世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
タイ・プーケット
 
2018/02/01   02/01 シミラン&スリン・リチェリューダイブクルーズ サウスサイアム4号

この日潜ったポイント

<1> Boulder City    #3
<2> Shark Fin Reef    #3


<1> Boulder City    #3
透明度:20−30m、 風:ナシ、 流れ弱
カクレクマノミ、アカモンガラ、
アカヒメジの群れ、カスミアジ、イソマグロ、
ブラックピラミッドバタフライフィッシュの群れ、
クビアカハゼ、オーロラパートナーゴビー、
イエローバックフュージュラーの群れ、
アンダマンドティーバック

<2> Shark Fin Reef    #3
透明度:20−30m、 風:弱風、 流れ:弱
ツバメウオ、コマチコシオリエビ、
ノコギリダイ、アンダマンダムゼル、
ブラックフィンバラクーダの群れ、
インディアンフレームバスレット
(*アカネハナゴイのインド洋型)
スミスズファングブレニー
(*オウゴンニジギンポのインド洋型)
インポスターファングブレニー
(*イナセギンポのインド洋型)
スターリードラゴネット
(*ミヤケテグリのインド洋型)

************************

サワディーカップ!!!

お久しぶりです。
お元気ですか?

この日はシミラン諸島南部でのダイビングの日でした。
シミラン諸島南部はクルーズが少なく、全てのダイブサイトにおいてほぼ貸切状態でダイビングを行うことができます。
前日に引き続き、1本目は流れが強め。。。(汗)

1本目はボルダーシティーからスタート。
この日はイエローバックフュージュラーが群れでした!!!

流れが強かったので、あまり泳ぎ回らずに巨岩を流れ避けに利用してじっくりマクロを観察。

これまたカメラの性能を利用して”顕微鏡モード”が再登場!!
イソギンチャクのすぐそばを注意深く観察して見ると、そこにはたくさんのクマノミの卵があるじゃないですか!!!
よーく見てみると目玉をはっきりと確認することができます。
明日、明後日にはハッチアウトするのかな??

2本目はシャークフィンリーフ。
潜降するとすぐにそこにはブラックフィンバラクーダの群れが登場!!!
最近はこのパターンが多いです!!

お客様から最後のリクエスト。
アンダマン海、インド洋固有種を中心に紹介することに・・・

アカネハナゴイのインド洋型でもあるインディアンフレームバスレットがバシバシとヒレを広げて必死にアピール!!!

アンダマンダムゼルはちょこまか動き回って撮影が大変だったかも??

スミスズファングブレニーやインポスターファングブレニーも紹介。
この二つは似てるようでちょっと違うんですよね。。。

そんなこんな今回のトリップが終了しました。
今回のマクロ探しは宝探しみたいで、おいらも楽しかった!!




















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
コップンカップ♪ 

天候: 晴れ のち くもり
気温: 26-33℃
水温: 27-28℃
透明度:20-30m(※サーモクラインの影響有り)
ウエットスーツ:3mm または 5mm

報告者:けんご
 
 




  森本 健吾
タイ・プーケット






小物から大物までダイナミックなダイビング シミランダイブクルーズ


«  2018年2月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

 ○過去の情報
  2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年5月
2017年4月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。