世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
メキシコ・プラヤデルカルメン
 
2018/10/17   行ってきましたスペシャルツアー。

サッカー日本代表。新しくなって今のところは調子がいいみたいですね。
好不調の波はあると思いますが少しずつ成長してワールドカップで素晴らしい雄姿を見たいものですね。

どうもタツヤです。

今日はK様最終日。

イグアナではケーブではお連れしたことがありますかカバーンダイビングでは初めて。

おそらく日本人では初めてなのではと思われるセノーテに行ってきました。



舗装なき道を進むこと30分以上。

着いたセノーテは。。。。



タンニンで色づくセノーテ・・・

K様も思わず「こんなとこリクエストしましたっけ?」

はい。K様リクエストです。(笑)

そしてエントリー口は。。。



完全に冒険です。(笑)

そんなわけで不安をよそに着替えてエントリー口まで向かいます。



僕の友達のT君も付き合ってくれました。



階段とは言えないような場所をゆっくり降りて無事エントリー。

肝心の水中はというと。



雨の日のカサセノーテ。そして鍾乳石はグランセノーテに似た大きな鍾乳石。

ラインは短いですが楽しんでもらえました。

2本目はここからエントリー。



滑車で機材は降ろします。もはやファンダイブの域を超えてるような。。。。



降りた先で機材をセットしていざ2本目へ。



1本目に比べると鍾乳石も多くフォルムもきれいで素晴らしいです。



途中には鹿の顎骨があったりと見どころ満載でした。

通常のツアーには入れないですが「人が行かないとこに行ってみたい」「ガチ洞窟を楽しみたい」というお客様には向いているかもしれません。

まだこのような隠し玉セノーテがありますので興味がある方はぜひお問い合わせください。



今回も真心こもった素敵なお土産をいただきました。

スタッフみんなでおいしくいただきます!
 
 


2018/10/17   おかえりなさい!

天候が回復したと思ったら蒸し暑い日が続いております。

昨日はおかえりなさいのK様とセノーテ「サポテ」&「マラビジャ」に行ってきました。

K様はセノーテ全制覇が目的で前回来られましたがご案内するセノーテが増えたので再びコンプリート目指して遊びに来てくれました。



その中でもここの鍾乳石はとても楽しみにしていてワイドレンズでばっちり写真を撮らていました。

このワイドレンズが後程大変なことになります。(笑)



いろんな角度からたくさんのムービーは撮れたでしょうか?

それにしても本当に不思議な形の鍾乳石ですね。



2本目は天気もばっちりの中セノーテ「マラビジャ」へ。

ダイビング最初に事件は起きました!

写真を撮っているK様のカメラを見るとワイドレンズがついてません。

「2本目はもっていかなかったのかな?いやけどマラビジャこそワイドレンズの出番でしょ。」と思っていました。



ダイビングが終わって確認するとワイドレンズを落としてしまったとのこと!?

というのも取り付ける部分が壊れていた手で押さえながら撮影していて一瞬のスキをついて硫化水素の下に行ってしまったそうです。。。。

さらにカメラの中に水滴が一粒。ちょうど正面でどれをとっても水滴が映り込んでしまうという不運も。。。



このセノーテも次回のリベンジ候補に入ってしまいました。(笑)

そんなK様も今日が最終日。今日はスペシャルトリップですよ!

今日も1日楽しんでいきましょう。
 
 




  松永 達也
メキシコ・プラヤデルカルメン






メキシコ・プラヤデルカルメンでダイビング


«  2018年10月  »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

 ○過去の情報
  2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。