世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
ニューカレドニア・ヌメア
 
2018/04/29   ソノアロック



西風の恩恵を受けたソノアロック。それは見事な透明度。

30m以上の抜け具合、そして他ショップがまったくいないという極上の贅沢空間を満喫してきました。きれいなブルーに黄色がよくはえるので根のトップのアカヒメジはいつもよりキレイでした。
そんな透明度でも砂地には忘れずに向かいます。ダテハゼの仲間「プリティーテールシュリンプゴビーyg」がちょいちょいいました。ygはまだ尾の朱色が濃ゆくないのでぱっと見だとノーマルのダテハゼに見えてしまいます。貫禄の出てきた「エレガントゴビー」も健在。立派なお髭があり、全然エレガントではないとのお言葉も・・・。
GW中、風はあまりないのですが、うねりが高いいやな予報。いい方向に転ぶのを願うしかないです。

天候: 晴れ
風: 西,8kt/h
月齢: 12(中潮)
波高: 0.1m
気温: 28.0℃
水温: 26.4℃
透明度: 35m
流れ: 0.1kt/h
干潮: 00h11 0.48m / 12h44 0.42m
満潮: 06h14 1.50m / 18h50 1.43m
 
 


2018/04/28   テパバ



テパバの大岩から深場に下るとそこはマクロ天国。今日はひさしぶりにカメラを持って散歩してきました。

まずはいなくなったとばかり思っていたイレズミミジンベニハゼに再開。生息場所が代わっており今回は同系色の海綿におりました。陰にはトラギスの影が・・・。
他にも多種多様なマクロが目白押しでした。



ミジンベニハゼの近くにいたレンゲウミウシ。私は初見でした。



5センチ未満の可愛いハチマキダテハゼyg。

他にも今は、イソモンガラyg、カンモンハタyg、イトマンクロユリハゼygなどマクロネタが豊富です。


天候: 晴れ
風: 北西,5kt/h
月齢: 11(若潮)
波高: 0.0m
気温: 26.0℃
水温: 25.6℃
透明度: 15m
流れ: 0.2kt/h
干潮: 12h03 0.50m /
満潮: 05h30 1.48m / 18h04 1.35m
 
 


2018/04/27   スポット・ドゥ・サーファー



今日もいい意味で天気と海に裏切られました。厚い雲に覆われてましたが、無風。久しぶりにスポット・ドゥ・サーファーへ行きました。ここはダンベアパスとウィトエの間にあるポイント。ヌメアで数少ない地形を楽しめます。

右手に大きな壁を見ながら、イソバナ、カラフルなハナゴンベにタカサゴが群れ群れ。絶景を楽しみながら進んでいくと
浅場に大きな影が・・・。



まさかのブラックマンタの登場です。普段とは違うところで出たのでガイド陣は思わず大興奮。遠くてお腹の模様は判別できませんでしたが見れただけでも大満足。実はこのポイント、水温が下がるとジンベエザメやハンマーヘッドなど大物が現れる隠れ大物スポットです。

天候: 曇り
風: 東北東,5kt/h
月齢: 10(長潮)
波高: 1.0m
気温: 26.0℃
水温: 25.6℃
透明度: 35m
流れ: 0.2kt/h
干潮: 11h15 0.59m / 23h19 0.51m
満潮: 04h40 1.44m / 17h09 1.25m
 
 


2018/04/26   パス・ドゥ・ブーラリ・アウト



ピグミー捜索、無事終了。

前から狙っていた、休みになったら絶対ピグミー探しの旅行くでー!
やっと入れたパス・ドゥ・ブーラリ・アウトの上げ潮の回!

