世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
モルディブ・クラブアズール
 
2019/03/07   2019/03/02-03/09 赤道スペシャル<4>(ガーフ→マーレ) NO.5

この日潜ったポイント


<1> Fushi Kandu     ( Laamu )
<2> Fushi Kandu     ( Laamu )


<1> Fushi Kandu     ( Laamu )
透明度:40 - 50 m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
オグロメジロザメ(*ブラックチップリーフシャーク)
イエローバックフュージュラーの群れ、
ギンガメアジ、クロヒラアジの群れ、
ムロアジの大群、イソマグロ、
マダラトビエイ、ナポレオン、

<1> Fushi Kandu     ( Laamu )
透明度:30 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
オグロメジロザメ(*ブラックチップリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
イエローバックフュージュラーの群れ、
ギンガメアジの群れ、クロヒラアジの群れ、
ムロアジの大群、イソマグロ、マダラエイ、
マダラトビエイの群れ!!

************************

今年もこの時期がやってきました!!
モルディブの年に一度のスペシャルトリップ!
今週はその第四弾!!!

今週のトリップは通常のルートとは異なり、国内線を利用してマーレからガーフ環礁まで移動。そしてダイビングを続けながらガーフ環礁をスタートしてラーム環礁、タア環礁、ミーム環礁、ヴァーブ環礁、そしてマーレ環礁までダイビングをしながら移動する特別ルートでした。

この日はラーム環礁でダイビングでした。

1本目はフシカンドゥからスタート。
ガーフ環礁と比較して透明度も良好!
午前中はチャネルの内側から外側へ流れるアウトゴーイングカレントを予測していたのですが、今回はチャネルの外側から内側へ流れるインカミングカレントでした。

チャネルのコーナー付近ではオグロメジロザメはちらほら。。。
流れがあまり強くなかったので、サメ達もまとまりなく好き勝手に泳いでいるイメージでした。
大きなナポレオンがおいら達の目の前を何回も横切ってくれました。もしかしてだけど同じ個体?いえいえ、違う個体でしたよ!!

1本目はとにかくヒカリモノ系のオンパレード!!!
リーフ沿いにはギンガメアジ、クロヒラアジがぐっちゃり。
中層を眺めてみるとプリプリに太ったイソマグロが通過!!
クマザサハナムロやバリアブルラインドフュージュラーの群れに向かってこれまた大きなロウニンアジがアタックを繰り返しておりました。
おいらが特に印象的だったのはムロアジの群れかな??本当にどこまで続くの???表現するための適切な言葉が見つからないくらい、めちゃめちゃいましたよ!!その中からオグロメジロザメが登場しちゃうのですよ!!!

2本目も同じくフシカンドゥ。
1本目と比較してさらに流れが良い流れが入っており、サメや魚たちが活発に活動をしておりました。

流れに身を任せてチャネル沿いをゆっくり移動すると、徐々に良い潮が入り出しサメの数も増えてくる!!!
最終的にはオグロメジロザメが視界に30−40匹前後いたのではないでしょうか??
この潮に乗りマダラトビエイの群れまで登場!!
みんな前方ばかり見ていたので、後方からやってきたときは虚を疲れてしまいましたね!!!

リーフの浅い場所ではおいらの大好きなコラーレバタフライフィッシュの群れやヒメフエダイの群れなどをみることができました。


















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: 晴れ
気温: 26-33℃
水温: 26-28℃
透明度:30-40m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、しんご、てるき、アイマン、マウ
 
 




  アイマン
モルディブ・ダイブサファリ






FUN AZUL号・モルディブダイブクルーズ


«  2019年3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

 ○過去の情報
  2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。