世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
パプアニューギニア・マダン
 
2015/12/24   カスミラ



イトマンクロユリハゼ、スミゾメハナハゼが中層で泳いでいる中、
2個体だけ生息しているリュウキュウハナハゼの亜種。
始めに発見したときはハナハゼを見つけたと思ったのですが、
写真を確認してみると第一背鰭第二棘が伸長しているため
リュウキュウハナハゼかと思いました。
しかしリュウキュウハナハゼの特徴である尾鰭上下縁の軟条が
2本ではなく5本あるので、怪しいと思って専門家に確認を取りました。



専門家の見解は以下です。
以前ハナハゼとリュウキュウハナハゼは同種扱いだったのですが、
その理由はフィジーやニューカレドニアなどに生息する種は
上記の写真のようにハナハゼとリュウキュウハナハゼの中間的な特徴を
示していたため。
現在この種はハナハゼもしくはリュウキュウハナハゼの変異と扱うのか、
まったく別の種として扱うのかを決めるには、
形態や遺伝子に基づく比較研究が必要とのこと。

今後別種とされるかもしれないが、現状は限りなく近い
リュウキュウハナハゼの亜種としておき、
今後の研究を待ちましょうとの意見を頂きました。
水深-12mに生息し、近くには人気のヤシャハゼ、ネジリンボウもいますので、ハゼ好きの方、ぜひリクエストお待ちしております。

天候: 晴れ
風: 東 14kt/h
月齢: 11.6 若潮
波高: 0.1m
気温: 27℃
水温: 25℃
透明度: 20m
流れ: 0.15kt/h 下げ潮
干潮: 23h43 0.22m / 12h22 0.56m
満潮: 06h19 1.38m / 18h06 1.24m
 
 


2015/12/15   カスミラ


オレンジとブルーメタリックの体色がとても綺麗で
インパクトある固有種フェミニンラスのメス。
別名ブルーストライプドオレンジタマリンとも呼ばれるこの種は
普段アウトリーフで見れるのですが、
インリーフであるこのポイントで発見しました。
動きが早く、なかなか観察・撮影させてもらえないんですが、
追い込めば狙える被写体です。


さらにオスを先日アウトリーフの「ファイユ・ドゥ・ヌポア」で
発見しました。
一見見比べてみると、本当に同種なのかわからないほど
オスとメスで体色の変化が激しい種です。
かなり貴重でなおかつ止まらずひたすら泳ぎ続けるので、
紹介が難しい種であります。
恋焦がれていた生物でもあるので、一目でフェミニンラスのオスと分かり、
なんとか証拠写真程度に撮影はできました。
オスに関しては常に紹介できる種ではないのですが、
メスは比較的容易に見られるので、
難易度は高いですが狙ってみてはいかがでしょうか。

天候: 雨
風: 南東 10kt/h
月齢: 2.6 大潮
波高: 0.1m
気温: 27℃
水温: 25℃
透明度: 15m
流れ: 0.1kt/h 下げ潮
干潮: 03h07 0.20m / 16h07 0.50m
満潮: 09h49 1.42m / 21h41 1.18m
 
 




  山口 高宏
パプアニューギニア・マダン






パプアニューギニア・マダンでのダイビング


«  2015年12月  »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

 ○過去の情報
  2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。