世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
タイ・プーケット
 
2017/02/11   02/06 シミラン&スリン・リチェリューダイブクルーズ サウスサイアム4号



この日潜ったポイント

<1> Boulder City
<2> Shark Fin Reef


<1> Boulder City
透明度:20−30m、 風:微風、 流れ:弱-中
ハナダイギンポ、イシヨウジの仲間、
サザナミトサカハギ、ツマリテングハギ、
スカシテンジクダイ、キンメモドキ、
アカモンガラ、カクレクマノミ、タイマイ、
タコクラゲ、ネムリブカ

<2> Shark Fin Reef
透明度:20−30m、 風:微風、 流れ:弱-中
アンダマンダムゼル、マダガスカルバタフライフィッシュ、
インディアンフレームバスレット
(*アカネハナゴイのインド洋型)、
インディアンバカボンドバタフライフィッシュ
(*フウライチョウチョウウオのインド洋型)
マダラタルミ、ホホスジタルミ、
イエローバックフュージュラーの群れ、ワヌケヤッコ、
ブラックフィンバラクーダの群れ、


************************

この日はしみラン諸島南部のボルダーシティーからスタート。
この近辺はいつダイビングしても透明度が安定しており、遥か遠くまで見渡すことができます。

この日はあいにくの流れの影響により巨岩を流れよけに利用したダイビングとなりました。
エントリーするなり、ネムリブカを発見。
しかも赤ちゃん!!
まるでぬいぐるみのように小さい!!
今シーズンはなぜかネムリブカの赤ちゃんをこのダイブサイトで観察することができます。

そして続けてタイマイを発見。
このタイマイが逆らって泳いでいたので、あまり撮影ができまませんでしたが、しばらくすると再び戻ってきた!!!やっぱし流れに逆らって泳ぐのは疲れたのかな?そしてこのタイマイをじっくり観察。
今度はこのタイマイは息継ぎためにゆっくり浮上。しばらくすると三度戻ってきたーーーーー。笑

2本目はシャークフィンリーフ。
前ダイブに引き続き、巨岩を巨岩を流れよけに利用したダイビング。
ダイビングの後半は流れに乗って、普段あまりダイビングをすることがない北エリアに侵入することに。。。
巨岩の風景とは異なり、大きなウミウチワやリュウキュウイソバナが数多く観察することができます。
そして安全停止前にはブラックフィンバラクーダの群れが登場してくれました。














※今回の写真はお客様よりお借りしました。
コップンカップ♪ 

天候: 晴れ
気温: 25-31℃
水温: 27-28℃
透明度:20-30m(※サーモクラインの影響有り)
ウエットスーツ:3mm または 5mm

報告者:けんご
 
 




  森本 健吾
タイ・プーケット






小物から大物までダイナミックなダイビング シミランダイブクルーズ


«  2017年2月  »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

 ○過去の情報
  2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。