世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
ニューカレドニア・ヌメア
 
2017/09/29   パス・ドゥ・ブーラリ・アウト



3日前から急に気温が上がりはじめ日中は初夏のような陽気。また一昨日から吹いていた西風の恩恵を受け抜群の透明度。

ボートからエントリーして下を見ると濃いブルーが広がっていました。遠くのほうで群れるバラフエダイやバラクーダもくっきり。

惚れ惚れするような水中を移動し、マンタがいる場所へ。

そこには無数のムレハタタテダイ。名前のとおり群れを成しています。ここ1年くらいの間に日に日に群れが大きくなりあっという間に立派な群れになりました。

繁殖のためなのか、環境が適しているためなのか、はっきりした理由は分かりません。しかし立派な群れであることは間違いないです。濃いブルーにハタタテダイは映えます。

今日はマンタはいませんでしたが、ベルトランは遠くのほうでタイガーシャーク!?を見たそうです。

天候: 晴れ
風: 南東,8kt/h
月齢: 7.8(小潮)
波高: 0.5m
気温: 26℃
水温: 23℃
透明度: 40m
流れ: 0.15
干潮: 06h18 0.53m / 19h35 0.79m
満潮: 13h15 1.21m
 
 


2017/09/24   テパバ


断言します!「やらせ」ではありません!!!
疑われそうなので最初に言っておきます。
だって正直この日はエレガントゴビーの幼魚捜索に行っていたのですから。

何気にふとみたウミシダ!!!
せ、先端にはーーー!?
なんと撮りやすい位置!君はモデルの鏡だねぇ〜。
それ、アピールでしょ?私を撮ってぇ〜〜のアピールでしょ??
こんな恵まれたシャッターチャンスはないと思った。
そこはやっぱり撮らなくては。はい、いったん休憩です。
エレガントさん、すいません暫く浮気致します。誘惑にかかりました。

「ハニートラップ」

やはり水中でも一期一会ですなぁ〜。
思いがけない場面に偶然出くわす、これ一興。
しかしこの日はエレガントゴビーの幼魚に出会えず。
焦らされます、エレガントさんに。
それもまた一興。



天候: 晴れ
風: 南,4kt/h
月齢: 28.3 (中潮)
波高: 0.5m
気温: 23℃
水温: 23℃
透明度: 13m
流れ: 0.15kt/h
干潮: 00h53 0.49m / 12h55 0.29m
満潮: 06h39 1.36m / 19h10 1.57m
 
 


2017/09/22   セシュクロワッサン


チョウチョウコショウダイの幼魚生息中です。

キレイな水玉模様が特徴で、くねくね、くねくねと身体を動かし、
頭を下にして泳ぐ姿がとても可愛らしい。見惚れていると、
サンゴの奥へと隠れていきます。いつまでも見ていられます。
成魚は通年通して見ることができますが、
幼魚が現れたのは4,5年ぶりの出来事です。
今のところ、セシュクロワッサンとタブーで観察できます。



天候: 晴れ
風: 南,4kt/h
月齢: 0.8(大潮)
波高: -
気温: 22℃
水温: 23℃
透明度: 15m
流れ: -
干潮: 02h08 0.37m / 14h15 0.30m
満潮: 08h02 1.46m / 20h21 1.57m
 
 


2017/09/17   ソノアロック


今年もこの季節がやってまいりました。
オレンジ色の4本線が入ったアカハチハゼ似の固有種。
といえばお馴染みエレガントゴビーです。

べた凪、快晴のなかソノアロック。そんな状態ならワイド攻め。
でもいいのですが、ここの砂地はハゼ天国。
プリティーテール、ヤノダテハゼ、ヤシャハゼ、オニハゼの仲間などなど
名前を挙げるときりがないくらい豊富なハゼを楽しめます。
もちろんエレガントゴビーも今からはレギュレーター入りです。
今は大きさ1センチほどのとてもキュートな個体。
これがどんどん大きくなって
しまいには黒ひげがついた立派な大人へと成長を遂げます。
いまが一番可愛い状態のエレガントゴビーをぜひ見に来てください。


天候: 晴れ
風: 北西,5kt/h
月齢: 24.3(小潮)
波高: 0.5m
気温: 25℃
水温: 23℃
透明度: 30m
流れ: 0.1kt/h
干潮: 08h49 0.47m / 22h01 0.73m
満潮: 01h57 1.14m / 15h39 1.32m
 
 


2017/09/12   ポンツーン



本日のMVPはこのお方に決定いたしました。
ベストオブ食いしん坊。

見返り美人かのような振り向き様を見せてくれたムラサメハゼ。
時間差でおんなじ向きにおんなじ角度!で私は少し胸を撃たれました。
ずきゅーんっっ!!
そのあともテッポウエビに砂ごとおしりを持ち上げられていて少しぷぷっとなる。

「もう!あんた、そこにいたら掃除の邪魔よ!!」

今、ドキッとした男性。心当たりあるんでしょぅ〜??奥様をお手伝いしてあげてくださいな。
あぁ〜あるある〜!と思った女性。ご主人様をいたわってあげてくださいな。

水中でそんな会話が聞こえてきそうな今日でした。そのあと右の子が私を凝視しつつもご飯。彼こそが本日のMVPです。
私が見ていた間だけでも3回もパクパクしてました。
口いっぱいに含んでお口からはみ出ておりましたし。
おかげさまで私もおなか一杯になりましたよ。癒し系の海イイね!


天候: 晴れ
風: 南,10kt/h
月齢: 20.3(中潮)
波高: -
気温: 22℃
水温: 23℃
透明度: 8m
流れ: -
干潮: 04h45 0.32m / 16h57 0.49m
満潮: 10h49 1.41m / 22h55 1.40m
 
 


2017/09/06   パス・ドゥ・ブーラリ・アウト



このポイントで有名どころはブラックマンタですが、マクロがお好きな方には、とっておきの生物がここに生息しております。 鮮やかな色彩をしたハナダイの中でも美しさは上位に入ると思われる、「ペインテッドアンティアス」。

このハナダイの仲間は南太平洋のごく限られた地域でしか見ることのできない貴重な種です。このポイントは個体数が多く、見たらすぐに識別できるはずです。(ガイド人は好きなので必ずと言っていいほど紹介します。)
特に下げ潮から入ったとき、撮影がしやすいところが一か所あります。水深は12M前後、個体数多い、浅いので身体に優しい。そんな場所で一本まるまるペインテッドアンティアス攻めいかがでしょうか?




天候: 晴れ
風: 北東,5kt/h
月齢: 14.3(大潮)
波高: 0.5m
気温: 25℃
水温: 22.6℃
透明度: 30m
流れ: 0.15kt/h
干潮: 01h10 0.54m / 13h04 0.31m
満潮: 06h46 1.31m / 19h27 1.51m
 
 




  益田 智史
ニューカレドニア・ヌメア






特になし

«  2017年9月  »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 ○過去の情報
  2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。