ひとまずエントリー口の近くから。。と
立ち寄ったらいきなりおりました。
し・か・も!!!
3個体いたんですねぇ〜
思わず水中でブッフォ!ってなりましたよ。

見たい人、お早めに〜

天候: 曇り
風: 北北西,5kt/h
月齢: 9(小潮)
波高: 0.3m
うねり: 1.4m
気温: 25.0℃
水温: 26.0℃
透明度: 30m
流れ: 0.4kt/h
干潮: 10h16 0.68m / 22h17 0.54m
満潮: 03h40 1.40m / 16h01 1.17m
 
 


2018/04/25   パス・ドゥ・ブーラリ・アウト



予報よりも風とうねりがなかったので2本ともブーラリアウトにチャレンジしました。ガンガン流れているの上げ潮で序盤からピックハンドルバラクーダ、ニューカレドニアの冬の風物詩、川のように流れるグレイリーフシャーク、赤い絨毯のようなホウセキキントキが登場。

おまけにマダラトビエイの編隊までも見ることができました。そのあとはお約束のブラックマンタの登場。1ダイブ目はブラック3枚に白1枚が登場。2本目はブラック2枚に白1枚でした。1枚もしかすると初見かもしれないブラックマンタでした。



マンタネタ続きますが、このポイントで忘れてはならないペインテッドアンティアス。ブラックマンタの前に堂々と現れ、存在感を示しています。マンタのクリーニングステーションとペインテッドアンティアスの生息場所が同じなのでブラックマンタで黒抜きという夢をかなえることができます。過去の写真ですがもう少しでブラックマンタで黒抜きが完成しそうでした。

天候: 晴れ
風: 東,6kt/h
月齢: 8(小潮)
波高: 1.0m
気温: 26.0℃
水温: 25.0℃
透明度: 20m
流れ: 0.3kt/h
干潮: 09h02 0.73m / 21h02 0.55m
満潮: 02h28 1.39m / 14h32 1.12m
 
 


2018/04/24   パス・ドゥ・ブーラリ・アウト



海況の影響で行けないこともしばしばある、ここ「ブーラリアウト」。しかし海況さえ良い状況でポイントに入れれば、高確率でマンタが出てくれています!本日も4枚のブラックマンタが出てくれました!



近くをゆっくり通るマンタにゲストさんも大興奮!夢中で写真を撮影していました。個体によってお腹模様が違うマンタ。複数枚見れたときはお腹の模様を見て、個体チェックしてみるのも面白いです。

天候: 晴れ 
風: 東,9kt/h
月齢: 8(小潮)
波高: 1.5m
気温: 27.3℃
水温: 25.0℃
透明度: 15m
流れ: 0.2kt/h
干潮: 07h36 0.74m / 19h34 0.52m
満潮: 01h11 1.41m / 12h55 1.14m
 
 


2018/04/23   ディェポアーズ



ニューカレドニアを代表する沈船の1つ、ディェポアーズへ久しぶりに行ってきました!その大きな姿には圧巻の一言!透明度も良かったのでいつも以上に大迫力に感じました!



そこに、今年は永くその姿を見せてくれている固有種のウミウシ、ヌメアカタライが本日も居てくれました。その愛くるしい姿を見るとゲストさん以上に胸キュンしてしまうスタッフ陣でした。



さらに沈船の周りではオニヒラアジとコガネシマアジの群れが、沈船周辺に群れる小さな魚の群れを我々の目線を全く気にせずグルグルグルグル常にハンティングし、これまた迫力あるシーンを見せてくれました。少しずつ小さな魚たちの姿が減ってきているので、このネイチャーシーンが見れるのも今年もあとわずかのようです。

天候: 晴れ 
風: 東南東,11kt/h
月齢: 7(小潮)
波高: 1.0m
気温: 26.5℃
水温: 25.0℃
透明度: 15m
流れ: 0.1kt/h
干潮: 06h19 0.7m / 18h18 0.44m
満潮: 00h01 1.46m / 11h43 1.22m
 
 


2018/04/22   テパバ



マクロで楽しんだ昨日とは打って変わって、今日はワイドで攻めてきました。結果は大当たり!ユメウメイロを狙ってメートル越えのロウニンアジが手が届きそうなほどの近くを通過!これにはゲストさんも大興奮!



その近くでギンガメアジ&マブタシマアジ、更にはユメウメイロまで色々な群れが混ざった巨大な塊にも遭遇出来、

大物を堪能した本日でした!!

