世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
モルディブ・クラブアズール
 
2017/11/02   2017/10/28-11/4 ノーザンエクスプローラー No.5



この日潜ったポイント


<1> Dhegaa Thila     ( Baa )
<2> Hanifuru Rock     ( Baa )
<3> Dharavandhoo Corner     ( Baa )
<4> Dharavandhoo Corner     ( Baa )


<1> Dhegaa Thila     ( Baa )
透明度:10 – 20 m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
マダラトビエイ、
スカシテンジクダイ&キンメモドキ、
カスミアジ、イソマグロ、
ヨスジフエダイの群れ、キンギョハナダイ、
インディアンフレームバスレット
(*アカネハナゴイのインド洋型)
エヴァンスアンティアス、クダゴンベ、

<2> Hanifuru Rock     ( Baa )
透明度:10 – 30 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱 - 中
ナンヨウマンタ たくさん!!(*リーフマンタレイ)

<3> Dharavandhoo Corner     ( Baa )
透明度:10 –20 m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
ナンヨウマンタ たくさん!!(*リーフマンタレイ)
バリアブルラインドフュージュラーの大群、
クマザサハナムロの大群、
カスミアジ、チョウチョウコショウダイ、
マダガスカルバタフレイフィッシュ、
テングハギモドキ&サザナミトサカハギ、

<4> Dharavandhoo Corner     ( Baa )
透明度:10 –20 m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱 - 中
ナンヨウマンタ(*リーフマンタレイ)
タイマイ、カスミアジ、イソマグロ、
クマザサハナムロの大群、
バリアブルラインドフュージュラーの大群、
ギンガメアジの群れ、
ヨスジフエダイの群れ、
ジンベエザメ!!!


************************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

けんごです。

今週は雨季限定スペシャルルート。
ノーザンエクスプローラーと銘打ってバア環礁、ラア環礁、シャビヤニ環礁、ヌーヌ環礁、ラヴィヤニ環礁、そしてマーレ環礁を走破します。

5日目はバア環礁でダイビングを行いました。
雨季のバア環礁はたくさんのマンタと一緒に泳ぐことができることで有名です。

1本目はデガア・ティラでダイビング。
この日もいつものようにマダラトビエイが出迎えてくれました。以前と比較して一回りくらい大きくなったような。。。ダイバーが近づくと泳ぎ去ってしまいますが、しばらく待っているとすぐにメインの根にまで戻ってきてくれます。お客様は何度も写真を撮影することができました。

このダイブサイトではブラックコーラルが多数生息しているのですが、このブラックコーラルの中を注意深く観察してみるとクダゴンベを簡単に見つけることができます。中には仲良くペアで並んでいるときもしばしば。実はこのブラックコーラルの中にはアカスジカクレエビも沢山生息しているんですよね!!

2本目はファニファル・ロック!!
このダイブサイトがとてもすばらしかった!!!

潜降するなりすでにクリーニングステーション上を周回するマンタを確認することができました。その後は文字通りマンタフィーバー!!!♪( ´θ`)ノ

次から次からマンタが出るわ、、、出るわ、、、
クリーニングの順番待ちをしているのかな???

おいらの視界の中で8匹もマンタが同時に乱舞しておりましたよ!
お客様は一体何匹のマンタがいるのか数を確認したようですが、最大で12匹のマンタがこのダイブサイトではいたようです。

本当に最初から最後までマンタ三昧のダイビングとなりました。

3本目はダラヴァンドゥ・コーナーでダイビング。

このダイブサイトでも同様にマンタのクリーニングステーションが点在します。メインのクリーニングステーションでは5−6匹のマンタが終始交互にやってきては、ホンソメワケベラにクリーニングをされておりました。本当に気持ちよさそう(^○^)

おいら達ダイバーなんてお構い無し??
本当においら達の頭上すれすれ、または着底している真横を通過して泳ぎ去っていくのですよ!

安全停止前にリーフの外に出て見ると、プランクトンが大量発生!!
それに同調するようにバリアブルラインドフュージュラーがまるで壁のように群れておりました。そしてマンタもこのプランクトンに向かって捕食しているシーンもちらほら。。。。

ガイドとして何か感じるものがあったので、
4本目は再びダラヴァンドゥ・コーナーでダイビング。

3本目と比較して若干ですが、流れの向きが変わっておりましたが、メインのクリーニングステーション付近ではマンタがやってきてくれました。

リーフの外では相変わらずプランクトン、そして前回同様にバリアブルラインドフュージュラーが大量発生中!!!!
このまま何も出ずに終わってしまうのかな????

安全停止中にでましたーーーーー!!!
ジンベエザメ!!!!!!
体長が3−4mぐらいのサイズでしたが、優雅に泳ぎ去って行きました。

いやーーーよかった!よかった!!!(^O^☆♪




















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: 晴れ
気温: 26-33℃
水温: 28-29℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、アイマン、イヴォンヌ、マウ、ミキ
 
 




  アイマン
モルディブ・ダイブサファリ






FUN AZUL号・モルディブダイブクルーズ


«  2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

 ○過去の情報
  2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年5月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。