゼルより厳しいお言葉が!)



レフェリー歴30年(推測)の僕がこの試合、見届けます。



と、ここで巻き返した、おちょぼ口!
反逆の開始である。
しかしやはり口が小さい。というか可愛い口!(おっと失礼いたしました、本音が。。byレフェリー)



はい、ジャッジ!
本日の勝者はぁぁぁぁーーーー!?M A S U D A だぁぁぁぁぁ!!!!!
(え?)
はい、勝者はやはり撮影者の益田さんでしょう。
そりゃないぜ〜ローランズさんよぉ。って声は無視で。

天候: 晴れ
風: 東南東,15kt/h
月齢: 25.2(中潮)
波高: 0.5m
気温: 23.2℃
水温: 24.0℃
透明度: 18m
流れ: 0.5kt/h
干潮: 10h27 0.63m / 23h15 0.53m
満潮: 04h24 1.22m / 16h37 1.43m
 
 


2017/11/11   セシュクロワッサン



うふふ〜。夜のセシュクロワッサンさぁぁ〜。
そこで人生初の経験。私のアルバムに新たな1ページが刻まれた。

視察でナイトダイビング行ってきました。
そもそもボートでのナイトダイブが初めての私。今まではビーチエントリーオンリーであった私。

沈んでいく夕日を水面でボートに乗りながらウキウキと眺めつつ。
しかし興奮でイマイチ落ち着かないのが自分でもわかった。
やたらとあれしたり〜これしたり〜。ちょっとカメラを見直して見たり、ライトチェックしたり。

まるで遠足前の小学生ですよ。
自覚しつつも止まらへんねん、落ち着きのなさ!!
ナイトダイブってなんでこんなテンション上がりますん!?
気分ボタン、ロビンソークルーソーをON。
ふっふっふっ。

今日は狙いがあるのさ。
そう!ご覧の通り、サンゴの産卵であります。
お餅が押し出されるかのように卵がぷくぅぅ〜と出てくる。
ピンポン玉がふぅ〜わふわ〜。
お花が、お花が〜〜〜!!!

ちょっとスリルある暗闇のナイトダイビング。
あっという間にビビりも吹き飛んだ産卵の瞬間。
ボフボフ出る私の泡(笑)
しょ、初見でありますー!!!

私、ムービー担当ですが、自分の目でも見たい!!画面越しではなく!
3脚を立ててカメラを任せ、注目した産卵の瞬間。
なんかもう、すごかったです。

ほんまに感動の時、すごい時って、人間言葉が出ないものだなと。
100分近く水中にいたダイビングでした。

天候: 晴れ
風: 南南西,7kt/h
月齢: 19.2(中潮)
波高: 0.3m
気温: 24.0℃
水温: 26.2℃
透明度: -
流れ: 0.15kt/h
干潮: 04h44 0.29m / 17h48 0.66m
満潮: 11h22 1.55m / 23h10 1.24m
 
 


2017/11/10   パス・ドゥ・ブーラリ・アウト


春から夏へ。現在季節の移り変わり真っ只中です。
水中ではあちらこちらで色々な幼魚が出て来ています。

最近特に目につくのがこちらのペインテッドアンティアスの幼魚達。
今1番数が多く出始めている時期でこのポイントでは高確率で、
可愛いサイズが確認できています。
更にはこちら。



ニューカレドニアでもかなり見ることがないヒオドシベラの幼魚まで
見られています!
このサイズは初めて見たので思わず大興奮でした!!
今の時期は
じっくりと幼魚探しをしていくダイビングも楽しいと思います^_^


天候: 晴れ
風: 南西,8kt/h
月齢: 19.2(中潮)
波高: 0.5m
気温: 30.0℃
水温: 23.0℃
透明度: 25m
流れ: 0.25kt/h
干潮: 03h59 0.21m / 16h49 0.59m
満潮: 10h29 1.62m / 22h19 1.32m
 
 




  益田 智史
ニューカレドニア・ヌメア






特になし

«  2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

 ○過去の情報
  2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年3月
2008年2月
2008年1月
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。