世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
コスタリカ・ココ島
 
2019/01/25   2019/01/05-01/15 ココ島 オケアノス・アグレッサー

オケアノス・アグレッサー号 トリップレポート
Captains Log January 5-15 2019


水温:26-27℃
気温:26-27℃
透明度:15-20m
ウエットスーツ:3mmまたは5mm


2019年がスタートしました。
そして今週のトリップはアメリカからリピーターのお客様が再びオケアノス号に戻って来てくれました。前回のトリップがとても満足だったの再びたくさんの友人を引き連れてやって来てくれました。

今回は午後2時頃にココ島に向けて出発。ココ島までの横断はとても快適で、波もなく、穏やか。ココ島に近づくとハンドウイルカの群れがオケアノス号を迎えいてれくれました。 なんとココ島までの道中ではオルカも登場!!これは吉兆に違いありません!!

ココ島に到着すると、マヌエリータ・コーラルガーデンでチェックダイブを開始。数匹のハンマーヘッドシャークを目撃、そしてとても私たちの近くまで接近してくれました。透明度も非常に良く、たくさんの魚を見ることができました。2、3本目はマヌエリータのチャネル、深場でダイビング。そしてまず最初のタイガーシャークをを見ることができました。本当に素晴らしかった!

2日目の朝はダーティーロックでダイビング。
ダーティーロックはハンマーヘッドシャークを観察するためにはベストダイブサイトの1つです。そして実際にたくさんのハンマーヘッドシャークの群れに出会うことができました。30−40匹ぐらいの群れではないでしょうか??ダイブガイドもハッピー、もちろん、お客様もハッピーでしたよ!
プンタマリアにあるクリーニングステーションではガラパゴスシャークを高確率で観察することができます。そして今回は2匹のとても大きなガラパゴスシャークに出会うことができました。

翌日、イグレシアスベイにオケアノス号を移動させ、アルシヨーネで大物狙いのダイビングを実施。ここではいつも何かが起こります。今回はキハダマグロの捕食シーン、ハンマーヘッドシャークの大群、ネムリブカ、マダラエイが水底で休息中、そしてギンガメアジの大群も見ることができました。

ビッグ・ドスアミードでは海況がとても良く、アーチの中を潜り抜ける時は気持ちよかった!!特に天気が快晴の時、このアーチの中をおよぐことは格別に気持ちが良いことです。
スモール・ドスアミーゴではガラパゴスシャークのクリーニングステーションがあり、今回は10匹以上の個体を見ることができました。お客様は素晴らしい写真とビデオを撮影できたにちがいありません。

世界中においてもこの素晴らしいココ島で一緒にダイビングをできることを心よりお待ちしております。オケアノス号に乗船し、貴重なダイビングの思い出をシェアしませんか??


Captain Mauricio.









 
 


2019/01/12   2018/12/22-2019/01/02 ココ島 オケアノス・アグレッサー

オケアノス・アグレッサー号 トリップレポート
Captains Log December 22 to January 2 -2019


水温:26-27℃
気温:26-27℃
透明度:15-20m
ウエットスーツ:3mmまたは5mm


今週もまた新しいトリップがスタートしました。オケアノス号は様々な国からやって来たお客様を乗せ、ココ島に向けて出港しました。ココ島までの横断はとても順調、波もほとんどなく約34時間後にチャータムベイに到着。
チャータムベイに到着後は、いつものようにチェックダイブの準備に取り掛かりました。
チェックダイブ終了後には、すでにお客様達はハンマーヘッドシャークについて話題がもちきりだったので、次はマヌエリータの深場でダイビング。ハンマーヘッドシャークを見ることができることで有名ですが、数カ所あるクリーニングステーションでは10−15匹のハンマーヘッドシャークがやって来ました。マダラエイやキハダマグロも見ることができました。

翌日はダーティーロック、プンタマリアでダイビング。クリーニングステーションでは大きなガラパゴスシャークが登場、まるでパトロールしているように徘徊をしていました。

アルシヨーネではギンガメアジの大群、そしてハンマーヘッドシャークの大群に出会うことができ一同大興奮でした。

ドスアミーゴではガラパゴスシャークが登場し、今週のトリップにおいて一番じっくりと観察することができました。クリーニングステーションではバーバーフィッシュがしっかり働き、時々ハンマーヘッドシャークもやって来ました。透明度も非常に良く、遥か遠くまで見渡すことができました。

ビッグ・ドスアミーゴのアーチでは沢山の魚、ネムリブカ、マダラエイなどまるでダイバーに興味を持っているのかな?かなり至近距離まで接近することができたので、お客様は写真またはビデオをじっくりと撮影することができました。

ウェファーベイに上陸する機会があり、お客様はココ島のレンジャーたちがどのように自然と共存しているのか垣間見ることができました。またチャータムベイでのハイキングもとても素晴らしかった。

今週のトリップは天候に非常に恵まれ、いつも快晴、そして海況もとても穏やかでした。コスタリカ本土への帰路もとても安定しており、とても快適に戻ることができました。

世界中においてもこの素晴らしいココ島で一緒にダイビングをできることを心よりお待ちしております。


HAPPY NEW YEAR !!!
Captain Mauricio.






 
 




  オンディッツ・カルパルソロ
コスタリカ・ココ島






絶海の孤島!! ココ島ダイブクルーズ


«  2019年1月  »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

 ○過去の情報
  2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。