世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
タイ・プーケット
 
2017/02/01   01/27 シミラン&スリン・リチェリューダイブクルーズ サウスサイアム4号



この日潜ったポイント

<1> Elephant Head Rock
<2> Deep six    #9
<3> West Of Eden      #7
<4> South Of Eden      #7


<1> Elephant Head Rock
透明度:20〜30m、 風:風、 流れ:弱
クマザサハナムロの群れ、イエローダッシュフュージュラーの群れ、
カスミアジ、ロウニンアジ、アカヒメジの群れ、
タイマイ、ワヌケヤッコ、シテンヤッコ、
クロコショウダイ、ムスジコショウダイ、

<2> Deep six    #9
透明度:10〜15m、 風:強風、 流れ:中
イソマグロ、イエローバックフュージュラーの群れ
コラーレバタフライフィッシュの群れ、
ヨウジウオの仲間、ハタタテハゼ、
アンダマンコショウダイ、特大オニカマス!!
スカンクアンモネフィッシュ(*セジロクマノミのインド洋型)

<3> West Of Eden      #7
透明度:15〜20m、 風:微風、 流れ:ナシ
ナポレオン、タイマイ、ニジョウサバ、
クロユリハゼ、ゼブラハゼ、イソマグロ、
エヴァンスアンティアス、アンダマンダムゼル、
オオアカホシサンゴガニ、カサイだるまハゼ、

<4> South Of Eden      #7
透明度:15〜20m、 風:中風、 流れ:弱—中
カスミアジの群れ、コクテンフグ、モヨウフグ、
モルディブスポンジスネイル、
クマザサハナムロの群れ、ソウシハギ、
コラーレバタフライフィッシュの群れ、
ブラックピラミッドバタフレイフィッシュの群れ、

************************

この日はシミラン諸島の中央部でダイビング。
流れ、波、風もほとんどなく、そして透明度も抜群!!



1本目はエレファントヘッドロックからスタート。
昨日までは巨岩が横たわっている風景ですが、本日こちらは巨岩が縦にそびえ立っているイメージ。スイムスルーも多数あり、今回は地形を堪能するコースでした。



潮あたりの良い場所ではタカサゴの仲間がぐっちゃり。
そこへカスミアジがどーーーん!!
イソマグロがばーーーーーん!!
写真のワヌケヤッコのようにキンチャクダイの仲間も多数見ることができました。



2本目はディープシックス。
こちらのダイブサイトもいくつもの巨岩が重なっている風景。
まるで包丁で一刀両断したみたいな岩もあります!!!

1本目と比較して透明度が若干ですが落ちておりましたが、まだまだ許容範囲。
深場でネムリブカが泳いでいる姿を確認することができましたが、おいら達は上から眺めているだけ。。。。
一方、ロシア人チームは果敢に深場まで攻めておりましたよ!(汗)



沖縄では珍しいとお聞きしましたセグロチョウチョウウオ。
こちらインド洋では普通に観察することができます。
一方、似ているハナグロチョウチョウはほとんど見かけることはありません。

沖縄ではハナグロチョウチョウは沢山いるらしいです。。。



3本目はウエストオブエデン。
浅場のハナヤサイサンゴがかなり回復をしております。
少しサンゴの隙間に目を向けると、オオアカホシサンゴガニを発見。
よーく見てみるとお腹に卵を所有している個体も観察することができます。



さらにサンゴの隙間を注視してみるとカサイダルマハゼを発見。
すぐにサンゴの奥に逃げてしまうので、できる限り撮影に簡単そうな個体を選んで紹介しております。エメラルドグリーンの目が光っており、とってもキュートです!



今年も健在です!!!
アケボノハゼのインド洋バージョンこと【エクスクイジットファイヤーフィッシュ】
なかなか巣穴に逃げないどころか、口をパクパクしておりましたよ!



4本目はサウスオブエデン。
他のクルーズではあまりダイビングをする機会がありませんが、意外とハードコーラルとソフトコーラルがしっかり残っております。
シミラン諸島ではあまり見かけることが少ない、大きなテーブルサンゴもちらほら。星一徹でも大きすぎてちゃぶ台のようにはひっくり返すことができないはず。



昨日、なかなかうまく撮影することがマッコスカーズフラッシャーラス(クジャクベラの仲間)のリベンジをしましたが、まさかの本日も玉砕???
浅場に戻ってくるとエヴァンスアンティアスがお出迎え。
ちょっぴり心の傷を癒してくれてたかな?!?!



※今回の写真はお客様よりお借りしました。
コップンカップ♪ 

天候: 晴れ
気温: 25-31℃
水温: 27-28℃
透明度:10-30m(※サーモクラインの影響有り)
ウエットスーツ:3mm または 5mm

報告者:けんご
 
 




  森本 健吾
タイ・プーケット






小物から大物までダイナミックなダイビング シミランダイブクルーズ


«  2017年2月  »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

 ○過去の情報
  2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。