天候: 晴れ 
風: 東南東,13kt/h
月齢: 4(中潮)
波高: 1.5m
気温: 26.0℃
水温: 25.0℃
透明度: 15m 流れ: 0.1kt/h
干潮: 04h27 0.55m / 16h39 0.29m
満潮: 10h08 1.39m / 23h04 1.52m
 
 


2018/04/20   テパバ



大物も楽しいですがマクロも楽しいテパバポイント。最近では見つけたかったオオアリモウミウシ属の一種を発見することが出来ました。2mm程しかありませんでしたが、つぶらな瞳が可愛かったです。



そしてここのポイントのバブルコーラルに着いてからペアで長い期間滞在中のウィル・コールマンイ。本日もしかりゲストさんを楽しませてくれました!ここのポイントでは潜るたびに新しい発見があります。ワイドで潜るのも楽しいですが、あえてのマクロで潜ってみるのもおススメのポイントです。

天候: 晴れ 
風: 東南東,13kt/h
月齢: 3(中潮)
波高: 1.5m
気温: 27.0℃
水温: 25.0℃
透明度: 12m
流れ: 0.1kt/h
干潮: 03h42 0.49m / 15h56 0.25m
満潮: 09h29 1.47m / 22h15 1.57m
 
 


2018/04/19   ソノアロック



海に出てみると予報よりも海況が良い・・・。良いほうに予報が外れた本日。遠出して普段はなかなか行けないポイント、ソノアロックまで行ってきました。外洋ということもあって気持ち良い透明度、群れ群れなカラフルな魚群達。心癒されました。



そして海底にはホワイトチップ。こちらも真っ白い砂地の上で癒されていたのでしょう。普段よりもかなり寄ることが出来ました。



癒しダイビングを終え安全停止しようと移動しているとスーッと奥からサプライズ!まさかのまさか、マンタが登場!自分自身ここのポイントでは初めてのマンタ。予期せぬ最高の来客に思わずゲストさんと共に大興奮してしまいました!癒し系ダイビングが最後はエキサイティング気分になる、最高のダイビングとなりました。

天候: 晴れ
風: 東,8kt/h
月齢: 1(大潮)
波高: 1.0m
気温: 29.0℃
水温: 25.0℃
透明度: 20m
流れ: 0.1kt/h
干潮: 02h20 0.42m / 14h44 0.26m
満潮: 08h18 1.55m / 20h51 1.51m
 
 


2018/04/17   フォース・パス・ドゥ・ウィトエ



海況が良かったので久々にウィトエまで遠征してきました。ここのポイントはレア系マクロ、地形、大物が1ダイブで楽しめる万能ポイント。他地域では40m前後でしか見ることのできないニラミハナダイが30m前後にわんさか。今日は1匹のオスに8匹のメスのハーレムを見つけました。



水深を上げていくとマダラトビエイ1匹が優雅に泳いでいました。
綺麗なサンゴの上を通過するとそこではブダイが産卵。流れてきた卵を食らうタカサゴ達。水温が下がり始めても活発でした。
エキジットの準備をしているとバラフエダイの200匹ほどの群れと下から湧き上がってくる400匹のイスズミが登場。最後の最後まで楽しむことができました。エキジット後のゲストさんの表情はとてもにこやかでした。
海況が良ければいつでもチャレンジしたいポイントです。

天候: 晴れ
風: 東,12kt/h
月齢: 29.5(大潮)
波高: 1.0m
気温: 26.0℃
水温: 26.0℃
透明度: 30m
流れ: 0.15kt/h
干潮: 01h41 0.42m / 14h09 0.32m
満潮: 07h43 1.55m / 20h12 1.55m
 
 


2018/04/16   パス・ドゥ・ブーラリ・アウト



4月になってから初めて穏やかな海況に恵まれた本日。そんなチャンスを逃すまい!と、早速マンタを狙ってきました!気になる結果は...

ブラック5枚にホワイト3枚と、多くのマンタがお出迎えしてくれました。今年はとにかくマンタ絶好調です!



更にはオオメカマスのまさかの1000匹越えの大群も登場し、久々の外洋ポイントをガッツリ堪能した1日となりました。

天候: 晴れ
風: 東北東,12kt/h
月齢: 28.5(中潮)
波高: 1.0m
気温: 29.0℃
水温: 24.0℃
透明度: 15m
流れ: 0.1kt/h
干潮: 01h02 0.45m / 13h36 0.39m
満潮: 07h09 1.53m / 19h33 1.49m
 
 


2018/04/12   テパバ



本日は久々に100匹以上のギンガメアジがグルグルトルネードしていて、しかもそれがかなりじっくり観察出来てゲストさん以上にテンションが上がってしまったあきらです。
あのシャイだったギンガメアジがここまで寄れるなんて・・・。とにかく大興奮&大迫力でした!



