世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
モルディブ・クラブアズール
 
2018/09/18   2018/09/13~09/21 マーレ・アリ・バアルート(フルトリップ) NO.5

この日潜ったポイント


<1> Rasdhoo Blue     ( Rasdhoo )
<2> Fish Head     ( North Ari )
<3> Fesdhoo Wreck    ( North Ari )
<4> Fesdhoo Goni    ( North Ari )


<1> Rasdhoo Blue     ( Rasdhoo )
透明度:20 - 30m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
サザナミトサカハギ、イソマグロ、ツムブリ、

<2> Fish Head     ( North Ari )
透明度:10 – 20 m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
オグロメジロザメ、(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ、(*ホワイトチップリーフシャーク)
ベンガルスナッパーの群れ、
カスミアジ、ロウニンアジ、
バリアブルラインドフュージュラーの大群、
カエルアンコウ、タイマイ、
ハタタテダイの群れ、イソマグロ、

<3> Fesdhoo Wreck    ( North Ari )
透明度:10 – 20 m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
スカシテンジクダイ、
チークドパイプフィッシュ、
ケショウフグ、アデヤッコ、
スパゲッティイール、キンギョハナダイ、
モルディブアネモネフィッシュ、
インディアンフレームバスレット
(*アカネハナゴイのインド洋型)

<4> Fesdhoo Goni    ( North Ari )
透明度:5 – 10 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:ナシ
ナンヨウマンタ3匹!!(*リーフマンタレイ)


************************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

けんごです。

この日はラスドゥ環礁と北アリ環礁でダイビングでした。

1本目はラスドゥ・ブルー。
香港チームのお客様がハンマーヘッドシャークをどうしてもみたいというリクエストに基づき、早朝のハンマーヘッドサーチのブルーウォーターダイブが決行予定。

しかしながら、こんな日に限って早朝からスコール。
スコールが止むのを待ってエントリー時間を変更。

肝心のハンマーヘッドシャークは発見に至らず。。。泣
残念がらミッション・インコンプリート!!
サザナミトサカハギがダイバーの吐く泡に急接近。
これまた大きなイソマグロが泳ぎ去っていきました。

気を取り直して、2本目はフィッシュ・ヘッド。
流れは程々にあったにも関わらず、透明度がかなり悪かった。
それでも水中はいつものフィッシュ・ヘッド。
中層にはクマザサハナムロ、バリアブルラインドフュージュラーが群れ群れ。そしてハンター軍団のイソマグロ、ロウニンアジ、カスミアジも登場。

そして根の付近ではヨスジフエダイのそっくりさんのベンガルスナッパーがこれまたぐっちゃりと根を覆い尽くすように群れていました。

最後はこれまた香港チームのお客様のリクエストであるカエルアンコウを紹介。いつも同じ場所にいてくれました。
こっちはミッション・コンプリート!!!

3本目はフェスドゥ・レック。
1つのダイブサイトで沈船と小さな根を2種類のダイビングを楽しむことができます。
前半は沈船からスタート。沈船の側面にはヨウジウオの仲間がたくさん。甲板と擬態化しているのでよーーーく目を凝らして見ると意外と見つけることができます。

この日は和名のない綺麗なウミウシを発見。
ちなみに学名はクロモドーリス・グレニエイ。(Chromodoris gleniei)
比較的大きく、そして動かなかったので即席の写真撮影会となりました。

後半は小さな根に移動。
キンギョハナダイ、インディアンフレームバスレットが乱舞乱舞♪
モルディブアネモネフィッシュも一生懸命泳いでいましたよ!
最近、ここ付近で見かけるケショウフグ。
いつも目が合っちゃうですよね。ついついカメラを構えてしまう。

4本目はナイトマンタに挑戦!!!
今回はなんと大型ライトの通称“マンタホイホイ“を設置してからほんの20分足らずでマンタ様が降臨!!!
慌ててダイブブリーフィングを実施するものの、なんとこのブリーフィン中にマンタ様はお隣のサファリボートに浮気をしちゃった!

その後は迷惑行為が激しいグルクマ祭り。
おいら達が集めたプランクトンを一網打尽に捕食中。
君たちのためにじゃないのに。。。
例のマンタもお隣のボートを行ったり来たり。。。。。

お客さんも我慢の限界??
エントリーをして水底でマンタを待つことに。
これまた香港チームの水中トーチが強力であるためにマンタを惹きつけることに成功!!!
なんと最終的には3匹のマンタが登場してくれました。
大きな口を開けながら、こちらに向かってまさかの突進???
マンタの口の中まで丸見えでしたよ♪



















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 

天候: 雨 のち 晴れ
気温: 26-33℃
水温: 28-29℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、れな、アイマン、マウ
 
 




  アイマン
モルディブ・ダイブサファリ






FUN AZUL号・モルディブダイブクルーズ


«  2018年9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

 ○過去の情報
  2018年9月
2018年8月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。