世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
メキシコ・プラヤデルカルメン
 
2019/04/19   季節の変わり目?

Hola! RIOです。
今日もコスメル行ってきました。

まずはカメサメ狙いの地形ポイントで流されてきました。



頭もお尻も隠さず昼寝。



ベイビードラム発見。
そういえば最近若魚見てないな…



今日はよくバラクーダと遭遇する日でした。
みんな迫力満点の立派なサイズでしたよ。



ママトードフィッシュを訪ねてみたところベイビー1匹もおらず…
何処へ!?😭



ようやく撮れたチビジョー3兄弟。
良い感じの流れに向かいながらお食事してました。



今日のシーホースはお散歩中。
あまり遠くに旅立たないことを祈ります。



今日は昨日よりも風が強まり水面は白波が立っていましたが水中は昨日よりも透明度が回復し流れも弱まり心地よい感じでした。
水温も上がってきたしこの風が収まったらまた季節が変わるのかなと感じる今日この頃でした。

Hasta luego
 
 


2019/04/19   ユカタン半島満喫ツアー!

こんにちは
Muneです。

本日は2名のお客様
ドスオホスシュノーケリング
トゥルム遺跡ツアー
行いました。

メキシコ内陸からお越しいただき、
夏らしいプラヤデルカルメンの気候に感動されていました。



そんな夏の日差しの中車で走ること約40分
セノーテドスオホスへ到着!
朝一番ノリでいざ入水。

水が透き通っていてとても気持ちがいいです。






光のカーテンも見ることができました。





外の暑さを忘れるほど爽快な気分になれます。

2つ目のエントランスは広めのエリアでシュノーケル。



ダイビングエリアを横目に鍾乳石も奥に見れました。





奥に進むとバットケーブというドーム型の洞窟が目の前に広がっていて鍾乳石がとても綺麗です。



そこで記念撮影。
水中の鍾乳石と滅多に見ることができない記念の一枚になりました。

お昼はスタッフお手製のお弁当をいただきました。

お腹も心も満たされて
今度はマヤ文明を感じることのできるトゥルム遺跡へ。
ゆっくりのんびりと歴史を肌で感じて、
近くのビーチで少し海水浴もされました。


普段は内陸で同じ国でも全く違う環境だったので
淡水海水浴、歴史とユカタン半島を全身で感じてたのしんで頂きました。

本日ははるばるお越しいただき誠にありがとうございました。

以上Muneがお送りしました。
 
 


2019/04/19   何とか見れました。

今日は午後からなんだか曇り空。
雨が降りそうな感じの雲が広がってきてます。。。

どうもタツヤです。

午前中は曇り時々晴れのなんともガイド泣かせの天気でしたがセノーテ「エデン」&「タージマハ」に行ってきました。



エントリーして15分くらいまではこの通り光のカーテンがありませんでした。。。。

ハロックラインで遊んで時間をつぶしていると。。。。

来ましたーーーー!



おんなじ場所とは思えないですね。

結果的にはどちらのバージョンも見れてお客様はオッケーでしたがこっちはヒヤヒヤでした。




セノーテ「タージマハ」でも曇り空が続いてましたがシュガーボウルでは偶然にも晴れ!

持ってるお客様ですね。



さすがにレーザービームは見れませんでしたが何とか太陽持ってくれてよかったです。

そして今日のイグアナランチはちらし寿司。



パナマからきたS様には大好評でした。

日本食がなかなか食べれない地域ではうれしいご飯ですね。

その後もシュガーボウルまで散歩したり陸上も楽しんできました。



明日は皆さん休憩日。

明後日からまた潜りましょう!

 
 




  松永 達也
メキシコ・プラヤデルカルメン






メキシコ・プラヤデルカルメンでダイビング


«  2019年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

 ○過去の情報
  2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。