世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
モルディブ・クラブアズール
 
2018/09/16   2018/09/13~09/21 マーレ・アリ・バアルート(フルトリップ) NO.3

この日潜ったポイント


<1> Dhega Thila     ( Baa )
<2> Dhonfanu Gaa     ( Baa )
<3> Dharavandhoo Manta Point    ( Baa )
<4> Dhonfanu Rock    ( Baa )


<1> Dhega Thila     ( Baa )
透明度:10 - 20m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱 - 中
クダゴンベ、アカスジカクレエビ、
クマザサハナムロの群れ、カスミアジ、
ヨスジフエダイの群れ、
ヒトスジギンポ、キンギョハナダイ、、
スカシテンジクダイ、キンメモドキ、

スノーケリング with ぐるぐるマンタ!!!

<2> Dhonfanu Gaa     ( Baa )
透明度:10 – 20m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
ナンヨウマンタ!(*リーフマンタレイ)
マダラエイ、ヨスジフエダイの群れ、
カスミアジ、キツネフエフキ、
バリアブルラインドフュージュラーの大群、
クダゴンベ、ハチモンジウツボ、
アオウミガメ BIG!!!

<3> Dharavandhoo Manta Point    ( Baa )
透明度:10 – 20 m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
ヨスジフエダイの群れ、
カスミアジ、ギンガメアジの群れ、
ムスジコショウダイの群れ、
チョウチョウコショウダイ、
ヒメフエダイの群れ、イソマグロ、
マッコスカーズフラッシャーラス、(*クジャクベラの仲間)

<4> Dhonfanu Rock    ( Baa )
透明度:10 – 20 m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
ショウグンエビ、ワモンダコ、
モルディブスポンジスネイル、
オトヒメエビ、コモンヤドカリ、
ヘリゴイシウツボ、ソリハシコモンエビ、
寝ているブダイ、寝ているアカモンガラ、


************************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

けんごです。

本日もバア環礁でダイビング。
ぐるぐるマンタために身も心も準備万端です!!!
しかしながらこの日の天候はなんと雨。ここ数日、良い天気が続いていただけに残念。昼前にはこの雨も止み、午後からは青空を垣間見ることができました。


この日はデガティラからスタート。
まるでツインタワーのようにそびえ立つダイブサイト。
このダイブサイトでは簡単にクダゴンベを見つけることができます。クダゴンベが好きそうなヤギが多数生息しており、このダイブサイトだけで確実に10個体以上は確認することができます。おいらの個人的にお気に入りのアカスジカクレエビも一緒に♫

潮当たりが良い場所ではカスミアジが小魚に向かって捕食を繰り返していましたよ!!

2本目のダイビングに行く前にファニファルベイのマンタチェック!ディンギーボートでの偵察の結果、10匹前後のマンタが出現している模様。これは行くしかないでしょーーー!!
今日はダイブサファリボートの日にも関わらず、現時点ではラッキーなことにおいら達だけ!!!!
マンタの数は決して多くはないですが、水中でぐるぐるしながら一生懸命にプランクトンをかき込んでおります!数枚のマンタが連なりマンタトレイン状態。時折、水面付近まで浮上してくると、大きな口を開けながらおいら達の横をすり抜けて泳ぎ去っていきます!
香港チームのお客様は一同、大興奮&アドレナリン大放出!
初めて見るぐるぐるマンタの光景に歓声をあげておりました。
気がつけば1時間以上はマンタと一緒にスノーケリングをしていたのかな??

2本目はドンファヌガー。
少々、スノーケリングではしゃぎすぎたので、のんびりまったりダイビングに変更。
潜降と同時に下を確認すれば、マンタがスイスイと泳いでるじゃないですかーーー。これまたとってもラッキー♫
と思いきやそのまま泳ぎ去ってしまってのこれまた残念。。。

このダイブサイトではよくアオウミガメを目撃することができます。この日も例外にあらず。まるで浦島太郎が乗れそうなくらい大きなアオウミガメをみることができました。
しばらく根の付近で待機 していると再び別のマンタがやってきてくれましたよ!

3本目はダラヴァンドゥ・マンタポイント。
昨日と同じく、ファニファルベイからの帰宅中のマンタやジンベエザメがいたらいいのになぁぁと淡い期待をしつつのダイビング。

マンタのクリーニングステーションではマンタではなく、チョウチョウコショウダイが大きな口を開けながら、気持ちよさそうにクリーニングされていましたよ!
この日はギンガメアジの群れ、ヒメフエダイの群れ、ムスジコショウダイの群れなども見ることができました。

4本目は香港チームのリクエストにより本日もナイトダイブに挑戦。
前日よりサンゴや岩間が多かったために、アカモンガラの尾ビレだけの姿を多数確認。“頭隠して尻隠さず”ではなく、“頭隠して尾ビレ隠さず”状態??

この日もエビ、カニ祭り!!!
前回のバア環礁トリップでレナが発見したショウグンエビ。おいも一度見てみたいと思っていたら、今回のナイトダイブで偶然たまたま見つけることができました。たぶん、違う個体だと思うだけどな。。
体長は10cm前後、まるでザリガニのような体色と大きな爪を持っておりました!

香港チームのおお客様たちはヒラムシやコモンヤドカリなどに興味津々。写真撮影も熱心に行なっておりました。

今回はなんとウツボがアザハタを捕食している光景を目撃。
自分の体よりさらに大きなハタを咥えておりますが、これを一体どうするのでしょうか??まさかの丸呑みかな????





















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: 晴れ
気温: 26-33℃
水温: 28-29℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、れな、アイマン、マウ
 
 




  アイマン
モルディブ・ダイブサファリ






FUN AZUL号・モルディブダイブクルーズ


«  2018年9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

 ○過去の情報
  2018年9月
2018年8月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。