世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
メキシコ・プラヤデルカルメン
 
2018/07/20   ダイビングの世界へようこそ!

スタッフ岩間です。
ここ3日間、メキシコ駐在のH様のOW講習でした!


まずは学科からです。
しっかりビデオ見て、勉強して、テストを解きます。

>

プール講習もバッチリクリア!
今回はプライベート講習との事だったので、特に初心者が苦手とする中性浮力についてじっくりやりました。
ホバリングなんかも30秒浮ければいいなんてもんじゃなくて、中性浮力を維持したまま泳ぐ事が一番重要です。
プールも空いていたので、じっくり練習です。

ちなみに一緒に写っているメキシコ人は関係ありません笑



次の日はチャンカナブ公園でビーチダイブからスタート。
波もなくていーー感じ。
コスメルではビーチダイブのポイントもあるので、講習にはうって付けです。



深度10m近くの浅場ですが、美しい透明度と群れが魅力。
ホースアイジャックの群れも発見です。



チャンカナブといえばこちらの銅像です。
講習でダイビングの練習をしながらも、楽しむ事も忘れません。



そんな中、ジョーフィッシュが口に卵を抱えている所を発見!
いきなり海の生物の不思議な一面をみる事のできたH様、もってらっしゃいます。



2本目はチャンカナブでも、洞窟のあるポイントへ。
洞窟の中にも魚が群れを作っており、思わずH様も見とれています。

1日目はダイビングに慣れるという一番の目的をしっかりクリアし、スキルもバッチリこなせました。



2日目はコスメルからボートダイビング。
今日は天気が最高によく、水中に光がキレイに入って来ます。
珊瑚も自然の光だけでキレイに光っています。



水中コンパスや中性浮力の練習をしっかり終えたあと、なんといきなりタイマイ発見!
講習でカメが見れるなんてラッキーです。



その後は最後のダイビング。
ここまででスキルを全部終わらせたので、最後は今まで習った事を生かしてドリフトダイビングに挑戦。
するとそこには大きなコモリザメ!!!
ラッキーが続きます。



その後、再度タイマイが2匹も登場です!



気になっていたトードフィッシュも無事発見。

講習とはいえど、ダイビングの内容も素晴らしい1日でした。
明日は引き続きセノーテダイビングですね。
初めてのファンダイブ、楽しんでいきましょう!
 
 


2018/07/19   贅沢3ダイブ!

すっかり日中はエアコンが必要な季節になりました。
日本も記録的な暑さが続いているみたいですが皆様体調管理には気を付けて下さい。

どうもタツヤです。

今日はセノーテ贅沢3ダイブに行ってきました。

まずはここ!



セノーテ「アンヘリータ」です。

初アンヘリータのヘビーダイバーY様も思わずいつものダイビングと違いびっくりです。



中層も緑色の幻想的な世界が広がります。

お次の変わり種セノーテは「カラベラ」です。



2番目のエントリーということでまだまだハロックラインも綺麗です。



今日はダイバーが少なかったですがシュノーケルしている外国の方がたくさんいました。



お昼前でしたので綺麗な光の差し込みも見えました。

最後はセノーテ「カーウォッシュ」

ここも雨季は表面が濁るのですが今日はクリアな水面でまたまたダイバーが少ない。

皆さん夏バテですかね?(笑)



綺麗な蓮の葉っぱはまるで水中のお花畑。

趣の違う3か所をがっつりダイビングしてお昼もローカルレストランでランチしました。

さすがに暑すぎて遺跡見学とはいかなかったです。(笑)

まだまだ暑い日が続くと思いますが明日も変わり種セノーテ攻めてきます。

明日も皆様よろしくお願いします!
 
 


2018/07/18   心のシャッター

昨日はパソコンのネットの調子がおかしくなり一瞬「壊れたかな?」とヒヤッとしました。
今日の朝に再度立ち上げると無事セーフ。
いやー、よかった。よかった。

どうもタツヤです。

昨日はセノーテ「ピット」&「ドスオホス」に行ってきました。



今日も綺麗な光が入り込んでいたピットです。

ダイビング後半にはより一層光が強くなり鍾乳石のほうにはわき目もくれずみんなで見とれてしまいました。

地形大好きA様ご夫妻はカメラ派でもビデオ派でもなくひたすら心で感じる派です。

沢山心のシャッターを切っていたのではないでしょうか?

