世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
ニューカレドニア・ヌメア
 
2019/01/14   テパバ



たまには右から〜。
こんちゃ〜✋
最近ネタ帳を作っておけばよかったと思うくらい、サプライズのない平穏な暮らしの私。

それはそれでいいんですけど、しかししかし。
今後のためにネタ帳を作るか。

今日のミジンさん。
恥じらいの顔が可愛すぎる〜!! (゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。)ウンウン
開いた口がたまらん。



ここ最近人気急上昇↑↑
アオモンモウミウシ。
正面から見てよし、上から見ても良し!の文句なしなカワイイやつ。



(*ポイント)
1本目 テパバ
イレズミミジンベニハゼ、アオモンモウミウシ、ギンガメアジ、バラクーダ、ユメウメイロ、ヒブサミノウミウシ、エレガントゴビー、ニセクロホシフエダイ、アオウミガメ、ブラックバタフライフィッシュ

2本目 セシュ・クロワッサン
ホウセキキントキ、ロクセンフエダイ、ニセクロホシフエダイ、シルバードラマー、ゴールドヘッドダムゼル、バリアリーフアネモネフィッシュ、レッドアンドブラックアネモネフィッシュ
 
 


2019/01/12   パス・ドゥ・ブーラリ・アウト


Hypselodoris flavomarginata

下げ潮で入ったブーラリアウト。
フィンキックなしで一気に進める潮の速さで楽々ドリフトでした。
マンタは水深25mの底を優雅に泳いでいたそうです。私は岩陰をのぞいてウミウシ探しに没頭しておりました。

今日見つけたウミウシ


フジナミウミウシ


オトヒメウミウシ

大物以外のマクロが充実していることを再認識させてくれました。

(*ポイント)
1本目 ディェポアーズ
オニヒラアジ、ヤイトハタ、オトヒメウミウシ、キンギョハナダイ等

2本目 ブーラリアウト
マンタ×1、グレイリーフシャーク、ナポレオン、ムレハタタテダイ、ラインドフェアリーラス、ディープウォーターラス等

天候 晴れ
風 SSE 10kt/h
月齢 5(中潮)
波高 1.0m
流れ 0.3kt/h
気温 29℃
水温 25℃
干潮 04h22 0.44m / 17h25 0.67m
満潮 10h56 1.55m / 22h49 1.30m
 
 


2019/01/10   ディェポアーズ



ちょっとだけ風が弱まったので久々に外洋へ。「ヌメアカタライ」のリクエストが入ったので運試しにディェポアーズへ行ってきました。

探し始めて数分、船尾付近にいるのをいとも簡単に見つけることができました。リクエストされていたゲストさんは興奮状態だったようです。白地に赤い模様の色彩はいつ見ても釘付けになってしまいます。

去年はディェポアーズで一度発見した後、数か月間、見つかっていました。去年同様、今年もずっと居ついてくれることを祈っております。

(*ポイント)
1本目 ディェポアーズ
ピックハンドルバラクーダ、コクハンアラ、ペインテッドアンティアスyg、ヌメアカタライ等

2本目 ブーラリアウト
グレイリーフシャーク、ユキヤマウミウシ、ナポレオン、マゼンタストリークトラス、プリティーテールシュリンプゴビー、ヒレナガヤッコ(雄雌)等
 
 


2019/01/09   メトル島



Bonne année!!
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。
今年初めてのメトル島体験ダイビング、行ってきました。
相変わらず多いアオウミガメ!!

結構近くまで寄ってみた。(*’▽’)

そして移動するとまたその先にカメ出現。
あ、また。
あ、あそこにも!!

新年フィーバーか!?

嬉しいお年玉をありがとう。



(*メモ)
・満潮時が特に多い
・多いときは1回で6〜10個体くらい見れる
・かめはめ波をたまに打ってくる
 
 


2019/01/07   魅惑のカナール島



今日は1本目にテパバに入れましたが、徐々に風が上がってきたので最近定番化しつつあるカナール島へ行きました。
カナール島といえばヌメアからボートで5分の島。きれいなサンゴがビーチからすぐそばにあります。ダイビングするときはビーチから200mほど離れた場所のブイを取りその下の水草エリアを散策します。



ホオベニモウミウシ(牛みたいな顔でとても可愛い)



オオアリモウミウシ属の1種



ヤツシハゼの1種

広範囲に様々な種類の水草が生い茂っており、そこをホストにする生物が多数おります。
扇形の海草を探ると可愛いホホベニモウミウシが見つかります。ライトをとても嫌がるので、そのまま見て撮影するのがポイントです。年末年始の強風が功を奏してというべきなのか、新たな発見があり災い転じて福となすとなりました。

1本目 テパバ
イレズミミジンベニハゼ、ギンガメアジ、バラクーダ、アオウミガメ、エレガントゴビー等

2本目 カナール島
ホホベニモウミウシ、ヤツシハゼの仲間、ムラサメハゼ、オキスズメダイ等

天候 晴れ
風 E 20kt/h
月齢 29.7(中潮)
波高 0.3m
流れ 0.1kt/h
気温 28℃
水温 26℃
干潮 01h32 0.34m / 14h23 0.69m
満潮 08h08 1.60m / 19h46 1.39m
 
 


2019/01/06   メトル島前



年末年始の繁忙期が今日でひと段落。今回は毎日強風に悩ませられました。(この時期にしては非常に珍しいことです。)行くポイントが限られ、島陰でのダイビングがほとんど。それでもここのポイントは固有種マクロのポテンシャルが高く、フォト派、マクロ好きダイバーには好評!?でした。



口内保育中のイトヒキテンジクダイ。



ゴールドヘッドダムゼルの幼魚



サンゴから飛び出したキイロサンゴハゼ

(*ポイント)
1本目 メトル島前
ゴールドヘッドダムゼルの幼魚、サウスシーズデビル、ローランズダムゼル、イトヒキテンジクダイ、ニセクロホシフエダイ等

2本目 メトル島前
マダライロウミウシ、ヒラヒオドウミウシ、サラサハゼ、サザナミハゼ、ユメウメイロ、アオウミガメ等

天候 晴れ
風 E 20kt/h
月齢 28.7(中潮)
波高 0.1m
流れ 0.1kt/h
気温 26℃
水温 25℃
干潮 00h54 0.37m / 13h42 0.72m
満潮 07h31 1.56m / 19h05 1.38m
 
 


2019/01/02   パス・ドゥ・ブーラリ・アウト



新年あけましておめでとうございます。本年度もよろしくお願い申し上げます。
連日続いていた強風が今日はひと段落。久しぶりにブーラリアウトにマンタ狙いのダイビング。



1本目からマンタが出ました。複数の枚のマンタが次から次へと通過。クリーニング、また舞い戻るサイクルを繰り返していました。正月早々良いダイビングになりました。



(*ポイント)
1本目 ブーラリアウト
ペインテッドアンティアス、マゼンタストリークトラス、マダラエイ、グレイリーフシャーク、マンタ(黒6、白4)等

2本目 ブーラリアウト
ラインドフェアリーラス、ディープウォーターラス、エレガントゴビー、プリティーテールシュリンプゴビー、オオメカマス、マンタ(黒3、白1)等

天候 晴れ
風 SE 15kt/h
月齢 27.4(小潮)
波高 1.0m
流れ 0.1kt/h
気温 26℃
水温 24.8℃
干潮 09h50 0.80m / 22h33 0.53m
満潮 03h58 1.27m / 15h42 1.39m
 
 




  益田 智史
ニューカレドニア・ヌメア






特になし

«  2019年1月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

 ○過去の情報
  2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。