世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
タイ・プーケット
 
2018/02/07   02/07 シミラン&スリン・リチェリューダイブクルーズ サウスサイアム4号

この日潜ったポイント

<1> Richelieu Rock
<2> Richelieu Rock
<3> Koh Tachai Pinnacle
<4> Koh Tachai Pinnacle


<1> Richelieu Rock
透明度:10−30m、 風:中、 流れ弱
イバラダツ、アカマダラハタ、
レッドサドルバックアネモネフィッシュ(※インドトマト)、
ピックハンドルバラクーダ、ブラックフィンバラクーダ、
ロウニンアジ&カスミアジ&キツネフエフキの大群
ツムブリ、ニシキフウライウオ、

<2> Richelieu Rock
透明度:10−30m、 風:弱、 流れ:弱-中
オニアジ、ギンガメアジの群れ、
キンセンフエダイの群れ、ホソフエダイの群れ、
ニセクロホシフエダイの群れ、
イエローバンドフュージュラーの群れ、
ミナミハコフグの幼魚、モンハナシャコ、
コブシメ(求愛中!!)

<3> Koh Tachai Pinnacle
透明度:10−30m、 風:弱、 流れ:弱
カスミアジ、ロウニンアジ、
クマザサハナムロの群れ、
イエローバックフュージュラーの群れ、
ピックハンドルバラクーダの群れ、
ブラックフィンバラクーダの群れ

ツバメウオ、ムレハタタテダイの群れ、

ジンベエザメ!!!

<4> Koh Tachai Pinnacle
透明度:10−30m、 風:弱風、 流れ:弱-中
カスミアジ、ロウニンアジ、イソマグロ、
クマザサハナムロの群れ、
イエローバックフュージュラーの群れ、
ピックハンドルバラクーダの群れ、
ツバメウオの群れ、ツムブリ、
イソマグロ、アカマダラハタ、
コガネシマアジ、バラフエダイ、

************************

サワディーカップ!

お久しぶりです。
お元気ですか?

この日はリチェリューロックとコタチャイでダイビングの日。
ここ最近は透明度が非常に良かったのですが、今日に限って透明度が少し悪い。水深20m以深ではサーモクラインがありました。
波、風はほんどなく水面のコンディションは良好!!

お客様はイバラダツの大きさ、綺麗な黄色に大興奮!!
水深は深いですが、おいら達以外には誰もいかなったのでじっくり写真を撮影することができました。

今回もロウニンアジ&キツネフエフキ、そしてここ最近はコガネシマアジ、ツムブリの仲間入りを果たしており、ハンター連合軍を形成しております。

今年はレッドサドルバックアネモネフィッシュの大豊作!!
そしてこの幼魚も同様にたくさんいるんですね!!
とっても恥ずかしがり屋さんなのでイソギンチャクの方へ逃げてしまいますが、その中には隠れずにちょこんと上に乗っかりこちらを見つめる姿がなんとも愛おしいですよね!

そしてこの日は久しぶりにコブシメが登場!!
いつものように2匹揃ってイチャイチャしておりましたよ(笑)

最近は3本潜ることが多かったリチェリューロック。
今回は透明度がよくなかったので、2本で切り上げコタチャイに移動。
この選択が吉と出るか?凶と出るか??

流れは程よい流れ、透明度も良好!
いつものようにクマザサハナムロやイエローバックフュージュラーがお出迎え。
本当にあたり一面が黄色一色に染まるくらい群れておりましたよ!!

そしてロウニンアジ、カスミアジ、イソマグロなどいつものメンバーも続々登場。

約30分ぐらい潮当たりの良い場所で魚の群れを堪能した後に、メインの根に戻ってみるとツアーリーダーが水面付近を猛ダッシュする姿を発見!!

尋常じゃない姿で泳いでいたのでこれはただことでないはず!?
おいらは”マンタ”と思いきやその上をいく”ジンベエザメ”サインが!

なななななななんですと???

そしておいら達も見上げるとその上には”ジンベエザメ”がーーー!

本当にこの時ばかりは神々しくみえましたよ(笑)
今回登場したジンベエザメは4−5mのサイズ。
結局、15分ほど一緒に泳ぐことができました!!!

無論ボート上では大歓声&歓喜の広がっておりました。
なんとボート上でもタイ人クルーが水面付近を泳ぐ姿を確認できたようです。

4本目は引き続き同じコタチャイピナクル。
ジンベエザメを再び!!!!とは行きませんでしたが、3本目同様にたくさんの魚に囲まれましたよ!!!

いやーーー
兎にも角にもよかった!よかった!!
♪( ´▽`)















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
コップンカップ♪ 

天候: 晴れ のち くもり
気温: 26-33℃
水温: 27-28℃
透明度:10-30m(※サーモクラインの影響有り)
ウエットスーツ:3mm または 5mm

報告者:けんご
 
 




  森本 健吾
タイ・プーケット






小物から大物までダイナミックなダイビング シミランダイブクルーズ


«  2018年2月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

 ○過去の情報
  2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年5月
2017年4月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。