それ以上にゲストさんのテンションを上げてくれたのがBOSSヤイトハタ。
今日は全くというほど微動だにしなかったのでゲストさんも納得いくまで撮影出来ました。



そのすぐ後ろの大岩の下にはお久しぶりにマダラエイまで登場!
本日ダイビング最終日だったゲストさんは終始大興奮のダイビングとなりました!


天候: 晴れ 
風: 南南東,13kt/h
月齢: 24.5(小潮)
波高: 1.5m
気温: 26.0℃
水温: 25.0℃
透明度: 12m
流れ: 0.2kt/h
干潮: 10h56 0.74m / 22h48 0.61m
満潮: 04h27 1.3m / 16h31 1.31m
 
 


2018/04/11   TOHO5



4月に入ってからというもの、海が大時化続きだったニューカレドニア。
本日は久々に、先日に比べて海が落ち着いたので沈船ポイントTOHO5へ行ってきました。
日本のマグロ漁船であるTOHO5では現在幼魚のハナムロやスカシテンジクダイなどがわんさか群れており、本日はそれを狙ってオニヒラアジの群れが登場!



沈船の周りやらダイバーの周りやら終始グルグルグルグル。
ゲストさんを常に楽しませてくれました!
幼魚がまだまだ多かったのでしばらく楽しませてくれそうです。
明日も良い天気になりますように!!

天候: 晴れ
風: 南南東,11kt/h
月齢: 23.5(小潮)
波高: 1.0m
気温: 25.0℃
水温: 25.0℃
透明度: 20m
流れ: 0.1kt/h
干潮: 09h53 0.80m / 21h42 0.65m
満潮: 03h23 1.26m / 15h15 1.09m
 
 


2018/04/08   セシュ・クロワッサン

イエロー絨毯(移動式)



なかなか逃げ足の早いロクセンフエダイ。



ここはやっぱりムービーで撮っていただきたい。
その動き、カメラに抑えたり〜!
花火大会の人混みを思い出す。
流れ出す、人の川。ではなくお魚の川。
海の中に魚でできた川。
海の中に川って。言ってて意味わからへんくなってきた。。
しかし、見たまま表現するとそうなりますんです。

天候: 晴れ
風: 東,14kt/h
月齢: 20.5(中潮)
波高: 1.0m
気温: 27.5℃
水温: 25.0℃
透明度: 10m
流れ: 0.1kt/h
干潮: 06h03 0.75m / 17h57 0.53m
満潮: 11h29 1.23m
 
 


2018/04/03   ヤンゲン 特別編



ムッシュー チェリー特集!!
1度会ったら絶対好きになる!
北部ヤンゲン、BABOU COTE OCEANオーナーのチェリーさん。

水中でも笑顔を絶やさない。

スマイル0円!
このパフォーマンスに癒されます。
自分のフィールドに自信を持っているからこそ。
とにかくゲスト様に見ていただきたい!写真を撮っていただきたい!ここの海を全部見てほしい!
そんな思いがチェリーさんからはひしひしと伝わってくる。
写真撮影のサポートも手厚い。

みんな大好きチェリーさんです。
 
 


2018/04/01   セシュ・クロワッサン


5日前に見つけたバリアリーフアネモネフィッシュの卵。
親も懸命に新鮮な海水を送っていました。あの時は産みたてを感じさせる、
綺麗なオレンジ一色でした。
それが...たった数日空けただけでここまで成長していました!



卵1つ1つにしっかりと目。あと数日後には孵化して旅立ってしまいます。
孵化の瞬間には立ち会えない確率が非常に高いですが
ギリギリまで観察してみようと思います。

天候: 晴れ
風: 東北東,13kt/h
月齢: 12.5(中潮)
波高: 1.2m
気温: 29.0℃
水温: 26.0℃
透明度: 12m
流れ: 0.1kt/h
干潮: 00h34 0.34m / 13h15 0.49m
満潮: 06h49 1.59m / 19h07 1.45m
 
 




  益田 智史
ニューカレドニア・ヌメア






特になし

«  2018年4月  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

 ○過去の情報
  2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。