綺麗な光を堪能しすぎたので次は鍾乳石の水中造形美に心打たれてもらいます。



何万年とかけて形成された鍾乳石群。歴史を感じるとより一層感慨深いですね。



「バービーライン」「バットケーブ」と2ダイブしてきました。



バットケーブでは洞窟の入り口から綺麗な光が差し込まれていました。



夏のケーブ内は何とも言えない幻想的な空間です。

セノーテダイビングを考えている皆様。夏のピット&ドスオホスは是非お勧めですよ!

昨日からOW講習やケーブ講習も始まりダイビングショップらしく夜遅くまでダイビング談議が盛り上がっております。

今日も1日頑張っていきますのでよろしくお願い致します!
 
 


2018/07/17   初めてのカリブ海はジンベエスノーケルから!

Hola! RIOです。
久しぶりに雲ひとつない晴天に恵まれた本日、
カリブ海デビューを果たされたのはメキシコ在住のH様、
ダイビングはもはやプロレベル!?世界中で潜っているお姉様方。
海況穏やか、透明度パーフェクト、最高のデビューを飾ることができました!

イケメンガイドのネイと張り切ってゴーーー!



来た!正面‼︎
お姉様方のクロール。すごい速さで泳いで行きました😂



重たいカメラを持って必死に並走中のI様。
よほどしんどかったようで
この後カメラを諦め小さくて軽いビデオカメラのみで
余裕で泳ぎ回っていました笑さすが‼︎



明日からOW講習が始まるH様、
2年ぶりの水泳ということでしたがしっかりジンベエに近づくことが
できました😊準備運動バッチリですね!



本日のベストショット!



ジンベエを堪能した後はイスラムへーレスでランチタイム♪
散々泳いで疲れ果てていたはずなのにここでもスノーケル…笑
天気も海も最高すぎて女子たちも日焼け諦めちゃいました(´∀`; )



ヤバイ!あおい!すごい!キレイ!
ツアー中、興奮しっぱなしで大体この4語しか発していなかったH様を暖かく見守るお姉様方。ダイビングのアドバイスをしたり、世界のいろんな海の話をしたりとすっかり打ち解けて楽しい時間を過ごすことができました😊
明日からも楽しみましょう‼︎ありがとうございました‼︎
 
 


2018/07/16   夏のピットは迫力が凄い

スタッフ岩間です。
本日もブログ愛読者の0様ご夫婦と3ダイブへ。
まずはピットです。



人も少なくとっても神秘的な様相。
硫化水素の層も美しく観れました。



雲の上を飛んでいるような感じですね。

たまに曇るときもありましたが、光もバッチリ!
写真にはしっかり答えさせてくれる、ガイドと記念撮影です。


鍾乳石ごしの光が一番迫力ありますね!
これを一眼のワイドレンズなんかで撮影したい...



最後は安全停止でfinish。
安全停止中も姿勢バッチリですね。

お次はドスオホスです。



英語が堪能な
お二人だったので、ガイドともコミュニケーションバッチリです。



1本目はバービーライン。
いつもブログで見ていたバービー人形が、遂に目の前に!!



2本目はバットケーブ。
O様にはバレていた、いつもの場所でいつもの写真です。
ログ愛読者にはツアー内容がバレてしまいます。



バットケーブ内の光も綺麗な時期です。
最後には、奥様一番のお気に入りセノーテはピットとのお言葉を頂きました!
旦那様はエデン、やはり夏の光は凄いですね!

まだまだダイビングできるセノーテはありますから、
ぜひまた訪れてくださいね!



ブログ愛読者の皆様に余談です。
どうすれば光と共にかっこいい写真が撮れるのか?
コツは、しっかり水平姿勢を保ちながら光が入っている場所と、
そうでない場所の境目を泳ぐことです。

セノーテダイビング時に
いろいろコツなどもお教えいたしますので気軽に訪ねて下さい。

ぜひ皆様も試して見てください!
 
 




  松永 達也
メキシコ・プラヤデルカルメン






メキシコ・プラヤデルカルメンでダイビング


«  2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

 ○過去の情報
  2018年7月
2018年6月
2017年9月
2015年3月
2015年1月
2013年11月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年6月
2012年5月
2012年3月
2012年2月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。